というわけで、

 

だいぶ前にCE化したいとこのブログで言ってましたが、なんとか


やりました。


まずこんなかんじ。


画面が大きくて綺麗なので非常に使いやすい(遊びやすい?)



まえのブログ-mae's blog!-



まえのブログ-mae's blog!-


右はおっさんにプレゼントした トライウインのDTN-X700です。


以前に某オークションでまったくの不動品で500で落札したもので


ここ最近、おっさんがCE化したいけどできない~と叫んできたものを


今日、高性能な私が5分でCE化したものです( ̄ー ̄)


やはり、安物ナビは最高ですね。


ちなみに、YPB706si(以下706)は普通にActiveSyncを入れて(Win7だと違うやつね)


USBつないでも認識はしますが、アプリ側では認識しません。


ちなみに、CE化すればコントロールパネルにて認識するよう変更ができたりします。うへへ。




さてと、種明かし。


色々とレジストリをどう拾うかとか考えたんですが、ユピテルHPを見ると


アップデータがあるじゃないですか。なら簡単と。。。




まず、「いしのなかにいる」 さんのページからMayonnaiserを頂きます。


んで、ユピテルのHPからアップデータをもらってきます。


まず、ユピテルのアップデータを解答してRDTEST.exe と update.inf 


があることを確認。


んで、Mayonnaiserも解答、


そしたらば、、ユピテルのアップデータのRDTEST.exe とupdate.infを


Mayonnaiser.exeのフォルダに突っ込みます。


で、ユピテルの「RDTEST.exe」と「update.inf」をMayonnaiserフォルダに入れて


「Mayonnaiser.exe」を「RDTEST.exe」にリネーム。


そして、「update.inf」を一緒に入れておくことを忘れずに。


以上の作業が完了したらSDカードに入れて


(起動確認まで他のファイルと混在は不可、一度起動すると別のファイルが作成されるため)


SDカードをナビにセットし、電源を入れる(初回から起動させる)


するとOP画面が出たあとにCEが起動。


ちなみに、作ったSDを抜けば通常のナビゲーションがお楽しみいただけます。


こんなところかな。


多分、ユピテルやその他のナビもアップデータのファイル名「***.exe」ファイルの名前が


わかればこの方法でいけると思われ。


さぁ、みなさん!思う存分CEで遊ぶんだな~!!