てんびん座木星と開戦状況 | マドモアゼル・愛 オフィシャルブログ「水瓶座時代」Powered by Ameba
2017-08-15 13:46:28

てんびん座木星と開戦状況

テーマ:ブログ

戦争と平和のステージと言われるてんびん座に木星が運行中の今年。にわかに戦争ムードが高まりつつありますが、果たして本当のところは何なのか、誰もがつかみきれない状況にあると思います。

わかりにくい要因は、一方の側から見ていても判断が下せない状況があるためです。

星の話しですので、信じる信じないは自由にお聞きいただきたいのですが、ノストラダムスの言った1999年の夏のグランドクロス以降、世界を動かす勢力が単純に一方向にはいかない時代に入りました。

その結果911事件が起こり、戦争勢力への流れはできたものの、あまりに強引なやり方にアメリカではボロが出てきました。

頼みの金融はリーマンショックで崩壊しましたが、不良債権類を冷凍庫で凍り詰めにしたまま、政府は金を刷って金融市場に流し、補填プラス株価上昇を演出。

嘘の好景気ですので、お金が刷れない状況が訪れたらお仕舞いです。

ノストラダムスが描いた世界ジエンドの構図は、四つの力が拮抗して身動きが取れないことを意味していました。それがグランドクロスです。

ひとつの力は王権や政治の力。これがしし座に当たります。
次が軍事の力です。これがさそり座に当たります。
次が金融の力で、これがおうし座に当たります。
そして最後は民意の力。これがみずがめ座が当たります。

現代を動かす四つの力、政治、軍事、金融、民意の四つがスクラムを組んで自由に使えなくなった行き詰まりを1999年のグランドクロスは示していました。

それから18年の月日が流れ、この事態はまさにその通りに推移しています。

前述したように、すでに金融はリーマンショックで崩壊したのを隠しているにすぎません。冷凍庫の不良債権は腐りきって冷凍していても周囲に匂いを放つようになっています。
時間の問題です。

政府にはすでにお金はありません。冷凍庫の不良債権類を肩代わりしたことで、政府も疲弊しきっています。政府を使って助けてもらっていた財閥や王権にもほころびが出ています。

民意はマスコミによって抑えることができましたが、インターネットにより、情報がすぐさま伝わってしまいます。
そのため、民意は政治や金融、そして軍事に関わる情報を得ることができる位置におり、これまでのように力によって民意を抑え込むことはできにくい状況です。

最後は軍事力です。戦争が金儲けや権力奪取の方法であり、戦争自体が嘘だということが民意の中に芽生えています。

なので、これまでのように、簡単には戦争を起こせない状態です。

以上、四つすくみの力が拮抗してその力を発揮しにくくなっており、動きがないままエネルギー不足に陥っているのが現在の世界の姿です。

支配者層は最後に軍事を使って苦境の打開をもくろんでいるのが、今の姿であると考えていいでしょう。

そこで冷静に現在の星の運行から読み解いていきたいのですが、重要なことは戦争を起こすには土星と天王星の緊張が必要です。

しかし現在の土星はいて座の第三デークに、そして天王星はおひつじ座の第三デークにありトリンという平和な関係にあります。星の上からは、本当の戦争は起こしにくい状況です。

木星は安堵と保護、正義を重んじる星で、和のシンボルであるてんびん座にいます。

以上、要点をまとめますと、下記になります。
ノストラダムスの予言通り、四つの力が拮抗し、どれも主導を取りにくい状況に来ていること。これは世界の大きな変化なしでは次の時代に進めないことを意味しています。

次に今年現在の星を見てみると、戦争を起こす力となる土星と天王星は調和しているため、本格的な戦争を起こす力はありません。そして木星はてんびん座です。平和を求めています。

以上の三点から伺い知れることは、下記になります。ただしあくまで私の星の解釈であり、他の解釈もあると思いますが、基本解釈です。

てんびん座は平和を求める星座でそこに幸運の木星がある点、これを巧みに行います。木星は頭が良い星です。

1999年のノストラダムスの予言した通りに起きた天のグランドクロス以降、時代原理を作れぬまま四つの力はただ温存されてきました。

そのうち、すでに金融は崩壊していますが、それを隠している状況。次に王権はマスコミ力を失い支配力に限界が来ている状況。政治も同様です。

さらに民意だけはインターネットの情報力により高まっている状態。

支配層が最後に頼るものは、軍事しかありません。なので、そのステージに最後の望みを託したといえます。

第二次大戦後、火種として残した国が北朝鮮とイスラエルです。最後の軍事力を使うにはどちらかを使うしかありません。

中東も危険ですが、ここに来て急にイスラエルは周囲と調和路線を歩みだしています。もしかしたらイスラエルと周辺国はこの一年以内に和解の方向に向かう可能性があります。

残った火種は北朝鮮です。本気で戦争をしたい勢力がまず呼ばれます。次に危機を戦争勢力のあぶり出しとして使いたい勢力が一挙に型を付けようとして状況をシェアします。

アメリカのトランプ氏を見ていると、多くの駆け引きを行っている様子が伺えるように見えます。

さらに中国にとっては、北問題を上手に使い、極東の支配力を絶対化したいと願う勢力と、そんなことをしたら内部崩壊に至ると逡巡する勢力が争っているかもしれません。

なので、統一の方向性が出せず、中国上層図内でグランドクロスが存在しているようです。拮抗していて動けないのです。

インドとの関係など複雑に絡み合っていますが、北が攻められた際に何もしないでいれば、北方での内乱が起きないとも限りません。中国は本当に困っているはずです。

そして日本ですが、日本は現政権の行き詰まりを今回の北危機を使って奇跡の逆転を考えているでしょう。

言えることは、どの勢力も、この問題に何等かの形で組みしているという点です。

北問題はその解決の仕方により、今後の世界を変える可能性があるということです。

どういう結末になるかはわかりませんが、関係国全員登場の舞台になりますので、世界大戦をもくろむ勢力もあり、世界平和の達成を考える勢力もある、、という大きな地点に立ったわけです。

星を読んでのあくまで私の考えですが、星が戦争を拒否し平和を望んでいる以上、戦争勢力はおびき出されてはしごを外される形で終わると考えます。

驚くようなことは起こるかもしれませんが、戦争の拡大化は失敗し、平和が達成される最後の峠にかかっていると考えます。

最後は民意が決める時代になっていますので、戦争はいや、、、それを起こそうとする人はいや、、、という単純な思いを素直に表現していくことで、最後の力になるはず。

世界の歴史は偉い一部の人が作るのではなく、最後は私たちの自然な思い、イノチへの思いが作って行くのだと思います。

終戦の日に平和を皆で祈念したいと思います。



秋のセミナーのお知らせ

10月26日―27日 第六回披講セミナー 23000
二日にわたる本格的セミナーで、日本最古の文化である和歌の正式な歌い方をマスターします。

11月4日―5日 第十二回プロ養成施術セミナー 108000
チューナーの使い方のすべてとその原理を丸二日にわたって伝授します。

11月25日 第五回セクシャリティ解放セミナー 15000

セクシャリティの解放により生きることも仕事も人間関係も基本的に楽になります。

詳細は下記
マドモアゼル・愛 公式SHOP

マドモアゼル・愛さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります