64bit版Windows7のhostsファイルの情報が混沌としているようなので、メモを。

hostsファイルを見つける場合に、アプリケーションから
"c:\windows\sysnative\と入力すると開ける。"
こんな記述がブログ上で散見されるが、正確には32bitアプリから開けるという条件付きである。

これは、64bit windowsにおいて、32bitアプリの互換性向上のためにリダイレクタが導入された事によるもので、私の環境の場合
がc:\windows\sysnativeに見えるようになっているようだ。

現在SP1のWindows7のnotepadもいつも間にか64bitアプリ化されたようで、もはやsysnativeへのアクセスは不可能である。

で、現在の私の環境では結局Windows\System32\Drivers\etcのhostsファイルが使用されていた。
つまり32bit版と同様であった。

忘備メモとして。