ステキな出来上がり。
★★★★★ (★5つが満点です)

------

ワタクシ、強度近視です。
左が-8.0、右にいたっては-10.0。
ド近眼です。
裸眼では家の中を歩くくらいしか出来ません。
裸眼でチャレンジしたことはないけれど、
きっと料理も出来ないでしょう。
何より危ない。
眼科に行くより救急外来のお世話になりそうです。
普段はコンタクトレンズを使用しています。

ワタクシ、普通のメガネ屋さんでのメガネを選びが
大変に苦痛でございました。
中度以上の近視の方なら味わったことがあるでしょう。

最初のフレーム選びはルンルンだけど、
レンズを入れた出来上がりを掛けると

目、ちっちゃ!

という屈辱を。

ルンルンで選んだフレーム。
なのに鏡に映った私の顔は、本当の私の顔じゃない。
私の本当の目はもっと大きいの!

それに、それに

顔の輪郭が
メガネに入り込んで

私がド近眼だって
まる解りじゃない!


そんなことだってある。

ぐるぐる渦巻きレンズだし!

仕方ないの。それはド近眼様の宿命。
いいの、いいのよ。
どうせメガネは夜寝る前直前にコンタクトを外して
お布団に入ったらすぐ外して寝るだけだもん。
朝起きて朝一番にすることは、
トイレに行くことよりもコンタクトレンズをすることだもん!
と諦めておりました。ええ、諦観していましたとも。
と同時に、上記大きなフォントで誇張した理由で
メガネを掛けているところを見られたくないという気持ちもありました。
なんというマイナス思考!

ちょうど3年ほど前でしょうか。
ネットで 強度近眼メガネのウスカル会の存在を知りました。
こちらです → http://usukal.biz/
いつか作ってやる。そう考えつつ3年経過。

ランドセル君の近視用メガネを作りに行った折、
アフターフォローも完璧な市内の超有名老舗メガネ店で
おずおずと強度近視用のメガネの取り扱いをうかがうと
「うちでは扱いはありませんねー」とつれない返事。

自己責任の強度近視といえ、
どうして強度近視用のフレームはないのかなー。
メガネがなくちゃ日常生活を送れないのに。

でも、思い切って作りに行きました。
この比較写真を見てください。
http://usukal.biz/hikaku1.html
ウスカル会のウスカルフレームを使用したメガネと
普通の、一般的なフレームを使用したメガネです。
レンズの厚みが違いますでしょ。

フレームだって色々選べるんです。
http://usukal.biz/original.html

行くしかない。眼科に行って処方箋だ。
そしてメガネのオオツカさんへ!
http://www.opt-ohtsuka.jp/index.html

ウスカルフレーム取扱店舗一覧です。
http://usukal.biz/annai.html
我が家から一番近い、山形県高畠町です。
隣県! でも行くんだ! 紅葉見物しながら!
七ヶ宿経由で高畠へ。あちこち立ち寄りながら3時間。
慣れた286号線経由ではないので、目が疲れて目が疲れて。


こちらはワタクシのおニューのウスカルです。
商品名は、アリエスです。
 ウスカル会様より、「アリエス」じゃなくて「アリエル」ですよ、と
 ご指摘いただきました。乙女たちじゃなかったのね…。

フレームの色はブラウン。
エレガントで知的(ウスカル会HPより、文章を拝借しました)です。
ウスカルフレーム
一般的なメガネフレームよりも、レンズ同士が離れています。

元のメガネとの比較です。

ウスカルメガネとの比較
上が元のメガネです。
使用しているレンズ部分が
かなり小さいのがおわかりいただけますでしょうか。
レンズの薄い部分を加工使用しているからなんですって。
こんなにレンズ部分がちっちゃくても
メガネの見えには何ら問題はありません。

元のメガネでは顔の輪郭が、ごく当たり前のように入り込みます。
でも、新しいウスカルメガネでは、入り込みがないんです。
本当は「見て見て! 私の新しいメガネ!」とメガネを掛けた
私の顔写真を載せたいところですが、
早い話匿名ブログなので写真はやめておきます。
こちらの比較写真をご覧いただければと思います。
  → http://usukal.biz/hikaku14.html
女性の方の比較写真があります。
一番わかりやすい比較写真と思います。

メガネのオオツカさんでは、
視力検査にいたっては眼科よりも、より精密、
眼科で指摘されなかった間歇性斜視(疲れてくると斜位になる)も
レンズにはプリズムを組み込んでいただくことで
「焦点が合いづらい」という長年の悩みも解消されました。

さて。メガネの代金。
フレームとレンズ(ガラス)にて48,000-
プリズム追加で4,000-
合計52,000-でした。

一般的なメガネ屋さんだったらどうなんでしょう。
私は決して高価だとは思いません。
(ポッキリ価格で販売しているメガネ屋さんもありますけど)
フレームだけでも4~5万するものもあります。
プラスしてレンズ代です。
「出来るだけレンズを薄くして下さい」
とお願いすれば、それだけレンズの値段は高くなります。
「このレンズですと、更にプラス価格です」
と言われたことのある方も多いと思います。

そうして手にしたメガネは、
果たして、ぐるぐる渦巻きや、顔の輪郭入り込み現象や、
目ちっちゃ!に対して満足のいくものに出来上がるでしょうか。

私はそうは思いません。
自己責任のド近眼と言えども、メガネに関しては
ずっとずっとガッカリして来たのです。
だって、普通のメガネ屋さんが一生懸命加工して下さっても
せっかく作ったメガネは、全然るんるんじゃないんです。

ウスカルフレーム、ウスカルメガネ、
中度以上の近視の方には本当におすすめです。
出来上がりにガッカリしない、むしろ目を守る為に
「コンタクトを外して、メガネかけよっと
見えも良いし」
と喜んで掛けられるメガネです。

メガネのオオツカさん、
そしてウスカル会さん、

本当にありがとうございました。
明日はメガネで仕事に行きたいと考えています。
(でも、化粧をするのでその時だけはコンタクトをしますね)

オオツカさんから
メガネ拭きとレンズクリーナをいただきました。

レンズクリーナの製造元をじっくり見てみると…。
レンズクリーナー
あっ!
これを見てちょっと驚いている人が、ひとりいるはず^^
注意)レンズクリーナ自体に問題があるのではありません。