助産師NAOKOのゲンキよく育児! fromロンドン
  • 17Oct
    • ”こんなことにこだわってたなんて!”

      今では夜寝る前に「本読んで!!」と言われるのに「ごめん もう眠くて限界やねん ホントごめん🙏!!!」って言いながら私が先に寝るように、、、、「自分がクリアな時間帯に本を読むプロジェクト」にトライしようーみんなの回答を見る

  • 16Oct
    • ひとりではできなかった、せかままcafe24時間マラソン

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらせかままcafe24時間マラソンには、たくさんの方がサポートしてくださいました。https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamama2saiご感想1ご感想2せかままcafe24時間マラソンを終えてあらためて、楽しかったなあ!という思い出が蘇ります。印象的なことがいくつかありましたが、いちばんの思い出は、平岩由子さんが言ってくださった「大事なのは楽しむことだよね?色々な決め事が多くなってしまっては、みんな大変じゃない?なんとかなるんじゃないかな」の言葉でした。せかままcafe24時間マラソンは、2周年記念、何がいいかな?という呼びかけに「マラソンがいいんじゃない?」という軽い反応に、じゃ、やるか!で始まったものでした。24時間を90分ずつわければ、16枠必要になることも少し考えれば分かるだろうに、全く考えずにやろうやろう!と立ち上がったこの企画。一生懸命、ぺライチでチラシを作る時になって、結構人が必要だなあ、大変かも、、と思った次第。そして、事前ミーティングで、今回のイベントを開く仲間との交流もかねて、心配ごとや、質問などをシェアする時間を作っていたら、「テーマがうつりかわるときはどういうタイミングで変わったらいいのでしょうか」「もし人数が多すぎたらどうしたらいいですか」「人数が少なければ?」など色々な質問が出て、「そうしたら、人数制限をしたいところは人数制限をしていこうか」など、こういう決め事を作っておこうか、そのために、また打ち合わせを個別でやろうか、、、などの話がどんどん出た時に、さっきの由子さんの言葉が出たのでした。大事なのは楽しむことだよね?私自身としては、私が立ち上げたせかままcafeであり、せかままcafe24時間マラソンであり、皆さんに苦しい想いをさせたくない、不安な想いをさせたくない、みんなの意見をすくいたい、(嫌われたくない、失敗したくない、、、)そんな思いでミーティングを進行させていて、あれもやろうこれも準備しようそれもやっておかなくちゃということをたくさんメモしていた時に出てきた言葉。大事なのは楽しむことだよね?ZOOMの中の皆の顔が、ぱーーっと明るくなったのを感じました。そうだよね!楽しむのがいちばんだよね!なんとかなるんじゃない?助け合えばいいんじゃない?やってみよう!そんな雰囲気になったのでした。それを分かちあえた瞬間は、本当にうれしかった!そして由子さんに心から感謝しました。実際の会は、その分かち合いの想いを身体に感じながら、スタートすることができて、実際の場も、皆で無理なく助け合いながら進行することができました。↑これには本当に皆さんの協力、成功させようという想いがありました。24時間は意外と長かった。だけど、無事に終わった。楽しかった。楽しかった!って言ってもらえた。ピカピカした笑顔を見せてくださった方がいっぱいいた。ひとりでは絶対にできなかった、せかままcafe24時間マラソン。関わってくださった時間は、それぞれ違うけれど、一緒に関わってくださった皆さんにも、参加してくださった皆さんにも、おひとりおひとりに、本当に本当に、感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとうーーーーーーーーーー!!!!ございました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!一緒に開いてくださった皆さま遠藤ゆきこさん (カナダ)せかままCafeカナダ店 店主実際に自分がせかママカフェに参加して、パソコンの画面越しにおしゃべりすることで、こんなにスッキリ、元気になれるんだ!って感激してしまってカナダ店も開催させて頂くようになりました。みなさんとおしゃべり出来るのが楽しみです。マニング麻紀さん(アメリカ)HP:マルチパッションLIFE 7STEP 自己開花プログラムAmanai Mikiさん(アメリカ)アメリカ在住で、小学生と幼稚園児の2児の母です。転勤族で上の子が生まれた時からワンオペ育児をしています。子供としか話してない日が続いた時にせかままカフェに参加させてもらい、おしゃべりすることってママにとって、とっても大事な時間だと感じました。いつも楽しく参加させてもらっているので今回初めて開催に挑戦させていただきます。スペイツ 由美さん(アメリカ)ブログ:バイリンガル家庭教育-Japan World Academyロケ タミコさん(ベルギー)せかままCafe24時間ベルギー店 店主ブログ:「勇気づけx潜在意識」woman ライフコーチ:ロケタミコ浅野葉子さん(ドイツ)H.P. ManekiNeko-Stuttgart山田ちあきさん(フランス)せかままCafeフランスカンヌ店 店主ブログ:バイリンガル子育て相談室内野尚子さん(オーストラリア)ブログ:universal KIDSささあやさん(オーストラリア)せかままCafe オーストラリアメルボルン店 店主ブログ:雨のち晴れinメルボルン ママも家族も幸せにする バイリンガル育児応援隊ホール典子さん(イギリス)Learn Japan『世界中のお友達と日本語で遊ぼう』平岩由子さん(日本)せかままCafe 東京ねりま店 店主ブログ:一軒家に人が集う。そんな「昔の当たり前」をYAJIMA HOUSEで。伊藤麻衣子さん(日本)せかままCafe埼玉小川町店 店主ブログ:新米ママ(姉)と助産師(妹)GOGO育児助産師ゆうさん(日本)せかままCafe東京八王子店 店主ブログ:助産師ゆう HappyFamily冨江幸代さん(タイ)「助産師ほっとLINE *助産師さんのおっぱい相談in バンコク」アンデルセンのりこさん(シンガポール)ブログ:悩めるママの育児x思春期x性教育をナビゲート!井藤まさこさん(マレーシア)HP:手間ひまかけない無理しないわたしらしい丁寧なくらしFusami Wakitaさん(カナダ)ブログ:Good Enough me ~そのままのあなたが素敵~めぐみさん(フランス)せかままCafeフランスパリ店 店主ブログ:めぐにっき@Parisで子育て奮闘中!海外ワンオペ育児日記オーチャンさん(フランス)せかままCafe フランスアンボワーズ店 店主フランスのアンボワーズ在住のオーチャンです。普段子育てや家事や仕事で頑張っているママさん達とのんびり気楽におしゃべりを楽しむ事で、皆さんが元気になってくれたら嬉しいです♡メイン:西村ひろ子さん(チェコ)ブログ:【アドラー心理学】ふわっと心がラクになる子育てへ〜私らしく〜藤村ローズさん(オランダ)HP:世界ウーマンしばもとくみこさん(日本)せかままCafe グリーンフィールド牧之原店 店主HP:kukuu. the worldwide tourleader近藤恵利さん(日本)ブログ:35歳から自分を「育て直し」幸せを手に入れる3ステップのんちゃんさん(日本)海と空とふくらはぎ~イタリアの田舎生活~鈴木千里さん(日本)せかままCafe岐阜店 店主Fbページ:平和は家庭から研究所鎌田薫さん(日本)HP:Himemama×LAXIC 駐妻キャリア支援プロジェクト心から感謝です世界のママが集まるオンラインカフェhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp世界中の日本人のお母さん!相談、おしゃべりできるところが色々ありますよ!https://www.helpdesk24.net/ (海外ヘルプデスク24時)https://lis-mom.jimdo.com/ (リスニングママプロジェクト)https://cz-cafe.com/onlinecafe/ (駐妻cafe)https://josanshi-cafe.com/ (オンラインじょさんしcafe)http://babu-babu.org/home/chat (助産院ばぶばぶ web相談 ブログがおすすめ)https://instagram.com/mamacopel/(オンライン子育てひろば)こちらもぜひ!https://crossactnet.com/tck/  (TCKキッヅ 外国で子どもを育てるお母さんへ)https://gendachev.com/yurudokuonline/ (海外ゆる読書会)

  • 14Oct
    • ★ご感想その2★大成功!2周年せかままcafe24時間マラソン

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらやっと、2周年せかままcafe24時間マラソンの感想がまとまりました!ここからの続きです24時間せかままcafe24時間マラソンクリックしてくださいね!↓https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamama2saiひきつづき、皆さんから頂いたご感想です*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *井の中の蛙を体感した1日でした。日本にいるから悩まないこと。日本にいるから悩むこと。小さな枠の中で考えているから解決しない事。もっと視野を広げたら新しい視点が出来て、解決することも多いとも感じました。でも何より、授乳をしながらでも、ご飯を食べながらでも、どこにいても手軽に繋がれておしゃべりできるってすごいと思いました。育児や介護で家を出られなくてもスマホやパソコンがあればいつでも繋がれる場所があるって大きな救いだと思います。小さな子供を連れて出かけにくいとか、介護で家を空けられないとか。そんな人たちは、どんどん狭い世界の中で苦しくなってしまうから。「話す」は「離す」おしゃべりするだけでも気持ちが軽くなる事も沢山ありますね。私も参加してモヤモヤを「離す」お手伝いをしたいと思いました。楽しい時間と気づきをありがとうございました。(日本 近藤えりさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *世代、国を超えて色々なママたちのお話が聞けるので、自分の世界が広がるのを感じます。これからもまた参加していきたいです。(日本 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *世界中に住んでいる日本のママ達とインターネットさえあれば繋がれて、様々なトピックで気軽にお喋りができるなんて、本当に凄い時代になったものだと思います。20歳になる長女を出産した時、不安と期待で一杯でした。当時インターネットなどはまだ一般的にあまり普及していなかったので、日系のママと繋がりたいという一心でママと子ども達のためのプレイグループを立ち上げたことを思い出します。実際に小さな子供達がいる状況で集まったするのは結構難しいこともありましたが、子供達が大きくなった今もその時のお友達とは今も続いています。今考えるとあの時にこのように携帯のボタン一つで同じような状況にあるママ達やいろんな考えを持っているママ達とつながることができたらどれだけ救われたかな~と思います。私の今までの実体験や知識が、世界のどこかにいるママ達や女性達を励ますきっかけになったり、少しでもママ達が幸せでいられるようなお手伝いが出来たら素敵だなと思っています。今回のイベントに始めて参加して、直子さんが2年前にご自分の想いを行動に移されたことで世界中に広がった「せかまま」の輪をやっと体験することができました。「直子さんという1人の女性が始められたことが、世界レベルでこんなに大きな影響をもたらすことができるんだ!」と、とても感動しました。改めてオンラインコミュニティの影響力を実感し、「これからも自分の想いをできる方法で形にしていこう!」と勇気をいただきました。特別なことはしなくていい。ただ拠り所的な場所を提供するだけ。聞いてくれる人達がいるという安心感だけでも、ママ達のエネルギーを充電したりリセットするのにとても役立つということも改めて感じました。ありがとうございました!(アメリカ Mさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *せかままカフェ2周年おめでとうございます。色んな方のお話聞けて楽しかったです。直子さんをはじめ開き隊の皆様、素敵な方々との会話は刺激的でとてもパワーをもらえました!  時間帯で参加出来なかった時間が悔しい。(イタリア 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *先日は、24時間マラソンに初めて参加させて頂き、ありがとうございました。ちょっと耳だけ参加してみようかな、、、だったのに、結局は顔も出してしまいました。すっぴんだったのに!そして、人の前で自分の意見を話すというのが苦手でしたが、思いも寄らずそれにチャレンジする事になり、焦りましたが、皆さんと直接お話し出来た事は、とても貴重な体験となりました。温かく安心感のある雰囲気がそうさせてくれたんだと思います。世界中に沢山のママが居て、同じ様な事で悩んだり、同じ様な事を感じたりしてるという事が実際に感じられてとても心強く、またここで頑張っていこう!と思えました。世界中のママを尊敬します。この度は貴重な体験をありがとうございました。また、是非参加させて下さい!(ドイツ 中道友恵さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *サブとしても関わらせていただきました。興味深いトピックを世界各国の皆さんと話し合えて楽しかったです。さまざまな出会いもあり、参加してよかったな、と思いました。ヘッドセットの調子が悪かったのか、マイクに問題があったようで、お聞き苦しいことがあったのは申し訳なかったです。(カナダ Fusami Wakitaさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *二人育児に限ったママ会ということで、終始共感することばかりで、とても参考になりました。自分が悩んでることは他の人も同じ、と思えて気持ちが軽くなりました!(日本 匿名希望さん)また参加したいです。(静岡、Dさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *途中参加や途中退出など柔軟に対応されていて、忙しいママにとって参加しやすいと思います。途中参加で、短い時間でしたが、不安に思っていることを口に出し、うちもうちも!と共感してもらえるだけで、不安が軽くなりました。ありがとうございました。(日本、みほさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *昨日はありがとうございました!皆さんのお話聞いてネントレ、産後うつ、兄弟間の関係、共感する事が多くて聞き入ってしまいました。日々予期せぬ事件が起こり、24時間体制で働いてるみんな頑張ってる!となんだか安心した気持ちになりました。(イタリア 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *色々勉強になりました。専門的な方と、ビジネスに繋げたい方が多かったですね。もう少し、一般の方が多いと、参加や、話しやすいかなと。。。専門家の話は、耳だけ参加が、ラジオみたいでよかったです。(オランダ Eさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *異国で家族が近くにいない孤独の赤ちゃん&4歳の育児。日本の友達も数名、日本のものも調達しにくい環境の中、せかままカフェで話を聞いてもらったり、共感してもらえたり、元気をもらえたり。それこそ夜中や朝、色々な時間帯でやっているので、授乳で昼夜関係ないママにとってはとてもありがたいです!何度か参加しているうちに顔見知りの方もできて、遠く離れててオンライン上ですが、近くに感じました。(アメリカ Fさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *いつでもやってるという試みはとても面白かったです。時間でテーマを区切られているというのもダラダラしなくていいなと思いました。ホストが代わっていくのも斬新。全く興味の無い話題でもそれなりに楽しかったな。リアルママ友とは当たり障りのない話しかしないけど、世界には色々なことに興味を持って目的意識を持ちながら生活している人がいると思うだけでも、自分の生活を振り返って考えるきっかけになったかな。(日本 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *赤ちゃんがおっぱいに興味なさそう・・・という相談をさせてもらいました。特に「赤ちゃんの欲望は人それぞれで、食欲薄めの子もいる。元気そうなら大丈夫」と聞いてほっとしました。外国だと頼れる人が限られているので、何人もの意見をまたがって聞けるせかままCafeは本当に貴重だと改めて感じました。ありがとうございました。(タイ 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *みなさん同じような感覚でそれぞれ子育て頑張っていらっしゃるのだなとわかるだけでも気が楽になりました。(日本 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *途中から美容のテーマのお話を耳だけ参加しか出来ませんでしたが、とても楽しかったです!*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *皆さん、ありがとうございました!!!!!世界のママが集まるオンラインカフェhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp世界中の日本人のお母さん!相談、おしゃべりできるところが色々ありますよ!https://www.helpdesk24.net/ (海外ヘルプデスク24時)https://lis-mom.jimdo.com/ (リスニングママプロジェクト)https://cz-cafe.com/onlinecafe/ (駐妻cafe)https://josanshi-cafe.com/ (オンラインじょさんしcafe)http://babu-babu.org/home/chat (助産院ばぶばぶ web相談 ブログがおすすめ)https://instagram.com/mamacopel/(オンライン子育てひろば)

  • 13Oct
    • ★ご感想その1★大成功!2周年せかままcafe24時間マラソン

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらやっと、2周年せかままcafe24時間マラソンの感想がまとまりました!24時間せかままcafe24時間マラソンクリックしてくださいね!↓https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamama2saiご参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!以下、皆さんから頂いたご感想です*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *今回初めて参加してお家にいるのに世界中のママたちと繋がれることに感動しました。どこにいても同じような悩みを持ってるんだなぁと思いその思いを話したり聞くだけても楽になりました。また、参加したいです(^^) (日本 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *普段繋がれない人たちと繋がれて楽しかったです。(オランダ 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *直子さん、せかままカフェ2周年記念マラソン、ありがとうございました。楽しい企画、お久しぶりに会えた(画面越しですが)方、会いたくて参加した回、満足でした!ここは、気軽に参加できることと、好きな時にドタ参できることも魅力的なサークルだと思っています。様々なテーマで時に愚痴、時に笑い、時にお得情報、またみんなで盛り上げていけたら嬉しいです。ありがとうございました。(カナダ在住、理恵さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *初めて参加させていただきました。ユニークな形、空間でそれぞれ違う場所から、共通の話題で参加できるのは面白いと感じました。また参加させていただきたいです。ありがとうございました!(ノルウェー Yさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *新たな出会いがあり嬉しかったです。(ブラジルさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *いろいろな人と話せて楽しかったです!他のママや助産師さんのお話を聞くことができたこともとてもよかったです。ありがとうございました!!(日本 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *心を鷲づかみされるようなキーワードに出会うことができ、本当に良かったです!(日本 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *直子さん!!すごいコミュニティになりましたねーーーー!!やり続けることの偉大さを実感しました。世界中のいろんな国にお住まいの方が集まっていたので、同じテーマでも国によっての常識が違っていたりととても聴きごたえがありました。参加されている方もそれぞれ面白くパワフルな方たちばかりでその出会いも貴重でした。(東京 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *面白い企画!と以前から拝見しておりました。二度ほど参加させていただきましたが、自由な感じがとてもよかったです。初めての子育て、わからないことがたくさん、一人の時間もたくさん、そんな中、耳だけでも参加できる環境がとてもありがたいです。世界の色々な子育てにも興味がありますが、その前に自分自身、子供のことについて語る場があまりないことに気づかされました。だから、とても貴重な体験でした。まだ子供が小さいのですが、積極的に参加して、視野を広げていきたいと思います。ありがとうございました。(東京 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *こんなにも、オンラインのおしゃべりの会が楽しくて、みなさんに必要とされている場なんだなと感じられたことが、とても宝だなと思いました。そして、まだまだこの場所を知らない方々に知ってもらいたいし、それにより最初は新米ママが数年経って、若いママの話を聴く側になったり、オフ会みたいに世界中でリアルで会う機会になったり、可能性がとっても広がって行ききっと子どもたちの未来にも大きな影響を与えていくのではないかなと思いました!まずは直子さんにこの場を作ってもらったことへ、感謝を伝えたいです。そしてこれからも応援し参加して行きたいと思いました♪ありがとう。(岐阜、鈴木千里さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *初参加でした。人見知りなので、えいっ!という気持ちで思いきって、という感じだったのですが、それぞれのトピックのホストさん達が温かくて優しくてすぐに馴染めました。(1人1人の自己紹介の場を設けてくださったり、部屋を分けて話しやすくしてくださったり、感想をそれぞれ述べる機会を与えてくださったり)発信したい方がガッツリお話されたり、家事や授乳しながらただおしゃべりを聞いて色々な情報をゲットする方もいたり、とても気軽に参加できるのが分かったので今後またぜひ参加させていただきたいと思いました!(ロンドン、Bさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *仕事、家事育児に追われ、なかなか参加できなかったのですが、今回24時間ということで、ちょこちょこと参加させていただきました。どの会もとても楽しくて、全部参加したかった!時間できたら繋げる。顔出せない時はビデオオフ、子供が騒いでいる時はミュート、何かしながらの時は耳だけ参加、と、とっても気軽に参加できるなあ。おしゃべり、楽しいなあ。自分のちょっとモヤモヤも聞いてもらってアドバイスいただけたり。また参加します。改めて、せかままカフェって素晴らしい!と思いました!企画運営くださった皆さま、ありがとうございます。楽しかったです!(スペイン 匿名希望さん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *やってるかな~?程度に覗いたら、ガッツリみなさん真面目に議論を交わされていてびっくりしました。普段大人と話していないので、会話が・・の私(笑)オンラインという場が、いつでも気軽に、隙間時間に入れる、繋がれる、という安心感がありました。またみなさんが、同じ境遇のもと、頑張っていらっしゃるママ達なので、共感力がすごくて優しくて、包まれている感じで心地よかったです。ボケっとしていると意見求められますが(笑)ものすごく良いトークであったし、こんなにも沢山の方々とお話できる機会に巡り会えたこと、とても嬉しいです。企画、運営、お疲れ様でした。ありがとうございました。今後もどうぞよろしくお願いいたします!!(イギリス Cさん)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *つづきはその2へ!世界のママが集まるオンラインカフェhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp世界中の日本人のお母さん!相談、おしゃべりできるところが色々ありますよ!https://www.helpdesk24.net/ (海外ヘルプデスク24時)https://lis-mom.jimdo.com/ (リスニングママプロジェクト)https://cz-cafe.com/onlinecafe/ (駐妻cafe)https://josanshi-cafe.com/ (オンラインじょさんしcafe)http://babu-babu.org/home/chat (助産院ばぶばぶ web相談 ブログがおすすめ)https://instagram.com/mamacopel/(オンライン子育てひろば)

  • 30Sep
    • 子育てに凹む

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちら子育てに凹む8歳になった下の子は本当によくプリプリと怒っている。イヤイヤ期はいつ終わるんだろうどうしてこんなにもこの子といると、可愛くもあるけれど、こんなに悩むんだろうってずっと思ってきた。彼の怒りを見ていると、胸がギュウッとしてくる。色々な人と、話したり、考えたり、実際にカウンセリングを受けてきて、下の子は、怒りをお母さんにぶつけることができていて、まあ、心配ないわよ。それよりも、直子さんの中の問題だと思うよ。っていろんな人から言われてきた。そう、怒っている姿が父親とそっくり。昨日も久々に、母にLINEで電話して、そういえばクレジットカード届いていないー?と電話したら、「お前の管理が悪いからだろう!!!」って父が母に怒鳴っている声が聞こえてきた。また私のせいで、母が父に怒られている。(TT)いつものこととはいえ、胸がギュウッとする。夏のたびに日本に帰って、実家に長期滞在して子どもに小学校体験入学をさせてきた。その中で感じたことは、どうやら小さな頃から、ずっと、父が母を怒鳴り、母が父にすぐ怒鳴られる姿を見ることが、本当に苦しくて苦しくて、今でも涙が出てしまうんだけれども、当の本人たちは実は何も傷ついていないって話。。。。私ひとりでバカを見たらしい、って苦笑いするしかない。それでも、まだまだ、幼かった頃傷ついた私の心は癒えていなくて、今も下の子が怒るたびに、「怒らないで!怒らないで!」って私の心は耳を手で塞いでヤメてヤメてと叫んでいる。でもやっと、こうやって自分のことを客観的に考えられるようになってきた、母親人生10才目。池の上のさざ波を見ていたら、自分も色々な流れの、一瞬のともしびだと思うことができた。下の子が、心配で、心配で、たまらない。いつか、お父さんになった時に、私のように子どもを傷つけるのではないかと。家族から煙たがられる存在になるのではと。本当は、すごく愛があるのに、孤独になってしまうのではないかと。大丈夫。彼には彼の人生があるし、私たちは、同じ「人生」という流れの中を通り過ぎる、一瞬の存在なのだから。どんな人生も、きっと美しい、って、信じたい。 今朝の朝焼け世界のママが集まるオンラインカフェhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp世界中の日本人のお母さん!相談、おしゃべりできるところが色々ありますよ!https://www.helpdesk24.net/ (海外ヘルプデスク24時)https://lis-mom.jimdo.com/ (リスニングママプロジェクト)https://cz-cafe.com/onlinecafe/ (駐妻cafe)https://josanshi-cafe.com/ (オンラインじょさんしcafe)http://babu-babu.org/home/chat (助産院ばぶばぶ web相談 ブログがおすすめ)https://instagram.com/mamacopel/(オンライン子育てひろば)

  • 25Sep
    • 2周年!せかままcafe24時間マラソン

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらやっと、チラシができました!クリックしてくださいね!↓https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamama2sai🌸世界のママが集まるオンラインカフェ🌸2才のおたんじょうび記念!24時間世界のどこかでおしゃべり会♥🍀せかままCafe24時間マラソン🍀(予約不要/無料)2019年9月26日(木)日本時間0時~24時https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamama2sai詳細はこちらをクリック❣27人のホストがそれぞれ11か国からリレー形式でおしゃべり会を開きます!テーマや時間が一応決まっていますが、基本は「おしゃべりを楽しむ♥」です(*^_^*)。 ⭐ぜひ皆さんおしゃべりしにいらしてください⭐★タイムテーブル★(国名はホスト在住国のことです) 0:00~1:30 その日の気分で何でもおしゃべり! (カナダ/アメリカ) 1:30~3:00 海外生活について話そう!(アメリカ/カナダ)(女性限定) 3:00~4:30 多言語環境での育児を考えよう(アメリカ/ベルギー) 4:30~6:00 絵本子育てしている人・したい人・絵本のこと聞きたい人(ドイツ/フランス) 6:00~7:30 日本語イヤイヤ なんでもイヤイヤ どうしよう!!(オーストラリア/オーストラリア) 7:30~9:00 海外在住者、親の介護はどうしてますか?(イギリス/日本) 9:00~10:30 アイディア募集!オンライン両親学級づくり(イギリス/日本) 10:30~12:00 助産師さんと気軽に話してみよう。(日本/タイ) 12:00~13:30 あなたが今最も大切にしていることは何ですか?(日本/シンガポール) 13:30~15:15 居心地の良い空間づくりとインテリアについて(マレーシア/カナダ) 15:15~16:30 忙しいけど綺麗でいたい!ママの時短美容トーク(フランス/ベルギー)(女性限定) 16:30~18:00 地球にやさしい生活をするには?(イギリス/フランス) 18:00~19:30 海外でもハッピーでいられる自分の満たし方(チェコ/日本) 19:30~21:00 アラフォー集まれ!(オランダ/日本) 21:00~22:30 気ままにおしゃべりしましょ!(子育て、義両親とのお付き合い、介護、その他家族にまつわるアレコレ)(日本/イギリス) 22:30~24:00 今後せかままcafe で、おしゃべりしたいテーマはありますか?を話してみる会(日本/日本)世界のママが集まるオンラインカフェhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp世界中の日本人のお母さん!相談、おしゃべりできるところが色々ありますよ!https://www.helpdesk24.net/ (海外ヘルプデスク24時)https://lis-mom.jimdo.com/ (リスニングママプロジェクト)https://cz-cafe.com/onlinecafe/ (駐妻cafe)https://josanshi-cafe.com/ (オンラインじょさんしcafe)http://babu-babu.org/home/chat (助産院ばぶばぶ web相談 ブログがおすすめ)

  • 06Sep
    • 子どもは大人のために自分を犠牲にすることがある

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらできたてでそれなりに美味しそうだなと思う焼きそばをタッパーにいれる。食べようかなと思うけど、こんなに子どもが食べて、かつ、野菜も肉もとれる栄養豊富なごはんを私が食べるわけにはいかない。せっかく作ったし。また作るのめんどくさいし。私は別のご飯も食べれるし、と自分は食べないでおく。愛する子どものために自分の食べたいものを我慢する。子どものためにやりたいことを我慢する。それよりも、やっぱり、親もやりたいことやった方がいいっていう言葉も聞くけれど、そこに、「愛する者のために自分がやりたいことを我慢している」という自覚があれば、随分と違ってくると思う。なぜなら、「我慢することも自分のやりたいこと」だと思える側面もきっとあるから。子どもは愛する親のために自分のやりたいことを我慢することがある。そこに子どもは全く無自覚だと思う。わが家の場合、タイ、イギリス、スペイン、イギリスと引っ越しをしている。TCK Third Culture Kids 親の母国とは違う国で育つ子どもについて話を聞いた中で、(下記参照)https://tckcross.com/blog/「子どもは引越しをするときに、嫌だ、と言わないことがある。それは、子どもは親が住むところに自分も移動していかなければならないと、全身で分かっているから。」(親の庇護なくては生きてはいけない)「だけれど、引っ越しをする前に、どう思う?本当はどうしたい?って気持ちを吐き出すことができる家庭でいてください」そう学んだ。親が、中学受験のために、子どもに一生懸命勉強をさせたならば、結構多くの子どもは、親のために、がんばると思う。今、私と夫が、日本語能力を落とさないために、子どもに一生懸命日本語を勉強させたならば、きっとうちの子たちは、自分のためにもと分かっていると思うけど、親のためにも頑張ると思う。親は、飴と、鞭と、使い分けて必死にそれをさせるだろうし、子どもからみて、自分が頑張って上達すれば、親がすごく嬉しそうな顔をするから。そこに、子どもは、親の笑顔のために頑張っているという、自覚があるだろうか。私の父はすぐに怒鳴る人だった。私は良い子だったので、私が怒られたわけではない。でも、母がすぐに怒鳴られていることが本当に嫌だった。すぐに怒鳴られるような発言をする母親のことを本当に嘆いた。すぐに怒鳴る父を、どうして???とは思わなかった、やめて、やめて、としか思わなかった。姉が父に怒られて、物置に閉じ込められていると思うと、気持ちが深く沈んだ。ただ私は平和に暮らしたかった。子どもの私は私なりに一生懸命努力したんだけれども、状況は変わらなかった。それは自分のせいだと自分を今も多分責めている。随分と今はその状態を抜けた。ひとりでバカを見たと思う。父も母も、ああいう関係で実は彼らは平気だった。。。。(苦笑)って今になったら言葉にできるけれども、子どもの時の私は何もかも無自覚だったし、今思いだすのは「痛み」という想い。実に個人的な体験をもとに書いているけれども、子どもは、親のために一生懸命頑張ることができる。自分を犠牲にすることができる。親は、子どものために一生懸命頑張ることができるし、自分を犠牲にすることができるけれど、そこに自覚を持つことができると思う。その「自覚」があるかどうかは、随分と違ってくると思う。なぜなら、自覚があれば、「今は自分を犠牲にする」「今は自分を犠牲にしない」って選択することができるようになると思うから。子どもは、親のために自分を犠牲にしすぎることがあってはいけないって思う。子どもには、自分がやりたいことを、目いっぱいやってほしい。もし、もし、私が子どもの時に、目いっぱい、やりたいことやっていいよって思えたなら、一体何をやっていたかな。本をひたすら読むという、やりたいことは、やれていたけれど、今思い浮かんだのは、「世界には、お腹が減って死んでいく子どもがたくさんいるんだよ」「環境問題が悪化していって、地球は危ないんですよ」ということの衝撃を、受けっぱなしで終わるんじゃなくて、大人が、子どもであった私たちに、「ねえ、本気でどうしたらいいと思う?あなたたちの時代のことなんだ」って心から語りかけていたならば。もしかしたら、私たちは、自分たちで現状がどうなっているのかを調べて、色んな大人に話を聞きに行って根本的な問題はいったい何なんだって、考えて、話し合って、どんな意見も否定されなくて、私は、僕は、言いたいことを言っていいんだ、誰もが言いたいことをいいながら、世界を変えていくことができるんだって思えたなら。そんなことができていたなら、今の世の中は随分と変わっていたかもしれないな。環境問題を考える塾とか、あったらいいのに。まだ書きたいことがある。子ども兵と言うものをご存知でしょうか。袋さんが製作されたNINJA&SOLDIERの映画を見せていただく機会がありました。https://www.facebook.com/naoko.nishikawa.969/posts/2357134097707883ココ↑に書いたので情報はここからぜひ。https://youtu.be/CfWMbqC3EkUこちらも参考に見てみてください。子ども兵は、捕まえられたら、まず、自分が育った村を襲撃させられるそうです。自分の母親を、殺したり、腕を切ったりせざるを得なかった子どももいるそうです。もう、その子どもは、例え子ども兵を、抜けられたとしても、自分の村には、罪悪感で、もう戻れないと。もしくは、自分が腕を切断した、母親のもとにもどることができて、お母さんが歓迎してくれたとしても、「もう、お母さんは、僕のことを本当には愛してはいない。僕には、分かる」とその子どもが言ったと。(その子どもの心の傷は、もう、一生癒えることがないと思った。)大人の兵士は、子ども兵にまず自分の村を襲わせる。子どもは、もう、自分が襲った村には申し訳なくて帰れない。帰れないことを利用して、大人の兵士は子ども兵として育てていく。そして、子ども兵がたくさんの人を殺したりしたら、大人兵はその子をたくさん褒める。子ども兵は、自分が帰る場所を失わさせられ、承認欲求、認められたい、誰かに愛されたいという欲求を利用して、大人から戦わされ、そして褒められ、また人を殺す、、そんな構造の中にいること。こんなに、こんなにも悲しいことが、今この世の中で起きている。子ども兵が増えていっている。その子ども兵が出現する争いの原因の中には、先進国で使われる、コンピューターの中の部品が高く売れるので、それを巡っての争いがあるということ。自分のことを承認してほしいという想い、承認された、報酬をもらえた、またその報酬がほしい、という構造を利用して、大人が子どもを動かしていくということは、身近にあることと同じではないか。---------------------まずは、知ることから。認定NPO法人テラ・ルネッサンスhttps://www.terra-r.jp/about.htmlへの寄付を募集しているそうです。ほんの少しだけれど、寄付をさせていただきました。そして、何か自分も「この世界を変えていきたい」という想いを実現するために、与贈工房の中の、ZOOM革命共創サロンに入っています。ぜひ。https://yozokobo.com/supporters/https://peraichi.com/landing_pages/view/zoomsalon庭のアジサイ今の子どもの学校は、家から車で15分から20分くらいかかるのだけれど、昨日は4回も学校と家を往復した。大変疲れた。8時過ぎ、子どもを送っていく。10時、同じ学校の日本人お母さんのミーティングに出席する。15時半、子どもを迎えに行く。18時、クラスごとの先生と親のミーティングに出席する。(18時半~19時すぎと、19時すぎ~20時過ぎの2回に分けて、兄弟両方に参加。子どもは学校が預かってくれる)家に3人で帰ったのは21時を過ぎていた。かつ、夫が4日ぶりに出張から22時過ぎに帰宅。眠いと思いながら夫の話を聞く。いつもこの時間は私が爆睡しているので、夫も嬉しいんだと思う。疲れた。だけど、こうして、木や花を見ていると、自分がいちばん大切にしているものはなんだろうって思いだすことができるから、私はこういう時間をとても大切に感じていて、そして発信したいと思うものは発信している次第です。=================9月26日は世界のママが集まるオンラインカフェのお誕生日です!2歳になりました♡24時間せかままCafeマラソンを開くので、ぜひご参加ください♥フェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」で検索して、ぜひお入りくださいね!(安全なグループになるために、いくつか質問がありますので、お答えくださいね^^)世界のママが集まるオンラインカフェhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp世界中の日本人のお母さん!相談、おしゃべりできるところが色々ありますよ!https://www.helpdesk24.net/ (海外ヘルプデスク24時)https://lis-mom.jimdo.com/ (リスニングママプロジェクト)https://cz-cafe.com/onlinecafe/ (駐妻cafe)https://josanshi-cafe.com/ (オンラインじょさんしcafe)http://babu-babu.org/home/chat (助産院ばぶばぶ web相談 ブログがおすすめ)

  • 04Sep
    • 本当に素敵だなあとおもうひと

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちら昨年の1月から、きよえさんにコーチングをお願いしています。美しいきよえさんに惚れ惚れするのももちろんなんですが、、、私の話を全部聞いて、息を吸って、吐いて、受け止めてくださるその存在が、あたたかくて、優しくて、本当に素敵だなあと心の奥底から思います。ブログの中の結構キレ味のある言葉たちも、スカッとする気がします。ぜひ、きよえさんのブログと、それから、インタビュー記事を読んでみてください。いろんなところで、いろんなひとが、一生懸命生きている。なあ!!!

  • 03Sep
    • YouTubeってアタマ使うのー?

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちら長男のスクリーン好きには、参っている。YouTube、ビデオ、ゲームが大好き。その情熱たるや、YouTubeを見たくて早起きしてくる様子を毎日見ると、「すんごいな」と単純に思う。私は、YouTubeはやっぱり子どもに悪影響だ、という意見とか、いやいや、夢中になるっていうのはいいことだ、という意見とか、「こうだ」という意見は、あまり好きじゃない。どっちも正解だよなあって毎日モヤモヤする現実の方が、いいな!って思っている。という前提のもとに、わが家の10年にわたる動画の歴史を書いてみよう!長男を産んでから、私は子育てに夢中になれなかった。夢中になる、お母さんになりたいと思っていた。それが、「いいお母さん」だと思っていた。だけれども、子どもと二人の仕事のない毎日は、苦しくて、苦しくて、医療職や教育職の仕事をしていた人の方が、産後うつになる可能性は高い、ということを聞いていたので、産後うつにならないように、と思って、とにかく友達と会うようにした。生後4か月の時に、同じ月齢のママ友達と出会ってからは、その友達たちが、あまりにもオモロイ人ばかりだったこともあるけれど、おうちに呼んで、子どもたちを一緒に遊ばせながら、おしゃべりするのは、ほんとーーーうに楽しい時間だった。そいで、その時間をもつために、友達を家に呼ぶために、その日、家に呼ぶ前にお掃除する間、しまじろうのDVDを見せた。その食いつきと言ったら!ってか、この掃除が進むすすむ!!!10倍の速さ!つねに、掃除も終わらない、野菜を切っては呼ばれ、肉を切ってはそのまま常温で放置せざるをえず、何ごとにも達成感が感じられない日々の中で(達成感大好き、、、、)掃除をし、ごはんを作り、友達を呼んで、楽しい時間をもち、ごはんを女友達に作れば褒められる(旦那には褒められない)という達成感と充実感は、本当に大きなものだった。今の自分にとって、とてもとても大事だと思った。長男が1才5か月の時に妊娠が分かり、夫はすでにタイへ、自分はつわりで動けない、というときも、朝からずーーっとNHKの番組を見せていた(NHKバンザイって思う!)。(NHKの子ども番組、素晴らしい)そんなこんなで、私自身は、テレビや動画に本当に救われたし、あれがなければ、私はどうなっていたんだろうと思う。下の子は、2歳過ぎるまで、全く動画やDVDに興味を示さず、彼の行動が止まる手段はなかったので、本当に驚いたし本当に困った。(しかし、1歳からタイで幼稚園に預け始めたので、本当に助かった、自分の子を幼稚園に預け、人の子をたくさん家に呼ぶという事態になっていた。(笑))https://ameblo.jp/sinosakura/動画を見る時間が長いことに悩んだ私は、佐伯さんのメールマガジンには随分と救われた。私は、こう感じていたことをさらに応援してもらった気がした。ゲームやYouTubeや動画は悪くない。子どもの大好きなものを否定することは、子どもから見たらとても悲しいことだと思う。そして、逆に、子どもと一緒に動画を見て楽しんだり、喋ったりすることの方が大事だって思った。こういう時間を経て、子どもが動画を見ているときに、自分に湧いてくる感情を、常に客観的に見るようになった。1.動画を長く見ているとイライラしてくる。2.本を読むのは脳みそ使うけど、動画を見るとアホになりそうって思う。3.私ばっかりご飯作ったりして大変なのに、なんで子どもばっかり楽しく動画見てんの?4.本当は動画を一緒に見たりして、一緒に子どもと楽しむ親になりたいのに。なれない。(動画、私にとっては面白くない―!)(ご飯もやっぱりちゃんと作りたーい!)5.本を読んだ方が賢くなりそうなのに!(実際自分が本の虫だった。)6.動画以外の全てのことは、(レゴやお絵かきや工作、虫とりとか、観察とか、)全部賢くなりそうと思う!7.そもそも、テレビの音や電子音が、嫌い!こういう気持ちに、自分で気づいてあげるだけでも、随分と楽になるように思う。「今私はこう思っているんだね」って自分で自分を、なでなでしてあげる。この作業は、子どもを産んでから、いちばん、自分ができるようになったと思うことだ。ただ、自分の気持ちに気づいてあげるという事。そして、面白いことに気づいた。自分が何かに夢中になっているとき、すごく楽しい時、楽しかったとき、子どもが動画見ていても、あまり気にならない。今朝もそんな気持ちだったので、「ねえ、YouTube見てるときって、アタマ使うのー?」って聞いてみてた。「使ってるよ――!!」ってニコニコして答えていた。ホンマか?!しかし、わが家ではヒカキン、セイキンのおかげで伸びたと思われる日本語能力がものすごくある。(逆もあるけど)私は、あんまり、子どもとおしゃべりするのが、得意ではないなあと思うし、子どもとうまく関わるのが、あんまりうまくできないなって、残念に思っているのだけれど、今日は、朝学校に行く車の中で、日本語と外国語の違いについて、ちょっとだけ「おしゃべり」ができて、(私が一方的に喋るんじゃなくて)嬉しかったなあー!今ちょこちょこ読んでる本。駐在の奥さんはもちろん、皆さんにぜひ読んで欲しい、おもしろいです。^_^ ぜひって書いたのは、「私たちは今新しい時代を作っていく力を持っているんだよ」っていうこと。みんなのひとりひとりの「私はこれでいい」っていう思いと、「私これならやれそう、やってみよう」のチャレンジが、大きな力になるんだって言いたいっていうこと。もちろん、無理のない範囲で。=================9月26日は世界のママが集まるオンラインカフェのお誕生日です!2歳になりました♡24時間せかままCafeマラソンを開くので、ぜひご参加ください♥フェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」で検索して、ぜひお入りくださいね!(安全なグループになるために、いくつか質問がありますので、お答えくださいね^^)世界のママが集まるオンラインカフェhttps://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp世界中の日本人のお母さん!相談、おしゃべりできるところが色々ありますよ!https://www.helpdesk24.net/ (海外ヘルプデスク24時)https://lis-mom.jimdo.com/ (リスニングママプロジェクト)https://cz-cafe.com/onlinecafe/ (駐妻cafe)https://josanshi-cafe.com/ (オンラインじょさんしcafe)http://babu-babu.org/home/chat (助産院ばぶばぶ web相談 ブログがおすすめ)

  • 02Sep
    • 本当はすごく心配

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちら土曜日から補習校に行き始めました。日本人学校の補習校。4年前イギリスに住んでいた時にも、当時1年生だった長男は1学期だけ補習校に通いました。(その後スペインへ引っ越し)スペインでは補習校にいかないことを選択し、サッカーなどができたことはよかったけれど、漢字の遅れが顕著になった現在。補習校に行くことも、イギリスに来た大きな理由でした。土曜日の補習校へ向かう道。家族4人で歩きましたが、ふたりとも「行きたくない」。くらーーい顔して、上の子は「寒い、寒い」と。それは緊張して寒いんだよね。(いつも腹がいたいとか、顔面蒼白とかになってる)5月からの新しい学校へ行く時も、7月に日本の小学校に体験入学に行く時も、そして今回も、ふたりとも嫌そうに初めての、もしくは慣れていない場所に行く。大変やなあ~!気の毒やなあ!いや気の毒ちゃうで、がんばるんやでーーーと夫と励ましながら連れて行って、帰ってきてみれば、ふたりとも「楽しかった」と。「また行く」と。しかししかし、4年前の補習校の経験から分かっていたけれど、宿題の多いこと(TT)。補習校の説明会の時にも、「親御さんがしっかりサポートして、丸つけも訂正もして、励ましてください」と釘をさされていたけれど、まさにそれがのしかかってくる。いうても、長男は、youtubeを見るためなら、結構素直にやっちゃうという側面があるので、やれる方なんだけれども、心配していた次男は、やはり宿題をすることをかなり嫌がった。「もう補習校行きたくない」と。もともと、常にピョンピョンはねているような行動の次男は、歩くのは嫌いで走るかジャンプするなら動くよね、という感じで。まして机に座って漢字を書くなんて、本当に本当に大変なことなのだ。一生懸命励まして、ご褒美でつって、サポートして、やっていくということも、できるかもしれない。だけど、この子をつぶしてしまうかもしれない。そこまでして、日本語を徹底させたいわけじゃない。私は。だけど、夫は、補習校に行けないなら、平日も日本人学校に通うか、日本に帰って単身赴任になるかどっちかやで!と言う。平日宿題をさせるのは私なので、(出張でほとんどおらん)私にプレッシャーがのしかかってくる。子どもをつぶしたくない。これが、本当はいちばん、すごく心配。でも、夫の願いも分かる。寝ながら、何かに対して寝ぼけながらものすごく怒っていた次男。私の予測では、いつもお兄ちゃんに追いつきたいと、一緒に遊びたいと、気にしすぎちゃうかと思うくらい、気にしている次男にとっては、おにいちゃんは、補習校の宿題を、サクサクしていたのに、僕には、できない、僕はなんでできないんだ!って自分に対して、悔しくて、情けなくて、怒ってるんじゃないかなあ。だから、周りにぶつける。あーーーこれからこの戦いが続くのかなあ(TT)とため息をつきそうになるけれど、まだ補習校は始まったばかり。補習校自体は楽しいと言っているから(これも予想通り)、その楽しさついでに、日本語を少しでも覚えてくれたら。そして、まさに、前の前のブログで、「言葉はワクワクの後やろ」って言いつつの、この矛盾。でも、少しずつがんばろう!私自身は、日本語がとても好き(って日本語しかできんけど)。短歌とか、俳句とか、詩とか、心をこんなにも慈しむことができるような言葉は、結構いいじゃんって思っている。子どもにも、日本語の良さを、伝えられたらなあ!洗濯物をたたむのをお願いしたら私の服を着て遊んでる。こういうのがなんとも可愛くて可愛くて仕方のない下の子。(ただし時間に余裕のない時は別)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *世界のママが集まるオンラインカフェのひとつとして、オンライン母親学級毎月第一火曜日に開催します。次は9月3日。世界中の日本人の妊婦さん。ぜひご参加くださいね!無料です!メッセージください♡ ⇒ kumanako55★gmail.com(★を@に変えてくださいね!)

  • 01Sep
    • オンラインで受けられる両親学級がつくりたい

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちら【オンラインで受けられる両親学級がつくりたい】https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2412153282205964&set=a.115832411838074&type=3&theaterフェイスブックに投稿した文章ですが、とてもコメントが大きかったので、こちらでも載せてみます。これをこれからやっていこうと考えて、今二つのことを手放しました。===========育児支援に関わるお仕事をしていらっしゃる男性の方と、お話しする機会をいただきました。今の社会のこと、政策のこと、男性側の想いを聞いたり話したりするうちに、『そうだ!オンラインで受けられる両親学級のプログラムを作りたい!』と思いました。なんで今まで思いつかなかったのか不思議なくらい。 利益目的じゃない。 前々から、妊娠中にお父さんが学ぶ機会をもつことが、すごく大事なキーになると思っていて、 政策として妊娠中の父親学級ないし両親学級の参加を義務付けてくれないかな、  そういうことが言えるようなデータを取れないかな、と考えていた。 そんなこんなして時間がかかる前に、 「助産師やお父さんお母さん色々な人と協力して、作っちゃえばいいじゃん!」 と思いついた。 スペインやイギリスで外国人のお父さんたちを見ているときに、日本のお父さんの関わり方のこの圧倒的な違いはなんだろうと、思う。 もちろん全員じゃないし、自分の偏見が入っていると自覚している。 それでも、 俺の子が産まれるぜ!という意気込み、 奥さんの妊婦健診にも当然のように一緒に行く、  両親学級にも参加する、  会陰マッサージも夫婦でやる(スペインで) 小学校にも幼稚園にももちろん送迎はやるぜ、  行事は参加するぜー という結構多くのお父さんたちの姿を見ていて、この違いはなんだろうと感じる。 もちろん、そういうことができる社会環境が整っているというのは非常に大きいけれど、(スペイン、一般的な男性の育児休暇3週間だそう) でも、それは文化が違うし、愛情表現の方法の違いかもしれないし、 そもそも全てを西洋のマネをすればいいってもんではないし、 日本人やめなくちゃいけない、ということを言いたいわけでもないし、 日本人の良さを生かしながらの父親、母親、夫婦というものを考えていけたらいいなあ。 妊娠中にお父さんたちが学ぶということは非常に大切だと思っているんだけど、 妊娠中に父親学級を受講することを義務化するというのは、無理やり参加したとしても意味がないのではないか。 だとしても、日本の今の働き方改革で、  残業時間を強制的に「減らせ」と義務化されないと、日本は減っていかないという日本の実態があり、 また義務化されていないと、周りの雰囲気を読んで行動が起こせないというところもあるのではないか、と。 あと、うちの旦那さんが、実際に参加した両親学級の内容で、覚えていたことは沐浴体験のみ。 パワーポイントで説明されたことは何も頭に残っとらんということ。 いかに自分事になって学ぶことができるのかということ。  男性の産後うつもあるということ。仕事も育児も、と背負い込ませるということは避けたいということ。 父親を責めるとか脅すとかの心があっての講座ではいけないということ。 例えば「お父さんがこういう風だとお母さんがこうなってしまいますよ」、という切り口では伝えたくないという事。 一番大事なのが、正解はなくて、夫婦で話し合っていくことをずっと続けていくんだという事。  だから、本当は、学びの中で、実際に夫婦で心と心が通い合いながら、 これから子どもが産まれるにあたっての変化について、対話をするというプログラムが盛り込まれればいいのだけれど、 そういうオンラインプログラム型でもいいし、 一方的に見るだけで終了するという両親学級の動画も作りたい。 それだけでも大きな一歩になると思うから。 多分、今現在に実はすでに存在していると思う。 また、色んな地域、色んな国で、どんな内容で両親学級が開かれているのか、と、その効果。 そういうのも調べたいと思う。 一緒につくる仲間が欲しいと思っています。 それやりたい!!!という方、ご連絡ください^^ こういうことを考えるきっかけをくださった 堀 恭平 (Kyohei Hori) さん、永山 優 (Yu Nagayama) さん 本当にありがとうございます!*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *世界のママが集まるオンラインカフェのひとつとして、オンライン母親学級毎月第一火曜日に開催します。次は9月3日。世界中の日本人の妊婦さん。ぜひご参加くださいね!無料です!メッセージください♡ ⇒ kumanako55★gmail.com(★を@に変えてくださいね!)

  • 31Aug
    • 言葉の習得~分からない、モヤモヤする、それこそが価値~

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちら昨日の多文化共生の対話会が終わりました。言葉は必要 VS 言葉は不必要2グループに分かれ、上の両方の立場を20分ずつとって、話してみるというワークをしました。参加者の皆さんに最後にいただいた感想です。.∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..言語があるからこそ分かり合えないこともある。 言語、感情も含めていかに伝えるか、伝えないか 正解はない、もやもや、成長。 白黒ではない。両方の面がある 自分はどうしたいのか。 お互いに分かろうと思う、その気持ちを学んでいく 分かろうとする想い 伝えようと思う気持ちを育てていく 多文化というものと同時に、自分の国、自分について考えていく 言語をツールとして歩み寄る、相手の気持ちを大切にする 相手のことを受け入れる、大切にする、知りたいと思うこと 両方の視点から見る 動機付けになる想い、言語化になる前の想い、自分の中の「したい」気持ちを自分の中で芽を摘まないようにしよう 自分がどうしたいのかを先に立ち、言語がそのためのツールになるのなら学ぶだろう 必ずしも言語が意思疎通のツールとはいえない どうしたいのかが先 どのくらいまで言語を深めるのか.∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..グローバル教育について。私が伝えたかったのは、26歳の時にアフリカの、セネガル・ガンビアへのスタディーツアーの引率者だった、辰野まどかさんの言葉でした。グローバル教育の仕事をガシガシされているので、グローバル教育って何だと思う?って去年聞いてみたのです。辰野まどかさん GIFThttps://j-gift.org/people/madoka-tatsuno/『世界とつながる前に、まずは自分のワクワクやもやもや、ドキドキと繋がろう』私はこの言葉にホッとする気持ちになりました。外国に住んでいて、いつも英語ができなくてごめんなさい、情けない、という想いがあるからです。自分はそういう風に思っているんだなって思う自分を認めているし、スペイン語しか話せないスペイン人の堂々とした様を見て、随分と変わりましたが、やっぱり一番大切にしたいことは、ここだと思いました。これとも同じだと感じています。世界が見えている人でありたい。これと同時に、今回強く言いたかったのは、「分からない、モヤモヤする、それこそが価値」ということ。なぜなら、グローバル教育とは何かという定義の中にも、.∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..このようにゆるやかに定義づけられるすべての教育領域と絶えずつながりを求めて生成変化する教育運動こそ、グローバル教育と呼ぶにふさわしいと考える。.∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..http://www.tokiwa.ac.jp/~oseki/Library/Thesis/Thesis_02.html考え続けて、変化していくことでよい、ということだと思いました。それは、学びはたのしい!にも書いたことの中で強く感じていました。「分からない、モヤモヤする、それこそが価値」毎日子どもを育てるお母さん。子どもに英語を学ばせた方がいいのかな。子どもに日本語を教えた方がいいのかな。この葛藤の中に日々生きている方もとても多いと感じます。昨日の朝、子どもに聞いたのです。英語も日本語もそれなりに話せるじゃない?それは良かったと思う?うーーん。。。。わかんない。ボクは外国に住んでいるから。。。ただそれだけのことで。他のことも話しましたが、子ども自身も、英語と日本語を学ぶことの意味を、とても迷っている、分からないのだと思いました。言いかえれば、その意義をちゃんと理解しているのだと思いました。だから、嫌だ嫌だといいながらも、しぶしぶ、やるんだと思いました。本当に嫌だったら、おそらく絶対に最後まで抵抗すると思うのです。うちの子の場合は。なんか、そんな感覚がしたのです。今朝話した限りでは。私は前のこのブログの中で、・自分の努力のおかげじゃないのに、外国に住めていて申し訳ない気持ちがあると書いたけれど、息子も言ってました。・ぼくの努力のおかげじゃないのに、外国に住んでいる、だから英語が話せるようになっただけのことで、、、、夫は多分こういう二極化した思いがあると予想しています。・俺のおかげで外国に住めている。多様な体験ができている。・俺のせいで、子どもの日本語力が落ちている。おれは日本人で、子どもも日本人で、外国人を育てたいわけじゃない。他のお母さんから話を聞きました。・私が国際結婚したせいで、子どもは英語も日本語も両方中途半端になるという状態になっている。・私が外国に行くという判断をしたせいで、子どもが多言語の中で苦しんでいる。みんな、私の努力のおかげじゃないのに、もしくは、私のせいで、って苦しんでいるんだな、、、、って思いました。国際結婚をしていて、外国に住んでいるお母さんからは、よくこんな言葉を聞きます。この子の日本語能力が足りなければ、将来子どもに伝えたい、深いことが出てきたときに、本当に伝えられるのだろうか?コミュニケーションができるのだろうか?私は言いました。「でもさ、でもさ、マンガとか、恋愛とか、そういう大好きな出会いがあれば、人って、一気に言葉を覚えるというか、そういうところがあるじゃない?だから、いかに、好きなことを見つけられるか、ワクワクできるか、好きだと思ったことにトライする力を持っているか、大事なのはそこだと思ってる」って私はおかあさんたちと話したんだけれど、私も日々そう思ってるんだけど。でもですね。「やっぱり、あのときは大変だったけど、勉強してよかったと思っている。あのとき、諦めずに教えてくれた両親には心から感謝してる」というバイリンガルの方の言葉を聞いたり、、「どうしてお母さん、日本語をもっと教えてくれなかったの?」という声も多いという言葉を聞くと、一気に心が揺れるわけです。これは苦しいですよ。日々、こんなことばかりです。(どうしてお母さん、日本語をもっと教えてくれなかったの?という言葉の先が、私はもっとあるだろうと思ってます。「でも、ぼくは/私は、納得してるよ!」とか、「感謝してるよ!」とか)・・・だけど、「分からない、モヤモヤする、それこそが価値」だと思います。私は将来どんなことを子どもに言われても、お母さんは、お母さんなりに、毎日一生懸命生きてたよ。って言うかな!一応お母さんなりに、あなたの将来について、私なりに、結構一生懸命、考えたよって。つけたし:これも対話会の中でお話ししました。日本は結構大きな国。小さな国、ではない。結構多文化かもよ?と。夫と国際結婚したと思えばまた見方が変わるかも。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *世界のママが集まるオンラインカフェのひとつとして、オンライン母親学級毎月第一火曜日に開催します。次は9月3日。世界中の日本人の妊婦さん。ぜひご参加くださいね!無料です!メッセージください♡ ⇒ kumanako55★gmail.com(★を@に変えてくださいね!)

  • 29Aug
    • 多文化共生の対話会を開くことの中での想い

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちら多文化共生の対話会が明日金曜日の21時からあります。詳細、申し込み方法は下にご紹介するとして、今回この対話会で、私が「グローバル教育について」最初に話すということについて。昨年にも、グローバル教育についてお話しする機会があったので、形となったパワーポイントは作ってありました。その中には、自分の家族がどの国に引っ越し(タイ5年、イギリス1年、スペイン2年半、イギリス4か月)言語を学び、日々暮らしたか。私なりにグローバル教育について語る形はできあがっていました。しかし!今回、この対話会の中でこのパワーポイントを使ってインスピレーショントークをすることに抵抗がありました。その理由を探っていくと、・私自身は努力していないのに、夫のおかげで海外に住むことができてしまっている、という引け目がある。・私自身は努力していないのに、子どもたちは海外に住むことによって、グローバル教育ができてしまっているという引け目がある。(言語の習得というより、色んな人がいるということを、子どもはアタマで分かるというより身体で分かっている)そしてここからだ。・海外に行ってから初めて、「日本にいるときの自分は、気づいていないことがあった」、ということに私自身は気づいてしまった。つまり日本でずっと暮らしている人は、「自分は気づいていない」ということにさえ、気づいていない人がけっこう多いのではないか?と考えるようになった。しかし、この考えをもつことができたのは、夫のおかげなのだ。「私は海外で暮らしたことがあるのよ」と優越感を持ちたいわけじゃない。「夫の駐在で海外に暮らしていた」ということを伝えると、「いいご身分ね」と悪口を言われるのではないかという不安がある。それは、例えば、海外で暮らしていた子どもが、日本に帰国してから、「すごーい、英語しゃべってーー!!!」と周りの子どもたちに言われて、言われるがままに英語を話したら、「アイツ自慢していていい気になってんじゃないの?」とシカトされる。そういうことに近いことが起こるのではないか?という恐れに似ていると思う。(本当にこういうことがあるのかどうかは、分からないですが)つまり。自分自身、努力していないのに夫のおかげで「イイ想いをしちゃった」と実際に私が思っている、自分は嫌な奴だという事。そういう事なんだと思う。自分って、嫌な奴だなって自分自身のことを想っているから、自分の想いを語れない、というところにいるのです。だから、私自身が思う、「グローバル教育とは何か」について、私の視点から話すことに抵抗があった。よし。明日私は嫌な奴になろう。嫌な奴と思われてもいい。それでも私は伝えたいことがある。がんばるぞーーここで付け足し1。やっぱりこういうことが言いたかったわけではない気もする。が、ともかく勇気がいるけどやってみる。付け足し2。駐在妻の苦しみは、駐在妻の人がいちばん分かっていると思う。(国とか個人の特性によって結局バラバラだとは思うけど)そんなの、なんだって、どんな分野だって、当たり前なことだけど、決して楽な道ではない、死にたいほど苦しむことがある、そんな人もいるということも言いたいということ。私はこのカレンダーがとても好き、言い聞かせている。==================【多文化共生についての対話会にきませんか?】◆日時:8/30(金) 21時~22時半◆ZOOM(オンラインにて)(お申し込み後に詳しくお知らせいたします)◆料金:無料★お申し込みはコチラから↓https://39auto.biz/kumaneko/touroku/thread283.htm西川直子より、「グローバル教育って?」というタイトルにてインスピレーショントークをさせていただきます。10歳と8歳の息子たちが、日本⇒タイ(5年)⇒イギリス(1年)⇒スペイン(2年半)⇒イギリス(3か月)と渡り歩いてきて、頭の中はいったいどうなっているのか?彼らと私の思いを題材にして対話とワークをしていきます。具体的には、言葉は不要 VS 言葉は必要という二つの見方をそれぞれ持って話すというワークをします。皆さんのご参加をお待ちしております。◆これまでの対話会の記録第1回目:栗崎由子さん「ヨーロッパ30年生活からみた多文化共生」https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2110083979079564&set=a.115832411838074&type=3&theater第2回目:福島毅さん「国境がなくなる日?」https://www.facebook.com/events/325857647946901/第3回目:大隅紀子さん「やさしいにほんご」https://www.facebook.com/naoko.nishikawa.969/posts/2172841932803768第4回目:オールライト・千栄美さん「ことばの認知から紐解く?共生と自他分離?」。https://www.facebook.com/events/2290297471224774/第5回目:ワールドカフェ形式での対話https://www.facebook.com/events/306278733593145/第6回目:鈴木千里さんより「対立と思い込みを越えてーー多文化共生への道」https://www.facebook.com/events/427544627843640/――――――――――多文化共生の対話会 運営者★栗崎由子(くりさき よしこ)Zoom革命エバンジェリスト欧州の国際機関や多国籍企業で30年間、230ヶ国以上を相手に国際ビジネス第一線を経験。どこでもたったひとりの日本人という環境に鍛えられ、数々の失敗から培った現場で使えるビジネス英語コミュニケーション力には、クライアントからの信頼が篤い。多文化共生社会をテーマとしたコンサルティング、研修、講演、執筆活動も目からウロコが落ちたと好評。2017年よりオンラインセミナー 地球市民塾を主宰している。日欧の違いをおもしろおかしく俯瞰する「30年ぶりに戻ったら」シリーズをブログで好評連載中。https://geneva-kurisaki.net/★西川直子より: 夫の駐在でタイ、イギリス、スペイン、イギリスと移り住む中で、日本の特殊性を感じます。「お母さん、なんでみんな日本語を話してるの?」と7歳の次男が私に聞いたように、日本に対しての「なんで?」がたくさん出てきました。「多文化共生」の社会にこれから変わっていくであろう日本。よりよい社会づくりについて、皆さんと考えたいと思っています。(助産師。夫の駐在で海外を引っ越ししながら、育児支援の活動に従事。2017年9月から無料でインターネット上でおしゃべりできる「世界のママが集まるオンラインカフェ」をスタート。『おしゃべりでママが元気に。ママが元気なら子どももハッピー』をモットーにコツコツ活動中。https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp )◆皆さんのご参加をお待ちしております!◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆この対話会は、Zoom革命共創サロン内のイベントですが、「多文化共生について、もっと皆で考えていきたい」「少しでも多くの方に参加していただきたい」「そしてより良い社会を共に創っていきたい」という気持ちがあり、サロン外の方もお誘いしております。録画をご覧になりたい方、さらにフェイスブックの中のコメントで対話を深めたい方、継続的に関わりたい方は、ぜひZOOM革命共創サロンにご入会下さい!★ZOOM革命共創サロンについてはこちらhttps://peraichi.com/landing_pages/view/zoomsalon★共創サロンへのお申し込みはこちら(1か月無料体験キャンペーン中)https://39auto.biz/kumaneko/touroku/thread275.htm今日学校二日目。次男が学校に行きたくないと言った。昨日はゲームばっかで楽しかったけど、どうせ今日から勉強でつまんないもん、と。「そっか、、お兄ちゃんは行くといっている。お母さんどうしたらいいかな、、」「僕を家に置いて学校に送ってくんじゃない?」「うーん、、、じゃあ、そうしようかな、、、」「そんなん、ダメにきまってるだろうー」(イギリスは11歳より下の子どもを家に残してはいけない)と準備し始めた。HSC,high sensitive children非常に敏感な子どもだと私は思う次男。靴下の履き心地にこだわる。触覚など感覚にすごく敏感。靴を何度も叩きながらやっと車に乗った。シートベルトの着け心地がどうしても嫌だと騒いでいる。シートベルトのせいで、ジャンパーがもこっと膨らむのが嫌だそうだ。(知るか!)シートベルトをつけないから、車の中でアラームがなる。シートベルトつける。すぐはずす。またアラームが鳴る。ということを15回くらい繰り返すうちに、だんだん笑えてきた。「シートベルトがどうしてもつけられないっていう大人にお母さん、昔会ったことがあるよ。警察がいそうなときだけ、シートベルトつけて運転してた。」そんな風に言ったら、子どもたちはホッとしたような雰囲気があった。シートベルトをつけなくてもいいって私は言いたいわけじゃない。「こんな自分でありたい」と思うのに、「どうしても自分はそんな自分になれない」という、苦しみ、痛みを、自分が小さい時にすごく感じていた気がする。その痛みを、分かってあげられる人になってほしい。そういう願いがある。そして、あなたもあなたのままでいい、って言いたい。子どもたちは学校に着いて、お友達に会った途端、「ママ、帰っていいよ」と追い返された。「嫌だ、ちょっと見たいもん」と離れてくっついていく。二人とも楽しそうに友達としゃべっていた。母親として、どうしたらいいのか、分からないし、全然上手にうまく言えない、って思う。いいお母さん像を求めている自分、そうなれないと凹む自分。そんな自分もまた認めながら、揺れまくりながら、今日も学校に行けた喜びに包まれて、家に帰りました。感謝。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *世界のママが集まるオンラインカフェのひとつとして、オンライン母親学級毎月第一火曜日に開催します。次は9月3日。世界中の日本人の妊婦さん。ぜひご参加くださいね!無料です!メッセージください♡ ⇒ kumanako55★gmail.com(★を@に変えてくださいね!)

  • 28Aug
    • 学びはたのしい!

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちらフェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらかなり久しぶりにブログを書きます!今日から子どもが学校に行った!この喜び!!!!もう、子どもには手がそれほどかからないのに、子どものことはとっても大好きなのに、離れられてものすごく嬉しい。この矛盾。大丈夫、きっと彼らもそう思っている。ブログ全然書いてないじゃんブログが書かれていないので元気なのかな?と思ってましたブログ見たよという声を聞いて、ブログをまた書くときが来たと思って今日からまた書いてみます。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *夏休み中、大人と話したのは旦那だけだったように思う。それでも全く枯渇感を感じなかったのは(おしゃべり大好き)ZOOMを使って話す機会が、めっちゃんこ多かったせい。自分が心の底からやりたいことは、世界のママが集まるオンラインカフェを開くこと。なんだけど、もうひとつ運営スタッフの一人としてやっているのが、ZOOM革命共創サロン。せかままCafe(世界のママが集まるオンラインカフェ)は自分がスタートしたものだし、自分のペースで進められるけれど、共創サロンは複数人でやっているものだから、スタッフとしてはやんなきゃ、と思ってやることも多い。したがって、共創サロンの中で、ZOOMを使って話す機会が多かった。だけれど、共創サロンは自分が作りたい世界に直結している活動だから、ものすごく面白いともいえる。この共創サロンが今すごく面白くなってきたゾ、と思えているのは、並行して60人くらいの方たちと自己組織化ラーニングファシリテーションの講座を今受講しているから。夏休み中だし、旅行も行くし忙しいし、講座を受けてもきっとあまり学びをゲットすることができないだろうから、やめようと思っていたけれど、尊敬する人たちが学びを止めていない姿を見て、私もやろうと思った。今回のブログは、今、その学びが面白い!!!!!!面白いぞ―――――!!!!という叫びでした。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *今日、その講座の課題の答えとして書き込んだことの一部を抜粋。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *・自分の願いに立ち返ること。・ありのままの自分であり続けること。それがあれば、小難しい理論なんていらないとも思う。今回そこに自分なりに気づくことができて、嬉しい。私はいつも、自然の木々を見て、心の中で木に話しかけたり、木が私に話しかけているようなことを想像してみたりすると、今ここにある自分、ありのままの自分に気が付けるような気がして、とても大きな勇気をもらう。ファシリテーターという存在を考えた時、そんな木のような存在でありたいと思った。私が木がいいなあって思うのは、いつも彼らは季節に合わせて変化しながらも、そこに静かにいてくれている。周りの雨や太陽や風の影響を受けながらも、木であり続けてくれていることの安心、うれしさ、尊敬。自分が自分のままであり続けること、自分らしさというものを探索し続けること、その歩みを止めなければ、それが木に近づくことの様であるように思うし、私の中での理想のファシリテーターになれる気がする。私の願いは、誰もがその人のままでいいんだと心から思うこと、自分は自分のままでいいんだと思える世界を作りたいこと。そして、今回の講座が終わって、自分らしさというものは「こうだ」と決定できるものではなくて、探索することをつづけていくということが大事なのかなということを今考えています。子どもの時にとても苦しかったこと、自分を否定していた痛みが私の中にあって、子どもには自分のままでいいんだと思えるような世界を作りたい。そして、助産師として、子どもがそんな風に思えるには、まずはお母さんたちが今のままの自分でいいんだと心から思えること。育児というものは、ものすごく日々矛盾を含みまくりの生活だと感じているのですが、その矛盾を解明しようと考え続けることを止めないでいようよ、ということ。妊娠中の、お父さん、お母さんに、どんな両親学級、母親学級ができたら、子どもが産まれてからの矛盾を楽しみながら、自分のままでいいんだと気づき続ける、勇気をもつことができる、そんな働きがけができるだろう。今そこのところを考えて実践してみたいです。子どもを送りに行った学校からの帰り道。公園の木々。今日から新しいクラス、新しい先生。先生と少し話した時に、日本人だけで固まるのを少し心配している、ということを話したら、先生も分かってると。(その先は聞き取れなかった)その直後に、子どもに言った。「学校ではない場所で、日本人が日本人だけで固まるのはいいと思う。おばちゃんたちもよく固まっているし、スペイン人もよくスペイン人だけで固まっている。だけれど、学校の中にいるときは、できるだけ固まらないようにするんだよ。日本人だけで固まっていたら、日本語を分からないお友達が話しかけにくく感じてしまう。」ということを話したら、「それは昨日僕たちで話したんだよ!日本人で遊ぶのは、誘われたときだけにしようって!」と彼らはもう自分たちで話をしていたらしい。へえ、すごいじゃない。^^*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *世界のママが集まるオンラインカフェのひとつとして、オンライン母親学級毎月第一火曜日に開催します。次は9月3日。世界中の日本人の妊婦さん。ぜひご参加くださいね!無料です!メッセージください♡ ⇒ kumanako55★gmail.com(★を@に変えてくださいね!)

  • 07Jul
    • ネット検索よりも話す、聞いてもらう体験をしよう

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちら世界のママが集まるオンラインカフェの日程はこちら (無料、お申し込み不要です)フェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらせかままへの元気が出るメールマガジンお申し込みはこちら先月、つくろう!日本のママが大笑う会!と称して、産後うつによる自殺を減らすために私たちに何ができるかという対話会を開催しました。2回開催しましたが、非常に学びが多かったですその中でも、私にとって一番印象的だったのは、「ネット検索よりも話す、聞いてもらう体験をしよう」ということでした。26年間、母乳110番など、母乳相談の活動を続けられている鈴木智子さんhttps://ameblo.jp/bonyu-kosodate/の言葉が私の心にすうっと入ってきました。皆さんにもぜひシェアさせていただきたいです。ママとして支援される方も、支援する方も、皆さんにとってとても素晴らしい言葉だと思いました。智子さんは、このようなことをおっしゃってくださいました。(以下、智子さんの許可を得て紹介させていただきます)*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ **・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *生きた人間に直接聞いてもらうというサポートを受けると、一緒に話をしている間に声が明るくなっていく、ということがよくあります。たとえ、結論や答えが出なくても元気が出ることが多いようです。お母さんが相談にいらっしゃったとき、いわゆる、インターネットのように、最初から最後まで全てをお伝えすることはあまりありません。その方が本当に欲しいと願っている情報をお伝えしています。その人に合う情報であることが大事です。また、1つのご質問に、なるべく複数の情報をお伝えしています。いくつかの選択肢から自分で選ぶことができると、より安心してもらえます。(答が1つだと、それができないと不安になってしまうかもしれないので)赤ちゃんとお母さんは千差万別です。ネットではそれを網羅していない。その記事を書いた人にとってはうまく行った方法でも、他の人には合わない、ということがたくさんあります。また、一方的な情報には、相談する人と、相談を受ける人との「やりとり」が省かれています。お母さんたちは、自分に合わない情報も受け取って、自信を失うことも多くあります。情報の迷子になることもあります。それから、相談をされていることとは違うことを、聞くことがあります。「お母さん、ご飯はちゃんと食べてる?」「どのくらい眠れてる?」そういう質問をすると、お母さんはしばらく考え込んで、「最近まともなご飯を食べていないかも」「最近ちゃんと寝れていないかも」と気づくこともあります。自分自身の身体や心を大切にすることによって、もともとの相談事が解決することも少なくありません。「赤ちゃんの状態はどうですか?」「よく声を出している?手足はバタバタとよく動かしている?目はキラキラしている?お肌の様子はどう?」そんな風に質問して、赤ちゃんの様子を一緒に確かめていくと「そっか、うちの子、大丈夫そうですね」と気づかれることもあります。「自分と子どもの様子を見るということ」が忘れられているのです。でも気づけば、赤ちゃんの様子を観察することができるようになります。直接、人に自分の話や気持ちを聞いてもらうことの大切さをもっと伝えていくことが必要です。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ **・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *私も、分からないことがあるとき、インターネットで調べます。だって早いし、誰にも迷惑かけないし、そこにたくさんたくさん、情報が足りていますから。だけれど、直接話すことの大切さも、もっと、知っていきましょう。広めていきましょう。出産後、色んな人の手を借りよう、と提案しているように、色んな人にもっと相談していきましょう。信頼のおけるカウンセラーにかかるということも、日本ではあまり浸透していませんが、アメリカのようにカウンセリングを受けるということが、もっと敷居の低いものになっていったらいいなと思います。(自分自身にもそう思っています)(前のブログを読んでいただけたらいいなと思います)そして、相談を受ける側にたったとき、どなたかから、質問や相談があったときには、その方の今の状態、これまでの過程、想いを確認し、大切にし、そして、その方を信頼する。それを大切にしていきたいと、智子さんの言葉を聞いて、心の中に情熱がわくのを、感じました。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *◆7月の世界のママが集まるオンラインカフェの予定7月9日(火)10時~13時は名古屋で初開催!ナマの「名古屋版!世界のママが集まるオンラインカフェ」を開催します^^愛知県にお住まいの方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しくださいね!詳細はこちらです☆https://peraichi.com/landing_pages/view/nagoyasekamama1イギリスからのお菓子と紅茶持っていきます♡★ZOOMのURL(クリックしてください)https://zoom.us/j/639078184①7月6日(土)AM4時~5時半 『今~私の~願い事が叶うならば~♪』 イギリスロンドン店(愛知から)終了②7月11日(木)PM12時半~14時 『夫に言われて嬉しかったこと』 埼玉小川町店③7月17日 (水) AM10時〜11時半 『褒める筋肉を鍛える』 クアラルンプール店④7月25日(木)PM12時半~14時 テーマしばしお待ちください☆ 埼玉小川町店⑤7月31日(水)AM10時~11時半 『子どものこんなところが困っています』 イギリスロンドン店⑤について:・1日に20回以上おっぱいを欲しがります。・野菜を食べません。・食べるのに1時間かかります。・22時過ぎまで起きています。・お友達の髪の毛をすぐに引っ張って泣かせます。などなどの子どもの困りごと、一緒におしゃべりしてヒントを得ませんか?もちろんこれまで私が見聞きしてきたたくさんのお母さんからのアドバイスや経験もお伝えします。(分からないことがあれば、調べます!)ご参加お待ちしています!☆☆☆参加方法☆☆☆全ての会が同じZOOMのURLです。★ZOOMのURL(クリックしてください)https://zoom.us/j/639078184🍀中止の場合もあります。せかままCafeのフェイスブックからご連絡いたします。🍀ただの「おしゃべり」です!🍀無料です。🍀時間になりましたらzoomアドレスをクリックしてつないでください。https://zoom.us/j/639078184🍀人数制限があります。人数に達し次第、それ以上人数が増えないようにcloseします。遅刻して参加したいです!という方は各店主か、kumanako55@gmail.comまでメッセージください^^🍀画面オフ、耳だけ参加もOKです!(不審な方は退出していただきます)🍀せかままCafeへの想いはこちらをご覧ください。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12314280399.html🍀使い方について分からない方へ関連する内容です。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12343855357.htmlhttps://youtu.be/VsUjSKcyL1E🍀zoom革命のサイトも分かりやすいです。https://zoom-japan.net/manual/*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *

  • 06Jul
    • 相談することの敷居の高さ

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちら世界のママが集まるオンラインカフェの日程はこちら (無料、お申し込み不要です)フェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらせかままへの元気が出るメールマガジンお申し込みはこちらフェイスブックより~そういえば、まさにそうだったと思いだしての投稿。8歳になった下の子の癇癪、思い通りにならなかった時の怒り方が、モノを投げたりして度を過ぎている、ということにはずっと悩んでいる。その時その時で状況も変わり引っ越しもしているので、詳しくは割愛するけれども、学校に必ずいるであろうスクールカウンセラーに相談しようと思ったのは6月に入ったころだったと思う。夫も助けてくれていたけれど、学校の力も借りたいと思ったくらい、自分自身が追い詰められた瞬間があったということ。誰の助けも借りたくない、私が悪いんだと、殻に閉じこもった時もあって、その後に、少し元気が出てから、下の子を実際に見ている大人にもっと相談しようと思った。今、この瞬間に毎日下の子を見ている大人に。5月から引っ越しで新しい学校に通っているけれど、9月から新学期が始まってから、担任の先生はなんと4人目だそう。だから、先生自身、学校の仕組みが分かっていないのだと思うけれど、学校から支給される体操服を何度か申請したけれどついに渡されなかった(上の子は担任の先生からすぐに頂いた)。なので、なんとなく、担任の先生には信頼が少しだけおけなくて、夫と共に面談にも行ったけれど、担任の先生はもちろん、スクールカウンセラーとも話したいと思った。下の子が手をつけられないくらいに、怒っている映像を撮っていた。だけれど、それを担任の先生やスクールカウンセラーに見せるのは抵抗があった。・問題児、とマークされたらどうしよう。マークしてほしいわけではない。少なくとも、私にとってはこの子は問題児ではない。ひとりの大切なかわいい私の子どもだ。・このお母さん、問題母、とマークされたらどうしよう。もっとも恐れているのはそこだと思う。だけれども、担任の先生が、ご両親がこういうことを言っていると、スクールカウンセラーにメールをしてくれて(cc:に私も夫も入っている)、そしてスクールカウンセラーから次男にある日お話があった。スクールカウンセラーからのメールと、話を聞いた次男からの話を聞いて、「このスクールカウンセラーなら相談してもいい」と思えた。この、「思えた」のが、すごく大事だった。メールは心のこもったとても誠実な内容であったし、次男の反応を見ていても、とても良い話し方を受けたと感じた。その後に、やっぱり英語でもいい、直接、スクールカウンセラーと話したい、実際の映像を見せて、私はどうすればいいのか、指針が欲しい、助けてほしい、と感じて、行動にうつしたのはそのすぐ後だった。その結果はまた置いておくとして(相談してよかった)「相談しよう」と思えたのは、この人なら相談できそう、と思ったから。そう思えたのは、真摯なメールで、その内容に私が納得がいったから。「相談する」ことの敷居の高さと、実際に相談することの過程を身に染みた経験だった。私自身、相談してね、とよく周りに言っているけれど、なかなか情けない結果になることもある。相談してよかったと言われることもある。話すことって、難しいんだな。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *◆7月の世界のママが集まるオンラインカフェの予定7月9日(火)10時~13時は名古屋で初開催!ナマの「名古屋版!世界のママが集まるオンラインカフェ」を開催します^^愛知県にお住まいの方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しくださいね!詳細はこちらです☆https://peraichi.com/landing_pages/view/nagoyasekamama1イギリスからのお菓子と紅茶持っていきます♡★ZOOMのURL(クリックしてください)https://zoom.us/j/639078184①7月6日(土)AM4時~5時半 『今~私の~願い事が叶うならば~♪』 イギリスロンドン店(愛知から)②7月11日(木)PM12時半~14時 『夫に言われて嬉しかったこと』 埼玉小川町店③7月17日 (水) AM10時〜11時半 『褒める筋肉を鍛える』 クアラルンプール店④7月25日(木)PM12時半~14時 テーマしばしお待ちください☆ 埼玉小川町店⑤7月31日(水)AM10時~11時半 『子どものこんなところが困っています』 イギリスロンドン店①について:ある日車を運転していたら、突然頭の中で「翼をください」の歌が流れてきました。皆さんもぜひ歌ってみてください♪それでどんなことがパッと思い浮かぶか、結構まじめに喋ってみませんか?(´▽`)その時の私は「1日中1人で本読んでたい」 でした。ご参加お待ちしています!⑤について:・1日に20回以上おっぱいを欲しがります。・野菜を食べません。・食べるのに1時間かかります。・22時過ぎまで起きています。・お友達の髪の毛をすぐに引っ張って泣かせます。などなどの子どもの困りごと、一緒におしゃべりしてヒントを得ませんか?もちろんこれまで私が見聞きしてきたたくさんのお母さんからのアドバイスや経験もお伝えします。(分からないことがあれば、調べます!)ご参加お待ちしています!☆☆☆参加方法☆☆☆全ての会が同じZOOMのURLです。★ZOOMのURL(クリックしてください)https://zoom.us/j/639078184🍀中止の場合もあります。せかままCafeのフェイスブックからご連絡いたします。🍀ただの「おしゃべり」です!🍀無料です。🍀時間になりましたらzoomアドレスをクリックしてつないでください。https://zoom.us/j/639078184🍀人数制限があります。人数に達し次第、それ以上人数が増えないようにcloseします。遅刻して参加したいです!という方は各店主か、kumanako55@gmail.comまでメッセージください^^🍀画面オフ、耳だけ参加もOKです!(不審な方は退出していただきます)🍀せかままCafeへの想いはこちらをご覧ください。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12314280399.html🍀使い方について分からない方へ関連する内容です。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12343855357.htmlhttps://youtu.be/VsUjSKcyL1E🍀zoom革命のサイトも分かりやすいです。https://zoom-japan.net/manual/*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *

  • 04Jul
    • 7月の世界のママが集まるオンラインカフェの予定

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちら世界のママが集まるオンラインカフェの日程はこちら (無料、お申し込み不要です)フェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらせかままへの元気が出るメールマガジンお申し込みはこちら今回は先ほど送った、せかままCafeからの元気が出るメールマガジンの内容から送ります。(現在309名の方にお送りしています)【第83号】一時帰国中の愛知からいつもメールレターを読んでくださる皆さまへ今回もご覧いただきありがとうございます!6月30日から日本に一時帰国しており、火曜日から子どもたちは日本の小学校に通い始めました。子どもたちが通う学校は、私の母校でもありますが、1学年に1クラスしかなく(私の頃は6クラスありました)、また各クラスに海外のお子ちゃんがいる、という学校なので、あまり浮くことなく、去年、おととしに引き続き楽しく通い始めてホッとしたところです。(愛知県は外国人数が日本の中で東京に次いで第2位だそうです)(https://www.pref.aichi.jp/soshiki/toukei/0000078212.html によると、ブラジル、中国、フィリピン、韓国、 ベトナムからの方が多いそうです)いつもこのメールレターを書くときには、何か気の利いたイイコトを書きたいなあと思うのですが、今回は特にないかなあとションボリする気持ちがあります。5月8日にスペインからイギリスに引っ越しましたが、5,6月はよくよく次男のことで悩みました。もともと、感情の起伏が激しかったり、思い通りにならなかった時に手をつけられないくらいにモノを投げて怒ることなど、次男についてはアタマを抱えたくなることもありました(& あります)。母親として私のせいだと自分を責めたり、消えたくなる想いも感じたりしながら、なんとか床を這うような思いをしながら過ごしたこともありました。ひたすら自分の殻に閉じこもったり、逆に「たすけてー」と相談したこともあったりして、私自身、そんなことをしながら過ごす毎日なので、あんまりイイコトも書けないなあ~と思ったりするのですが、まあいいか!、と思っています。やっぱり生きているだけで100点満点ではないですか。特に、赤ちゃんが生きているだけで、お母さんは100点満点💯だなあと本当に思います。思いませんか?だって、赤ちゃんは一人で生きていけません。お母さんが、オムツを替えて、おっぱいやミルクをあげて、何もかものお世話をしなければ、絶対に生きていかれないはずです。だから、お母さんってすごいことをしているって思うけれど、自分を含め、多くのお母さんは、おっぱいがうまく出なかったり、「思い描いていたのと違う」という事になると、すごく自分を責めます。おっぱいが出ないと悲しむお母さんがいたら、最近はこのサイトを紹介します。とても素敵なことが書かれているので、ぜひ読んでみてください💕http://ure.pia.co.jp/articles/-/419730?page=3自分を責めているどこかのお母さんも、私も、みんな一生懸命で、ひたすらに愛おしい存在だなって思うし、ギャーギャービービー怒っているわが家の次男くんも、色々大変そうだけれども、とりあえずは一生懸命で、元気に生きてくれている。それだけで、もう嬉しいことだなあ~と思ったら、やっぱりあんまりイイことが書けないなと思っていたんです。。。。。。。っていいながらここまで書けました。(笑)色々な活動をする前に、もっと母親として他にやることもあるんじゃない?って思う自分もいて、それもよく分かっているけれど、でも私みたいな人がいてもイイじゃないですか。と思っています。自分が元気でいるために、せかままCafeは私にとってとても大切な場所なので、これからも続けていこうと思っています。「おしゃべり」はやっぱり最強の力を持っている。これは、「日本のママが大笑う会」と称して、産後うつによる自殺を減らすために私たちができることはなにか?という対話会を先月2回開いたのですが、その中で、「ネットで調べるのもいいけれど、誰かに聞いてもらうことの必要性をもっと伝えられるといいね」、という話題が出たことからも、やはりそう思いました。ぜひ7月の世界のママが集まるオンラインカフェへいらっしゃってくださいね♡また、7月9日(火)10時~13時は名古屋で初開催!ナマの「名古屋版!世界のママが集まるオンラインカフェ」を開催します^^愛知県にお住まいの方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しくださいね!詳細はこちらです☆https://peraichi.com/landing_pages/view/nagoyasekamama1イギリスからのお菓子と紅茶持っていきます♡*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *◆7月の世界のママが集まるオンラインカフェの予定★ZOOMのURL(クリックしてください)https://zoom.us/j/639078184①7月6日(土)AM4時~5時半 『今~私の~願い事が叶うならば~♪』 イギリスロンドン店(愛知から)②7月11日(木)PM12時半~14時 『夫に言われて嬉しかったこと』 埼玉小川町店③7月17日 (水) AM10時〜11時半 『褒める筋肉を鍛える』 クアラルンプール店④7月25日(木)PM12時半~14時 テーマしばしお待ちください☆ 埼玉小川町店⑤7月31日(水)AM10時~11時半 『子どものこんなところが困っています』 イギリスロンドン店①について:ある日車を運転していたら、突然頭の中で「翼をください」の歌が流れてきました。皆さんもぜひ歌ってみてください♪それでどんなことがパッと思い浮かぶか、結構まじめに喋ってみませんか?(´▽`)その時の私は「1日中1人で本読んでたい」 でした。ご参加お待ちしています!⑤について:・1日に20回以上おっぱいを欲しがります。・野菜を食べません。・食べるのに1時間かかります。・22時過ぎまで起きています。・お友達の髪の毛をすぐに引っ張って泣かせます。などなどの子どもの困りごと、一緒におしゃべりしてヒントを得ませんか?もちろんこれまで私が見聞きしてきたたくさんのお母さんからのアドバイスや経験もお伝えします。(分からないことがあれば、調べます!)ご参加お待ちしています!☆☆☆参加方法☆☆☆全ての会が同じZOOMのURLです。★ZOOMのURL(クリックしてください)https://zoom.us/j/639078184🍀中止の場合もあります。せかままCafeのフェイスブックからご連絡いたします。🍀ただの「おしゃべり」です!🍀無料です。🍀時間になりましたらzoomアドレスをクリックしてつないでください。https://zoom.us/j/639078184🍀人数制限があります。人数に達し次第、それ以上人数が増えないようにcloseします。遅刻して参加したいです!という方は各店主か、kumanako55@gmail.comまでメッセージください^^🍀画面オフ、耳だけ参加もOKです!(不審な方は退出していただきます)🍀せかままCafeへの想いはこちらをご覧ください。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12314280399.html🍀使い方について分からない方へ関連する内容です。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12343855357.htmlhttps://youtu.be/VsUjSKcyL1E🍀zoom革命のサイトも分かりやすいです。https://zoom-japan.net/manual/*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *質問、感想など、いつでもお待ちしております!ここまでお読みいただき、ありがとうございました。(*^_^*)心からお礼の気持ちをこめて。

  • 17Jun
    • 「つくろう、日本のママが大笑う会!」

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちら世界のママが集まるオンラインカフェの日程はこちら (無料、お申し込み不要です)フェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらせかままへの元気が出るメールマガジンお申し込みはこちら゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・(前のページの続きはまた、次に書きます!)【日本で産後うつによる自殺を少なくするために、私たちができることはなんだろう?】「つくろう、日本のママが大笑う会!」と題して一緒にまずは対話しませんか?日本時間の18日(火)のAM11時~13時と、20日(木)のPM21時~23時https://zoom.us/j/595253220どちらか参加しやすい時間帯でご参加ください☆もちろんどちらも参加という方も大歓迎!26年間、母乳110番を含め母乳育児支援活動を続けていらっしゃるすずきともこさんhttps://ameblo.jp/bonyu-kosodate/が、『現代のお母さんたちは情報がたくさんあるから楽になっているかと思いきや、なんだか辛そうなお母さんが増えてきたように感じる』とおっしゃっていました。それはどうして?情報はたくさんあるのに、サポートやサービスはたくさんあるのに、どうして苦しいの?西川より今回の対話会を開こうと思ったきっかけの話(この詳細の最後に書きます)⇓途中、4人ずつくらいの小グループに分けて対話⇓その後にグループごとでどんな話題が出たか皆さんで共有そんな流れで、まずは対話をしませんか?皆さんのご参加を心からお待ちしています!ロンドン在住 西川直子 助産師(日本のみ)世界のママが集まるオンラインカフェ運営https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehpZOOMの使い方はこちらをご参照してみてください。https://zoom-japan.net/manual/もしくは西川までメッセージください~。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・ *西川より今回の対話会を開こうと思ったきっかけの話先日、世界のママが集まるオンラインカフェの中のイベントで、オンライン版子育て支援センターを開催しました。その中ですずきともこさんをはじめ、8人でどうやったら日本で産後うつによる自殺が減らせるんだろうという話を2時間続けました。その後様々なアイディアが出ると同時に、もっと色々な立場の方とお話しをしたいという想いが湧きました。秋にもあらためて開催する予定ですが、この機会に、さらに様々な方とお話しができたらとても嬉しいです。☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡世界のママが集まるオンラインカフェぜひいらしてくださいね!★ZOOMのURL(クリックしてください)https://zoom.us/j/639078184①6月13日(木)せかままCafe版子育て支援センター 12時~14時、18時~20時、21時~23時(イギリスロンドン店)②6月18日(火)25時半〜 夏休みの過ごし方 (カナダ店)③6月19日(水)18時~オンライン母親学級 (イギリスロンドン店)④6月25日(火)5時〜 ブッククラブ(読書会) (カナダ店)⑤6月22日(土)21時半~ 壁を越える (東京ねりま店)☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡詳細は前のページの最後へ★

  • 15Jun
    • 長いトンネルから抜けたような気持ち

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちら世界のママが集まるオンラインカフェの日程はこちら (無料、お申し込み不要です)フェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらせかままへの元気が出るメールマガジンお申し込みはこちら゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・5月8日にスペインからイギリスに引っ越しました。オンラインの活動世界のママが集まるオンラインカフェZOOM革命共創サロンはお休みしていました。世界のママが集まるオンラインカフェは、自分が立ち上げたものなので、自分のペースでできるという想いがありますが、ZOOM革命共創サロンは、みんなでやっているもので、私も後から入れていただいたものなので、責任感がありました。だから、5月末には活動を再開しました。イギリスの月に1回の助産師のボランティアも行ったし、月に1回の他のオンラインの活動も継続したし、今どうしても、今しか会えない!!という人には会いに行ったし、子どもの新しい学校のイベントも出たり、色々な雑務をこなしました。そんな自分は、やりたいことだけを厳選して、やりたいからやっているんだということを意識して、できるだけ無理をしない。少しずつやるんだ、と思っていても、家が片付かない。生活が立ち上がらない。というストレスは予想した以上のものだった。目の前に片づけなくてはいけない荷物があるのに、身体は疲れて寝てばかり。ついには頭痛と腰痛で鎮痛剤に頼らざるを得ない日も続きました。しかし、昨日、一気に片づけました!やってしまえば1時間で終わった(TT)だけど、これが、どうしてもどうしても、できなかった。どうしようもなく、追い詰められて、できないことって、ある。身体が痛くて、固くて、呼吸も浅かったし、甘いものをたくさん食べた。そんな状態から抜け出せたのは、13日に開催した、せかままCafe版子育て支援センターのおかげだったと思います。そんな状態で、せかままCafeを開かなくても、と自分でツッコんだけれど、どうしても開催したかった。開催したら、たくさんたくさん、おしゃべりをしました。またもや、自ら開いたせかままCafeに集まってくれた方のおかげで、いちばんに元気をいただいてしまった。私にとって、誰かとのつながりによって、いただくパワーほど、大きくて、エネルギーのあふれたものはありません。生きていて良かった。なぜこんなに調子が悪かったのかという理由は他にも2個あるので、次に書きます。☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡世界のママが集まるオンラインカフェぜひいらしてくださいね!★ZOOMのURL(クリックしてください)https://zoom.us/j/639078184①6月13日(木)せかままCafe版子育て支援センター 12時~14時、18時~20時、21時~23時(イギリスロンドン店)②6月18日(火)25時半〜 夏休みの過ごし方 (カナダ店)③6月19日(水)18時~オンライン母親学級 (イギリスロンドン店)④6月25日(火)5時〜 ブッククラブ(読書会) (カナダ店)⑤6月22日(土)21時半~ 壁を越える (東京ねりま店)☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡①6月13日(木)せかままCafe版子育て支援センター 12時~14時、18時~20時、21時~23時(イギリスロンドン店)せかままCafe版子育て支援センターについてのご案内☆妊婦さんも、おばあちゃんも^^ もちろんパパさんもどうぞ!子育て支援センターに行くような、児童館に行くような感じで、ふらりと私とおしゃべりしにいらしてください^^(母乳相談もどうぞ!)私も自宅で児童館を開いているような思いで、お茶とお菓子を用意して地べたに座ってお待ちしています♡10分とかでも良いですよ~③6月19日(水)18時~オンライン母親学級 (イギリスロンドン店)のご案内分娩の流れと、出産後の夫婦関係の変化についてお話しします。妊婦さんや、産後間もない先輩ママさんのご参加を、大大大大募集しています。⑤6月22日(土)21時半~ 壁を越える (東京ねりま店)平岩由子さんが店主です^^今回のテーマは「壁を越える」です。前回「小1の壁」をテーマに開催してほしいとリクエストをいただきました。「小1」に限らず、子育てをしていく中で壁は何度も現れ、その壁を乗り越えていくことで親も子も成長していきます。今、目の前にはどんな壁がありますか?今までどんな壁を乗り越えてきましたか?お喋りする中で壁を超えるヒントがみつかるかもしれません。また過去に乗り越えてきた壁を思い出すことで自信がよみがえってくるかもしれません。壁を越えることが楽しくなるような、そんな時間になったらいいな、と思っています。◇*゚*:;;:*◆*:;;:*゚*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*゚*:;;:ZOOMでの世界のママが集まるオンラインカフェへ参加の注意点🍀中止の場合もあります。せかままCafeのフェイスブックからご連絡いたします。🍀ただの「おしゃべり」です!🍀無料です。🍀時間になりましたらzoomアドレスをクリックしてつないでください。https://zoom.us/j/639078184🍀人数制限があります。人数に達し次第、それ以上人数が増えないようにcloseします。遅刻して参加したいです!という方は各店主か、kumanako55@gmail.comまでメッセージください^^🍀画面オフ、耳だけ参加もOKです!(不審な方は退出していただきます)🍀せかままCafeへの想いはこちらをご覧ください。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12314280399.html🍀使い方について分からない方へ、関連する内容です。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12343855357.htmlhttps://youtu.be/VsUjSKcyL1E🍀zoom革命のサイトも分かりやすいです。https://zoom-japan.net/manual/◇*゚*:;;:*◆*:;;:*゚*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*゚*:;;:

    • お産を語る

      いつもブログをご覧いただきどうもありがとうございますロンドンの育児がけっこうニガテな助産師の西川直子です。プロフィールはこちら世界のママが集まるオンラインカフェの日程はこちら (無料、お申し込み不要です)フェイスブックグループ「世界のママが集まるオンラインカフェ」はこちらこちらせかままへの元気が出るメールマガジンお申し込みはこちらお産を語る。ちょっと前ですが(いや大分か)オーストラリア在住の助産師のなほみさんからご招待していただき、お話をしました!ーーーーーーーーーーーーhttps://youtu.be/jCh-O8uZGfI←ぜひご覧ください♡【どんな出産がしたいか?をワクワク前向きに具体的に考える!】海外プレママコミュニティ Colorful Birth Storieshttps://www.facebook.com/groups/colorfulbirthstories/を運営していらっしゃる、オーストラリア在住の助産師の Nahomi さんに私の出産体験を聞いていただきました。とても良い時間でした。私が助産師になったのは、【出産体験の振り返り】を専門に研究していらっしゃる、群馬大学の常盤先生の母性看護学の授業を聞いたからでした。自分の出産体験が、どんな風だったか、ストーリーにすることができて、そして納得した時もしくは、ストーリーにすることができなくて、納得しない時、その後の長い、長い育児は、変わっていくんだよという話を聞きました。私の場合は、出産体験はストーリーにできて、納得できるものですが、その後に、母乳が出なかったことや、自分が「いいお母さんになれない」と自分を責めたことは、今でもその傷は、チクリと疼くし、その傷を埋めるべく、今の活動もしている面もあるのだろうと自覚しています。そして、自分がどんな風に、赤ちゃんを迎えたいか、「自分なりに(←ココ大事)できるだけのことは、やった」と、納得して、出産に、臨むのと、臨まないのとで、出産体験は変わってくると感じています。そして、「どんな風に、赤ちゃんを迎えたいかを考えること」を、多くの助産師さんはぜひ助けたいと、思っていると思います。その活動を、していらっしゃるのがなほみさんですね!ぜひみなさん、なほみさんが繰り広げる、海外プレママコミュニティ Colorful Birth Storieshttps://www.facebook.com/groups/colorfulbirthstories/をのぞいてみてください。(*^_^*)そしてこのイベントにもぜひピンと来た方はご参加してみてくださいね♡ーーーーーーーーーhttps://www.facebook.com/nahomi.matsuyoshi/videos/10205978905108445/よかったら見てみてください💕世界のママが集まるオンラインカフェ 予定★ZOOMのアドレスhttps://zoom.us/j/639078184★テーマに関係なくてもぜひ参加してくださいね!!!☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡①6月13日(木)せかままCafe版子育て支援センター 12時~14時、18時~20時、21時~23時(イギリスロンドン店)②6月18日(火)25時半〜 夏休みの過ごし方 (カナダ店)③6月19日(水)18時~オンライン母親学級 (イギリスロンドン店)④6月25日(火)5時〜 ブッククラブ(読書会) (カナダ店)⑤6月22日(土)21時半~ 壁を越える (東京ねりま店)☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡①6月13日(木)せかままCafe版子育て支援センター 12時~14時、18時~20時、21時~23時(イギリスロンドン店)せかままCafe版子育て支援センターについてのご案内☆妊婦さんも、おばあちゃんも^^ もちろんパパさんもどうぞ!子育て支援センターに行くような、児童館に行くような感じで、ふらりと私とおしゃべりしにいらしてください^^(母乳相談もどうぞ!)私も自宅で児童館を開いているような思いで、お茶とお菓子を用意して地べたに座ってお待ちしています♡10分とかでも良いですよ~③6月19日(水)18時~オンライン母親学級 (イギリスロンドン店)のご案内分娩の流れと、出産後の夫婦関係の変化についてお話しします。妊婦さんや、産後間もない先輩ママさんのご参加を、大大大大募集しています。⑤6月22日(土)21時半~ 壁を越える (東京ねりま店)平岩由子さんが店主です^^今回のテーマは「壁を越える」です。前回「小1の壁」をテーマに開催してほしいとリクエストをいただきました。「小1」に限らず、子育てをしていく中で壁は何度も現れ、その壁を乗り越えていくことで親も子も成長していきます。今、目の前にはどんな壁がありますか?今までどんな壁を乗り越えてきましたか?お喋りする中で壁を超えるヒントがみつかるかもしれません。また過去に乗り越えてきた壁を思い出すことで自信がよみがえってくるかもしれません。壁を越えることが楽しくなるような、そんな時間になったらいいな、と思っています。◇*゚*:;;:*◆*:;;:*゚*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*゚*:;;:ZOOMでの世界のママが集まるオンラインカフェへ参加の注意点中止の場合もあります。せかままCafeのフェイスブックからご連絡いたします。ただの「おしゃべり」です!無料です。時間になりましたらzoomアドレスをクリックしてつないでください。https://zoom.us/j/639078184人数制限があります。人数に達し次第、それ以上人数が増えないようにcloseします。遅刻して参加したいです!という方は各店主か、kumanako55@gmail.comまでメッセージください^^画面オフ、耳だけ参加もOKです!(不審な方は退出していただきます)せかままCafeへの想いはこちらをご覧ください。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12314280399.html使い方について分からない方へ、関連する内容です。https://ameblo.jp/madrid-jyosansi-naoko/entry-12343855357.htmlhttps://youtu.be/VsUjSKcyL1Ezoom革命のサイトも分かりやすいです。https://zoom-japan.net/manual/◇*゚*:;;:*◆*:;;:*゚*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*゚*:;;: