ブレる「建前」とブレない「本音」 | 元ひきこもり起業家の底辺からの変革ブログ

元ひきこもり起業家の底辺からの変革ブログ

中学生の時に1年ちょっとひきこもりになり
卒業式に唯一出席することすら出来なかった人間が、
高校→大学へと進学して起業へと邁進する現状へ
どう至ったのかをまとめたブログ。
人生論や思考についても書いていきます!

どうも、前田です

—————————————————————————

初めて訪問された方は、まずはこちらをご開封…ご覧下さい!
どうも、僕です←


このブログでは、皆さんが「ビビビっ!」とくるような(?)
そんな内容を発信することを目標にしています


生き方、考え方を主な内容としていますので
もし良ければ見ていって下さい^^

—————————————————————————

「本音と建前」という言葉があります。


本音とは「本心」と同じような意味で用いられ、


簡単に言えば、その人の嘘偽りのない考え・意見であり、


建前とは、表向きの意見・考えといった意味で用いられます。



例えば、建前では


人は外見で判断してはいけない」


と言いつつも、本音では


「外見のいい人と関わりたいし、仲良くなりたい」


という人は結構多かったりしますよね。




実際に、世の中の人の多くが「建前」で生きています。


しかし、それには限界があるんです。


いつまでも建前で生き続けることは難しいんですね。


何故なら、自分の本心でないことをし続けると、


いずれつじつま合わせに必死になってしまう
からです。


つまり、建前だけで生きていくことは、結果として


色んな意味で整合性がとれなくなってしまうことになるんですね。



だから、ある時心が折れてしまうんです。




小さい時、いたずらをしてバレそうになった時


必死に嘘を嘘で塗り固めたことはありませんか?


でも、それもいずれ限界にきて


「本当は…」


ってなりましたよね?


それが「本音と建前のギャップ」です。




正直、一生を建前で生きることが出来れば、


それはある意味矛盾もなくなり「本音」と言えるとも思います。



しかし、考えてみて下さい。


「建前で生きる人生」って、ほんとに楽しいと思いますか?


自分の望まない、他人からの期待で塗り固められた人生が、


自分にとっての人生だと思いますか?


死ぬ間際に



「自分の人生を生きることができた」



って、胸を張って堂々と言えるでしょうか?
















…ここで何かしら考えた人は、その気持ちを
大事にするべきだと思います。


たとえ今の状況が本音を語れなくても、自分の本音には



「自分だけでも」



耳を傾けてあげましょう。



それは少しずつ、自分の人生を「本音」で生きることになり


やがて「ブレない人」になることにつながっていきます。


ブレる「建前」とブレない「本音」



今回も最後まで読んで頂きありがとうございました<(_ _)>



p.s.松下幸之助の「今日の言葉」※毎回書いていきます!
「誠意をもって事に当たってこそ、その人の言葉、
 態度に深い味わいが生まれ、それが人の心を動かす。


p.s.2「ビビビっ!」と来た人は…
   良ければ応援よろしくお願いします!→


p.s.3 近々メルマガ配信します!
    興味のある人はぜひコメントしてくださいw

—————————————————————————

フェイスブックやっております!是非、友達として繋がりの輪を広げましょう♪

前田正輝―Facebook


何か思うことがありましたら、メッセージなどお気軽にどうぞ!
メッセージを送る