【先日、鑑定にいらっしゃった女性からお聞きしたお話しです。】
 
 
「先生、私は電話がとても苦手なんです。HPをしっかりと読みましたら、この様に書いてありました。」
 
下矢印  下矢印  下矢印
 

お願い最近、流行のインターネットでの占いや鑑定が沢山ありますが、オフィス心音(cocone)では実際にあなたにお会いしての占い・鑑定をしております。

ですから、ご予約をしていただくときもメールなどではなく、お手間をかけてしまいますが、お電話を頂くようにお願いしております。あなたが、初めて占いや鑑定を希望して、電話をする時にほんのちょっとだけ勇気が必要なように私もちょっとだけ勇気が必要です。

 

そして、あなたの声を聴いた時にはじめて、安心します。顔を見て、本気でお話しさせていただくのに、最初はメールなどの心の通じにくい方法でご予約を取っていただくよりも、ほんの少しだけお互いに勇気を出して、少しでも心の通じ合う方法でご連絡いただけるように・・・

 

「だから、勇気を出して電話しました!!」

 

お客さんの話しは本当に参考になりますね。

 

私は、最近は特に鑑定の感想よりも、この様な話し(どうして私の鑑定室を選んだのか、どうやって検索したか、HPについての感想など)を尋ねています。

 

これは、これからの時代の中を自分がどういう方向性で仕事をして行くのかの参考になりますので。

 

そして、起業の中で最も大切な「集客」のヒントがありますので。

 

 

 

(我が家にある思い出の電話です。古いものをすべて否定せず大切にします。)

 

今は、予約にラインID を使うことが急激に増えましたが、私はすぐには飛びつきません。電話だからこそ、先ほどのお客さんの様なドラマが起こるんです。大げさかもしれませんが、自分独自の鑑定室を作っていこうと思いますね。