休業前に予約を頂いていた女性が鑑定にいらっしゃいました。


平成28年からのお客様で毎年、年末近くに来年の運勢などを聞きにいらっしゃいます。


「ブログの閉鎖を知りました。長くお会いしてなくても、ブログを読んでいるのでそんな気がしなくて。」


私も同じ感覚を持っていました。


ブログを書いてきた事にも意味がありました。




鑑定師になって、作られたこの人間関係を新たに育てて行きたい、そして自分が得た経験や情報を必要としてくれる人に届けたいと思います。

彼女の言葉が有り難かったですね。

終わり良ければ全て良し。

これからは、個人と個人がリアルに繋がって行きましょう。