今日はドーム式33バンクの前橋競輪場で寛仁親王牌の決勝戦がありました

ラインは
3渡邉一成ー6小松崎大地ー4佐藤慎太郎
5脇本雄太ー7三谷竜生
9清水裕友ー8柏野智典
(単騎)1浅井康太 、2平原康多

昨日の準決勝で捲って1着の脇本はバンクレコード・タイだったらしいですね!

初手の並びは
57 98 1 2 364  になりました
残り3周過ぎに3渡邉が動き出して先頭に立とうとするが5脇本に突っ張られ再び元の並びに戻ると
ジャン前に9清水がダッシュして先行態勢に
すぐに中段の1浅井が追おうとするが7三谷にブロックされ後退
最終2コーナーから5脇本が捲り発進しグングン前との距離を縮め
最終4コーナーの終わりで前を捉えるとそのまま逃げ切り1着
しっかりマークした7三谷が2着で
3着は近畿ラインを追いかけた2平原でした

5脇本にとっては自分で突っ張って3渡邉を封じ
番手の7三谷が1浅井をブロックして単騎勢の仕掛けを封じ
遅くないタイミングで先行してくれた9清水を目標に捲って詰将棋のように優勝を決めましたね!


自分の車券はというと
2車単3連複のダブル的中しましたが+¥50 と超微増 でした

前日のインタビューを見ても
脇本はG1の2連覇なんてことに気負いは無くてとても平常心な感じだったので
ナショナルチームのスピードを生かしたレースができるんじゃないかなと思いました

買った車券は
5脇本が捲るかカマシ先行の展開を想定して
2車単57 75 と3連複 579 157 257 357 567 
5脇本先行で3番手9清水の追い込みを想定して
2車複 59 とワイド58
最後に穴目で3渡邉が5脇本を突っ走って不発にしたら?と考えて
脚をためてそうな129の3人から
2車複 12 29 
の計11点で勝負しました

結果 572 で決まったので
2車単 57 ¥380 と 3連複 257 ¥770 のダブル的中 でした

今回の的中まで記念やら何やらを5個レースほど外し続けていたので
まずはトンネル脱出出来てホッとしました

そして脇本雄太の見事なG1連覇の結果
年末のグランプリ出場枠の中の賞金ランキング枠が一つ増えたことになりますが
賞金額は10位の渡邉一成と11位の山田英明の間で500万近く差が開いているので山田は厳しそう
ちなみに9位は2月の全日本選抜を優勝した新田祐大なので
8位の原田研太郎と10位の渡邉一成が入れ替わるがどうかというところかなぁ?