砥石で研ぐ

テーマ:
 
チャララララララン♪
チャララララララン♪ ←チャイムの音のつもり。
 
ニャンコ宅配便のいつものお兄さんが、
「今日は少し重たいですよ」と。
うん・・・確かに少し重たいけどね・・・
料理用の清酒900ml入りを6本まとめて購入したので、
重たいのはわかっているのだ。
 
にゃんこ宅配便のお兄さん・・・
街中でばったり会ってた時も、
「あ!まどかさん!おはようございます!!」と、
向こうはもちろん配達中ですが、
どんな時も笑顔を絶やさないさわやかなお兄さんです。
 
インターホン越しに写っている時も、
ぶっきらぼうな〇便局の若いあんちゃんと違い、
満面の笑みで対応です。
 
今のマンションに引っ越してきた当初は、
同じ〇便局でも、
ASKAさんが運んできてくれたかのような、
本当にそっくりなお兄さんだったのですが、
しかも、いつも満面の笑みでしたし。
 
人によって、本当に色々。
 
いつだったか、夏の暑い最中だったと思うのだけど。
 
やはり○便局の若い女の子だったのですが、
インターホン越しに、
「□○□号室の、ま~~どかさんの御宅ですかねぇ~
ぬ~もつがぁ~と~どいでいるのですがぁ~」と、
とうほぐはあおもりか、あぎたのあだりか、
はたまた、いわでか・・・
やまがだの子かもしれねぇ~~
オラまで、どっぷりと「んだ!」と返事しそうになったぐらい、
見事な本場のとうほぐ弁の子だったことも。
 
それは、ポストに入らない荷物だったので、
別に印鑑は不要の荷物だったのです。
オラ、てっきりハンコが必要だと思って、
シャチハタの蓋を取って、
押す気満々で玄関を出たら、
その子がまた・・・
「あ・・・こ~れ~~ポォ~スドにはいらねぇにもづです~
 はんこ・・・お~さなぐでも、ダイジョウブです~」と、
これまた満面の笑みで、
生のとうほぐ弁でしゃべるものだから、
この時は、ほっこりしましたねぇ・・・
 
オラ、東北弁大好きなもので・・・
 
 
笑顔って・・・そんな簡単に出来るものではないので、
色々な配達員の方々と顔を合わせますが、
いつもすごいなぁと感心しています。
 
 
 
前置き・・・長っっ 滝汗
 
 
 
 
 
ということで・・・
 
こちらが、届いた抹茶羊羹「砥石」です。
おいしそう~
 
 

 

昨夜から、色々な動画で、

包丁の研ぎ方の様子を観て、事前学習し、

まずは、肌理の粗い、1000番の砥石(緑色)から砥いでいきます。

 

 

砥石の下には、一枚のタオルか布巾でもいいですし、

濡れた状態のものを敷いて、動かないように固定。

 

 

 

 

次に、細かい肌理の6000番の砥石で、(白色)

表面の仕上げをするのですが・・・

ある程度、綺麗に砥ぐことが出来たのですが・・・

仕上げにかかる時間になると、

もっと時間がかかりそうなので、

表面は、こんな感じですが、

充分に、スパスパと切れる状態になりましたので、

ここで終了しました。

 

 

3本とも、シャープな切れ味になりました♪

 

 

肝心な、刃渡り21cmの牛刀の刃ですが・・・

 

before  

よ~く見ると、3ヶ所くらい欠けていました。

 

image

 

 

after

 

結構頑張って、砥いだのですが、

まだ、2ヶ所くらい確認できると思います。

 

 

 

もう一度、撮ってみました。

どうでしょうか?

 

 
この「欠け」は、当分仕方ないです。
本当は、もっと粗い肌理の砥石があれば、
修復できるのかと思うのですけどね・・・
普段の料理には、たいして不都合もありませんので、
(むしろ、切れ味がめっちゃ甦った方がうれしい!)
このまま使っていきます \(^o^)/
 
 
そして、切れ味を確認するために、
リンゴがあったので、
リンゴの皮を左手で持って、
そのまま包丁の刃を当てると、
包丁の重みで、ス~~~っと、皮が真っ二つに切れました♪
 
そして、キャベツの千切りなども、
キャベツに包丁の刃が吸いつく感じなのと、
まな板に刃が当たる時に、
まな板の木に、何も力を加えなくても、
木にのめり込んでしまうかのように、
刃の当たりがソフトになりました。
 
 
これはいつか、トマトで試してみたいものです。
 
我が家は、トマトの出現率が超低いもので、
なかなか実行できませんが、
オラはトマトも食べる人なので、
今度買うことがあったら、
うす~くスライス出来るか試してみます(笑)
 
 
テレビショッピングで、
むか~し・・・・
包丁の切れ味を確かめるために、
トマトをスパスパ切っていくのですが、
切っているのにも関わらず、
トマト自体は、切れていないようにも見えます。
 
その後、テレビショッピングの販売の人が、
トマトを、ざわざわ手で斜めにずらすと、
トマトが、いくつにも切れていて、
「このトマト、今、切れた事に気が付いた!」と言って、笑わせてくれました。
 
 
そんなような動画を挙げてみたいくらいですが、
動画なんて撮っている余裕もないし、
両手を使っていますしね(笑)
 
 
ま・・・これで、いつでも切れ味最高の包丁でいられます。
安心です。
 
 
 
長いこと、父に砥いでもらうのが当然だったので、
砥石で砥ぐという発想まで追いつかず、
自分で、砥石を使って砥ぐことをせずにいましたが、
もう、簡易包丁研ぎ器は、要らなくなりました。
 
 
 
image

 

簡易包丁研ぎ器くん・・・サヨナラ。

 

今度のごみの日にお別れですね。

今まで長いこと、ありがとう。

 

 

 

 

柳刃包丁の刃渡りは、27cm。

 

今度お刺身を柵で買って来て、

刃渡り全体を使って、スーっと、ひと息で切りたいですね。

きっと・・・美味しさは、間違いないと思います。

 

 

お肉も・・・どうかな・・・今度切ってみようっと!

 

 

 

砥石も・・・田舎の家に、どれだけでもあったのにねぇ・・・

まだ納屋にあるかもしれないなぁ。

でも、重たいし、持ってこれないか・・・

 

肌理の粗い砥石も、機会があれば求めてみようと思っています。

 

 

きっと、はまりだすと、

砥石にも色々ランクがあるのでしょから・・・

 

これ以上、自分の性格上、はまらないように要注意でございます。

 

 

 

 

とにかく、とにかく、

切れ味が予想以上に復活してくれたので、

とっても気分はHappyです。

 

 

(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

サカナイフ

 

「サカナイフ」という、

魚を捌くための専用のナイフの動画をお借りしています。

 

 


 

 

色々な種類の魚を捌いている様子を動画で観ることが出来ますが、

 

これはこれで、ありなのかなぁと思うようになりました。

 

 

特に、ウロコが飛び散りにくいのと、

魚の形の特徴をとらえていて、

魚本体から、離れた角度でウロコを取っていくため、

胸びれのトゲトゲに、うっかり刺さらないようですし。

 

もう、何度も、胸びれにグサっとやられた事があるので、

あの痛さは、例えようがないですしね・・・

特に、はちめ(メバル)のトゲトゲは、尋常じゃないほど痛いです。

なので、これはうれしい作りかも。

 

鯛とかボラのような、

一枚一枚がでっかい鱗はどうなんだろう?

さすがに飛び散りそうですけどね・・・

 

 

そして、トレースラインを予め作ることで、

その後の骨から身を剥がしていく作業も納得のところかな。

トレースラインが、骨と身の境目ラインを通るので、

三枚卸しを美しく仕上げるためには、うれしい要素ですね。

のこぎり刃(波刃)を作ることで、骨を切る時も刃がこぼれないですし。

 

 

 

はじめ、このナイフを何度も観ていたのですが、

なんだか、邪道のようなイメージがあって、(失礼な言い方でスミマセン)

そして、ナイフとしては小さいですので、

シイラ等の大きな魚になると、

理屈ではわかっていても、

さすがに・・・やっぱり大きい柳刃包丁で切った方が、

美味しそうに思えるのですよ。(個人的感想ね)

 

 

でも、よく考えられているナイフでは(も?)ありますね。

 

 

将来的に余裕があれば、試してみたいナイフですが、

使いこなせるかしら?というのも、不安なところです。

 

 

 

 

柳刃包丁・・・

 

昨日はあきらめたのですが、

手始めに、お値段の安いもので、一度挑戦してみようかなぁと、

そんな風にも思っています。

 

 

まぁ、要するに、未練タラタラなんですよ(笑)

 

昨日、色々と観てきたのは、

あまりにも、立派過ぎて・・・

365日、魚を捌いている魚屋さんとかね、

板前さんや、料理人の人が使うなら納得ですが・・・

 

 

 

と言う事で、

先ほど、お安めのお値段の柳刃包丁をポチっとしました。

 

 

 

午前中に、砥石が届いたので、

早速砥いでみました。

 

めちゃくちゃ感動しております。

 

 

その様子は、後ほどまたすぐ記事にします♪

 

 

 

 

 

益子焼のマグ

テーマ:

まいどはや~

 

柳刃包丁の敷居は、想像以上に高かったです。

ちょっとやそっと、魚を捌いた事があるからといって、

簡単には、カモ~ンとは言ってくれないプライドを持っているようでした。

 

光り輝く、その細長い物体は、

キラリン☆と、眼光鋭く、こちらを見つめているようで、

「おとといおいで」とまで言われているように感じました。

 

合羽橋道具街へは、かれこれ40年近く前になるのだけど、

高校卒業して、ピアノの勉強をしに東京に舞い戻って、

わりと早い頃に、友達とふらふらとほっつき歩いた事がありました。

 

やぁね~~もう、40年近く前だってさ・・・ (;・∀・)・・・

 

柳刃包丁はあきらめましたけど、

せっかく出向いたのですから、

色々と、ゆっくりとほっつき歩きながら、

包丁専門のお店も3件入り、

食器やキッチングッズのお店等も、

結構あちらこちらに入ってきました。

 

久しぶりに目の保養になりました。

 

 

 

巷では、外国人のお土産では、

日本の包丁を買い求めていく人が多いと聞きましたが、

本当に多かったです。

 

 

しかも、皆さん、4万円台~5万、6万と・・・

高級な包丁を、何本も買っていたりで、

 

自分も、思い切って、

それでも2万円ほどの予算を考えていたのですけどね。

 

手入れのしやすい、家庭で使うものをチョイスしてもらったのですよ。

予算も伝えて・・・

少しは予算オーバーも仕方ないかなぁと思ったりもしたんです。

 

 

でも、実際に手にとって、保護のためにされているカバーを取り外し、

美しすぎるフォルムの包丁を見たら・・・

 

それだけのお金を払ってまでの力量が自分には・・・ないなぁと思ったんです。

 

もっと、使い慣れている人の元で活躍した方がいいように思えて、

色々と説明までしてもらったのに、

結局は買わないで出て来ました。

 

正解だったと思いますよ。

 

未練はありますが(笑)

未練タップリですが(笑)

 

 

明日、砥石が届くので、

それで、せっせと包丁を砥ぎたいです。

 

 

 

いつか、何かの縁で、

柳刃包丁が手元に来る時が来るかもしれませんしね。

 

 

 

 

 

包丁の事は、これでおしまいです(笑)

 

 

色々な焼きものを、

のらりくらりと立ち止まったりしながら、

手に取ったりしては、楽しんできました。

 

 

 

包丁には縁がなかったですが、

こちらは、ひとめぼれをした、益子焼のマグです。

 

好きな・・・青です。

 

 

image

 

そろそろ、自分の実年齢を考えよ!!と、

どこか頭の上から言われた気がして(笑)

 

少しは落ち着いたマグで、珈琲を飲みたいなぁと思い始めたのです!!

凄い進歩でしょ!!

 

写真では、全部青く見えますが、

お花の模様の下の方は、茶色く色づけされています。

 

 

本日の戦利品は、このマグカップでございました。

 

 

 

 

 

こうして、少しづつ大人への脱皮をはかっている(今頃?)まどかでございます。

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

先日いただいた、富富富の新米ですが・・・

もちろん美味しいお米でした。

 

最近は、うるち米に、もち麦を少し混ぜて炊くのですが、

富富富を炊く時には、富富富オンリーで炊きます。

 

息子達にも聞いてみましたが、

美味しいと言っておりましたよ。

 

ありがたく頂いております。

 

 

 

 

そして、本日のランチで食べた、

みそカツサンド・・・

 

でか過ぎて、でか過ぎて(笑)

 

やっと食べましたが、

今晩の食事は、息子達だけにします。

 

さっきのマグのように、

そろそろ、自分の年齢を考えぃ!と言う事でしょうね。

 

もう、みそカツサンドは、アンタには無理だよ!という事なのでしょう。

おとなしく、もっと小さいサイズの食べ物を、

今度からは頼むことに致します。

 

 

 

 

帰りには、

また、よせばいいのに

(敏いとうとハッピー&ブルー♪ボーカルは森本英世さんに限る!)

銀座線に乗って日本橋の高島屋の新館へ。

 

海外からも、買いに来るという、

「365日と日本橋」のパン屋さんへ・・・

えっちらおっちらと・・・

 

ところが、ドエリャ~ぎょうさん、長蛇の列でした。

 

オラのようなものは、あげな高級百貨店には、

洋ナシ用無しの部類の人間なので、

さっさとタイ産退散して参りました。

 

ま、早い話が散歩と思えばいいのですけどね。

 

 

周りを歩く人達は、もう、コートを羽織っている人もいて、

半袖一枚で歩いているのはオラくらいでした。

 

 

上野のパンダも、365日のパンも、

もっともっと月日が流れて、

話題から遠ざかった頃に行くのが正解かな。

 

 

 

諦めました


あのーね、、

柳刃包丁見に来たなり。

二度目の合羽橋道具街訪問。

で、色々考えたんだけど、

買うのやめたなり。



早っっ!!

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


何でかって?



もちろん、とても高価な刃物なので、
自分が扱うには、百年早いと思ったなりね。

尖った刃先を見ていると、
スーッと刺身を切る時の気持ち良さが、
オラの脳みそのドーパミンを激しく噴出させるんだけどね。


まずは、砥石で今持っている包丁達を、
キレッキレに復活させることが先ですわ。





商店街の中に、
めちゃ、美味しそうな食堂があって、
わざわざ、お店の前まで行ったら、
すんごい行列で諦めたなり。


で、結局更に歩いたら、

おなじみのお店があったので、
躊躇わず入店。










すんごいボリュームなのは知っていたけど、

ここで食べるなら、やっぱり味噌カツかなと思ってね。


頑張って食べなきゃいけないなんて、
バチ当たりそうですよね。




案内されたコーナーは、
奥まったところで、
非常にリラックス出来て、ご機嫌です!






お金のかかる散歩ですが、
食べたあとは、気ままに歩いてみます。




途中、清洲橋通りの看板があって、
男女7人シリーズを思い出したなり。







あの頃のドラマは良かったなぁ。







刺身包丁も買おう!

テーマ:

火曜日は、

開運!なんでも鑑定団を長男と二人で観ることが多く、

裏番組の「マツコの知らない世界」は、大抵録画をしています。

 

 

オラもさ・・・

マツコの知らない「ひつじのショーンの世界」なんて語ってみたいわ(ウソウソ!)

または、

マツコの知らない「越中おわら風の盆の世界」なんて語ってみたいわ(ウソウソ!)

 

で、先ほど、ようやく、

火曜日に放送された、「タマゴサンドの世界」と「包丁の世界」を観ました。

 

 

黒部にいるお友達は、

この春、料理学校を卒業して、

母親の介護を、お姉さん達と協力しながら、

バイトで飲食店に勤めているのですが・・・

 

先日、風の盆を観に行った時に、

おうちに泊めてくださってね・・・有難かったです。

その時に、料理学校で、一応色々な包丁を買わされたとかで、

とても高級な包丁の数々を見せてもらいました。

 

いやぁ~~素晴らしいです。

 

ホレボレするというのは、ああいう気持ちの事を言うのでしょうねぇ・・・

 

 

ちゃんとケースに収められていて、

普段は、昔から使っている、普通の三徳包丁を使っているそうですが、

お刺身を切ったりする時には、

わざわざケースの中から、刺身包丁を出して切るそうです。

 

 

お刺身・・・

 

スーパーから買って来る時には、

いつも「柵」の刺身を買ってきて、切り分けていただくのですが・・・

何度か、刺身包丁を見せてもらったり、

テレビでも美しくキラリと光る刺身包丁を観ていたら欲しくなりました。

 

 

出刃包丁は・・・ここに住んでいる限りは、滅多に使わないと思うので、必要ありませんが、

刺身包丁・・・欲しくなりました。

 

 

マツコさんも、お父さんが砥石で包丁を砥いでくれていたそうで、

・・・やはり、それが当たり前になっていると、

砥いでくれると思うから、

いつでも包丁の切れ味は最良の切れ味になっていたからね・・・

 

オラも、父がなくなってから、

その後は、簡易の包丁研ぎ器で済ましていたけど、

やっぱり・・・切れ味は、父の研いだ包丁に負けます。

というか、勝負すること自体が間違っているのだけどね。

 

 

田舎のお葬式の手伝いで集まると、

皆、自分のマイ包丁を持ってくるのだけどね・・・

その、どれもが揃いも揃って、切れない包丁ばかり。

人参やかぼちゃなんて、

そんな包丁で切ったら、怖いのなんのって!

 

今回の、切れ味の良い包丁は、

料理も美味しくなるし、料理をするのも楽しくなるのだと思いましたね。

 

 

まずは、19日に届く砥石で、今使っている包丁を砥いでみてから、

その後、刺身包丁も買い求めようと思います。

 

 

ダマスカスの包丁・・・結構刃が欠けているので、

自分の研ぎ方で、その「欠け」が直るのかはわかりませんが、

とりあえずやってみようと思います。

 

 

楽しみ~~~

 

 

 

こちらが、ダマスカスの牛刃包丁

綺麗に見えるけど、そうでもなくて・・・

 

image

 

 

こんな感じに、欠けているのがおわかりかと思います。

 

image

 

 

そして、こちらの左側の包丁は、

 

結婚当初から使い続けている、ごくごく普通のステンレスの包丁。

なので、35年近く使っている包丁なんです。

これを、父が何度も砥いでくれていたので、

スパスパと切れる包丁でいてくれたのですが・・・・

今は、刃先が丸くなっているのがわかります。

 

柄のグリップが、自分の手に馴染んでしまっていて、

この包丁が、切れ味復活してくれたら、

ホントにうれしいなぁと思うのですけどね・・・

 

image

 

そして、右側の包丁は、ペティナイフ。

果物等を切る時に使います。

 

 

まずは、これらを研いで、

その後、刺身包丁を使う事に挑戦です。

 

早く届かないかなぁ~~♪

 

ゆっくり便でもいいけど、

やっぱり、早く砥ぎたいですわよ(笑)