縁切り神社~願いの力@安井金比羅宮 | 観音様とのお約束、高津天心ブログ

観音様とのお約束、高津天心ブログ

な~んの縁か、江戸川の地で観音様から光を当てていただけるようになりました。
少しでも神様のお役に立てるように、自分が日々感じた事を文章にしてみようと
思いました。
高津理絵さんから公認された御心カウンセラーです。


テーマ:
これ
なんに使うか分かりますか?
形代(かたしろ)
といいます。

伏見稲荷から東京に帰る前に、
せっかく京都まで来たんだから
もう一社くらい見たいと思い、最初は
晴明神社に行こうって思ったり
したんですが、な~んか呼ばれている
方角が違うような・・・
伏見稲荷に行ったお前が何しに
ここに来るんだ?って晴明様に
思われたのかも知れませんね。
😅
そんなんで、行く先をもう一社
京都入りする前から気になっていた
神社に向かうことにしました。

京都駅からバスで十五分くらいかな、
神社の手前でバスを降ります。

ここが⭐安井金比羅宮⭐

鳥居の先に進んでいくと、何やら
人が大勢並んでいます。
皆さん片手に白いお札を持っています。
用意されたテントの中でそのお札に
何を書こうか悩んでいる人も・・・
ここは悪縁をたちきって良縁を
結んでくれるという評判高い神社
なのです。
にしても、この列!
😱😅😄
縁切りといえば

板橋区の縁切榎
新宿四ッ谷の於岩稲荷田宮神社
      於岩稲荷陽運寺
赤坂の豊川稲荷東京別院の叶稲荷尊天
新宿余町の抜き弁天厳島神社
埼玉県鴻巣市の鴻神社の三狐稲荷
茨城県稲敷市の大杉神社

と、今まで巡ってきた私ですが、
こんな列をなしているところは
初めてでした。

ここは外国人観光客の姿はほとんど
なく、日本人女性がほとんどでした。

それほどの効果があるってことの
証しなのでしょうかね・・・

形代の説明書きが置かれていました。

私ソーイチも一枚いただきこの
説明書きを参考にさせていただき
ました。

自分が縁を切りたいこと、切りたい人
自分が縁を結びたいこと、結びたい人

の名前を書いてこの白いお札の
お山?お岩?に糊付けて張り付けます。
岩に空いている穴をくぐると良いそう
なのですが、時間がない人はお札を
張り付けるだけでも良いとのこと
でした。
私ソーイチ長蛇の列を並ぶほどの
時間がなかったのと、その岩をくぐる
くぐらないは関係ないって感じ
たので岩に張り付けるだけにしました。
切りたい縁はなにも相手がヒトで
なくても良く、自分の持病とか
心配事とかでも良いわけです。
私ソーイチは何を両サイドに書いた
のかって言うと・・・
それはナイショです
(笑)

岩の穴をくぐる、くぐらないは
関係ないと教えて下さったのは・・

金比羅といえば
御祭神の崇徳天皇・・・
将門公、道真公に並ぶ三大祟り神の
お一人・・・😱
かと思ったんですが、どうも・・・

狐さん

のようでした。
(笑)

拝殿前で崇徳天皇に
感謝の念と自分のしたいことを伝えて
何卒後押しして下さるよう手を合わせ
ました。
とても澄んだ空気がみなぎり心地よい
のですが、ふと頭に感じる違和感?
あれ?頭痛?
と思ったんですがそれはすぐに
なくなりました。

私ソーイチ的な感覚では
ここって写真館っていうのかな、
お賽銭箱の前に立って柏手打つと
その時にピシャリ!と
フラッシュが光って
その人がネガに写りこむような。
その時ネガに写ったその人を神様が
見て、こいつの思いは・・・
こんなあんなと見抜かれて、それに
従って神様が形代に書いたことを
吟味して、それを実行してくださる。

でもいくら祟り神とはいえ
あまりに酷いことは叶えてくれない。
逆に
お前何しでかしてんの?
俺って神ってことで祀られてきたん
だよね。それってその神に叶えて
くれっていうような内容なのかい?
はい却下!

ってなことになるかも・・・・
知れませんね。

(これはあくまでも私ソーイチが
 勝手にシンクロしたことです)

⭐困った時の神頼み⭐

っていいますが、いくら困ったからと
いっても節度を保たないと・・・
神様をデスノートの死神のように
とらえてはいけませんね。

真っ赤な社が綺麗な
⭐天満宮⭐
新しく改修されたような、とても
目を引く美しさです

ここも菅原道真公ですので、
ここにも手を合わせにくると願いの
達成度が上がるかも!
(笑)

その後ろには8体の石像が
祀られています。

⭐八大力尊⭐

蓮華光院というお寺の御堂の柱を
支えていた力石であったとのこと。
基礎一部として建物を支えていた
ことから基礎固め、困難や逆行に
打ち勝つ神として崇められ
基礎能力の向上、スキルアップの
御神徳が得られるだとか・・
私ソーイチもスキルアップしていきたい
ですと8体の神様像に手を合わせ
ました。
(笑)

天満宮の前に寂れた木の建物が・・・
厳島神社とのことなんですが
イマイチ?祠が数体置かれていました。
猫が屋根に上がって日向ぼっこして
い姿がほのぼのして良かったです。
やっぱ稲荷社なのかな?
って思えるようなオブジェが・・・
ここに狐さんは感じませんでした。

社殿の前の古い建物に飾られた
たくさんの額に目が留まりました。

⭐金比羅絵馬館⭐

この額に何人の人が気づいているん
だろうか?

こんな素敵な景色なんかそっちのけで
形代に夢中の参拝者を・・・
傍らでずっと見つめる
かなり古めの狛犬さん。

ワシもここ守ってんねんで~
って参拝者の背中を見つめておられ
ました。

この⭐縁きり、縁結び碑⭐
の姿とその効力が参拝者の数を
増やしているのでしょうが、せっかく
境内に入ったら境内も見て回ると
色んなことを感じられるかも
知れませんね。

人の出す念というものの強さが
形になった碑ですから・・・

その中をくぐるっていうことが
どういうことなのか・・・

それを決めるのはあなた次第です!

京は怖いところでおすな~
(笑)


観音様とのお約束です。