「ブライトバーン 恐怖の拡散者」 ★★★~SF版オーメン | そんなことより恋をしろ

そんなことより恋をしろ

『映画を観るよりもお前は恋をしろ恋を』
…そんな感じのブログです。

※※※ 注意 ※※※

 「シネマ報告書」には、映画の内容や核心・結末に触れる、いわゆる“ネタバレ”が多分に含まれております。

 これから観ようと思っている方は、本報告書の内容についてご理解のうえ十分注意してお読みください。

『シネマ報告書2019』の掲載にあたって

 
SF版オーメン
★★★

(C)The H Collective

 

(2019年/アメリカ/910分/Brightburn)
 
【 製作 】
ジェームズ・ガン
 
【 監督 】
デビッド・ヤロベスキー

 

【 出演 】
エリザベス・バンクス
デビッド・デンマン
ジャクソン・A・ダン
マット・ジョーンズ
メレディス・ハグナー
 
 

 

【あらすじ】

 

 アメリカのカンザス州にある田舎町ブライトバーン。

 子どもに恵まれなかったブレイヤー夫婦は、ある晩、空から飛来した赤ちゃんを森で見つけ、養子として育てることにする。“ブランドン”と名づけられたその子は、夫婦に大事に育てられ、ブランドンも頭脳明晰で素直な少年へと成長する。

 ところが、ブランドンが12歳になったころ、彼の身に強烈な闇が現れ、異常な力を発揮し始める。ブランドンの異常に気付いた夫婦はなんとかしようとするが、力は収まらずやがて町をかつてない恐怖に陥れていく―

 

 

【コメント】

 

 さて、今回鑑賞したのは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの監督ジェームズ・ガンの製作によるSFスリラーものである本作。劇場のチラシで見たのかな。

 今週末はこれ観るかと思っていた矢先、ネット上では「思った以上にグロい!」という感想が多数あったため、ちょいと気合を入れて「立川シネマシティ」に足を運んだ次第です。

 

(C)The H Collective

 

 おお~、なるほど。これはなかなかに好物な作品です。何が好物かって、バッドエンドという何ともスッキリしない終わり方のことです。ここ最近、こんなイヤな終わり方する映画がなかったもんで、久しぶりに嫌な感じの余韻を楽しませていただきました。まさにオカルト映画の名作『オーメン』のSF版といったところでしょうね。

 正直言ってしまうと、ホラー映画の常套手段であるビックリシーンがこれでもかというくらい詰め込まれているので非常に心臓に悪い。のわりに大きな展開がなく、ただただ主人公ブランドンの大いなる力が覚醒していくだけで、クライマックスもさほどの花火は上がらず意外とこじんまりしたSFスリラーでしたね。ネットで評判のグロさも、観てしまえば思ったほどのグロさではなく、「ファイナル・デスティネーション」シリーズが許容範囲であれば余裕で見れてしまう程度。このレベルがグロいグロいと言われてしまうのか、最近は。まあでも、「アゴが外れるほど怖い!」という宣伝文句は、ああこれのことかと思いましたが。

 恐らくは、本作を皮切りに続編ありきの製作をしてしまったんじゃないでしょうかね。目から出るビームで親父を殺したり、大気圏から母親を真っ逆さまに落として殺したり、旅客機を丸ごと墜落させたりと、バッドエンドで終わらせて、ブランドンがヴェノムとして覚醒していくのが第1章である本作といった感じですね、恐らく。個人的には続きがぜひ観たい気持ちですが、残念ながらアメリカでは興収大爆死だったらしいので、続編はなくなるでしょうが。

 

(C)The H Collective

 

 そんなわけで、こじんまりしたSFスリラーでありましたが、個人的にはこのバッドエンド展開、大好きです。

 ちなみに、エンドロールで流れた曲が、これまた映画の雰囲気に全然合ってない「bad guy」という曲。行きつけのスポーツジムでよく流れてんスよこれ。妙に記憶に残る曲です。

 

 

 

【2019年度 Myランキング】(11/16時点)

 

 本作は、本年度のベスト10ワースト3ともにランキング外。

 コートの時期が来たな。

 

(ベスト)… ★★★☆以上が基準

 

  1位:ジョーカー ★★★★★

  2位:ターミネーター ニュー・フェイト ★★★★☆

  3位:アベンジャーズ エンドゲーム ★★★★☆

  4位:ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ★★★★☆

  5位:IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 ★★★★☆

  6位:運び屋 ★★★★

  7位:ホテル・ムンバイ ★★★★

  8位:翔んで埼玉 ★★★★

  9位:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド ★★★★

 10位:クリード 炎の宿敵 ★★★★

  次点:ジョン・ウィック:パラベラム ★★★★

      スペシャルアクターズ ★★★★

      特捜部Q カルテ番号64 ★★★☆

      

 

 (ワースト)… ★★☆以下が基準

 

  1位:麻雀放浪記2020 ★☆

  2位:天気の子 ★★

  3位:貞子 ★★

 

<その他ランク外一覧>

蜘蛛の巣を払う女マスカレード・ホテルミスター・ガラスサスペリア十二人の死にたい子どもたち七つの会議がっこうぐらし!劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズアクアマンファースト・マンアリータ バトル・エンジェルグリーンブックTHE GUILTY ギルティスパイダーマン:スパイダーバースキャプテン・マーベルイップ・マン外伝 マスターZバンブルビーANON アノンダーク・スクールエリザベス∞エクスペリメントハンターキラー 潜航せよシャザム!キングダム映画 賭ケグルイザ・フォーリナー 復讐者ゴールデンスランバーモースト・ビューティフル・アイランド空母いぶきパラレルワールド・ラブストーリーカイジ 動物世界スノー・ロワイヤルROMA ローマニセコイメン・イン・ブラック インターナショナルアンフレンデッド ダークウェブパージ:エクスペリメントザ・ファブルスパイダーマン ファー・フロム・ホーム凪待ちDiner ダイナーアンノウン・ボディーズトイストーリー4アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄チャイルド・プレイサムライマラソン東京喰種 トーキョーグール【S】ドラゴンボール超 ブロリーワイルド・スピード スーパーコンボ血まみれスケバンチェーンソーREDZ Bull ゼット・ブルダンスウィズミー引っ越し大名!ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 英雄復活SHADOW 影武者ダンボ大脱出2記憶にございません!アス見えない目撃者バーニング 劇場版アド・アストラオーヴァーロード惡の華マローボーン家の掟クロール -凶暴領域-最高の人生の見つけ方アラジンウトヤ島、7月22日ジェミニマン名探偵ピカチュウラ・ヨローナ~泣く女~町田くんの世界ブライトバーン 恐怖の拡散者


 
 
『ブライトバーン 恐怖の拡散者』の公式サイトはこちら

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 
映画 ブログランキングへ