一級建築士の間取り相談室

一級建築士の間取り相談室

人生で二度とない家造りを、少しでも後悔のない夢のマイホームの実現へ、

はじめまして。


訪問ありがとうございます。




当サイトでは、皆様の家造りを少しでも後悔の少ないものにするために、


間取りを含めた様々な相談にお答えさせて頂きます。




時間のある方は私の自己紹介を読んで頂ければ幸いです。


自己紹介のページへ




・ハウスメーカからの間取りが提出されたが、これで問題ないのか不安あせる


・間取りに不満点があるが、メーカに相談してもなかなか改善してくれないあせる


・数社から間取りの提案を受けたが、それぞれの間取りの


 メリット、デメリットを客観的な視点で見て欲しいあせる


・親戚に大工さんがいるため、なかなか他のメーカや設計事務所に相談しづらいあせる




上記の様にお困りの方はたくさんみえると思います。




一度下記メールアドレスまでご相談ください。


senpaiii0331@gmail.com




相談メールについての詳細はこちら
のページへ。


相談メールを送って頂く際のアドバイスはこちら
のページへ。




料金はメール2往復につき5000円を頂きますが、後払いでも結構です。


返信は一週間以内を原則とします。


お急ぎの場合は有料で対応させて頂きますので、


携帯電話や携帯メールアドレスを記載頂くことをお薦めします。


多くの方にとっては人生に二度とない高額のお買い物となります。


相談頂いた以上の有意義な内容を返信させて頂きますので、是非連絡をお待ちしております。




また、このサイトでは随時住まい造りの情報を更新していきますので、


時間がある方は是非ご覧頂ければと思います。




それでは、皆様にとって家造りが充実したものとなりますように。

窓に追加設置できる商品もご紹介しておきます。

 

・雨戸

窓枠の左右の外部側に戸袋を設置し、そこから扉を引き出して窓を隠す商品です。

かつては台風などの際に近隣から物が飛んできたり

古いサッシだと雨が家の中に侵入してきたりといったことがあったため、

大きな窓には雨戸を設置する住宅が多く見られました。

しかし近年はそういったリスクも少なく、

防犯ガラスを利用して防犯性能を高めるかわりに

雨戸やシャッターを設ける住宅は減ってきています。

特に雨戸には戸袋が付き現代のモダンな住宅とは

見た目のバランスが合わないため、

和風の住宅ぐらいでしか見かけることは無くなってきました。

かつての雨戸は木製でしたが現在はアルミ製が一般的です。

 

 

・シャッター

窓枠の上部の外部側にボックスを設置し、そこから降ろして利用する形状が一般的です。

前述の通り以前と比べると雨戸やシャッターの設置比率は減ってきたものの、

やはり防災や防犯が気になる方はこれらを検討されます。

雨戸に比べると外部がすっきりとしているため、

両者であればシャッターを選択される割合が圧倒的に多くなっています。

 

シャッターには手動と電動の選択肢があります。

手動シャッターは開閉時に窓を一度開ける必要があるのに対し

電動シャッターは室内から操作できるというメリットがありますが、

同じ大きさであれば電動シャッターは手動シャッターの倍近くの費用がかかるため

毎日開閉するのでなければ手動シャッターの選択が現実的かもしれません。

また、シャッターを閉めた時にも風通しを確保できるような

スリット付きのシャッターなども各メーカから商品化されています。

 

 

・面格子

キッチンや浴室などの水廻りは建物の裏側に回ることが多く

道路から死角になりやすいことから、

大きな窓だけではなくこういった小さい窓にも防犯に対する配慮が必要となります。

建物の裏側で外観が気にならない部分は

窓の前に面格子を取り付ける方も多く見えます。

格子の形状は縦型、横型、井型などたくさんありますが、

機能的にはほとんど変わらないと思います。

サッシの外部に後付けで設置することもできますが

後付けタイプだとビス孔が外部から見えてしまう形状がほとんどで

防犯性には少し劣るため、

せっかく設置するのであれば新築時にサッシ一体型を設置したい所です。

 

防犯ガラスやシャッターと異なり窓を開けた状態でも機能を有し、

比較的安価なため前述した通り水廻りの窓に人気の商品ではありますが、

アルミ製の面格子はバールなどで比較的容易にこじ開けることできるため

過剰に防犯性に期待しすぎるのは危険な商品ではあることも

頭に入れておきたいところです。