苦痛な「歯科健診」 | 愛知県/開運占い師☆浅井妙子の運が良くなる鑑定室~オフィスcocone(心音)     

愛知県/開運占い師☆浅井妙子の運が良くなる鑑定室~オフィスcocone(心音)     

愛知県名古屋市の東に位置する日進市の自宅にて、占い鑑定をしています。既婚。現在は夫と娘の三人家族です。独身の時保育士を経験しています。子育てに関する「子育て鑑定」と「方位鑑定」を得意としています。

日々の暮らしの記録や旅行記も綴っています。

 

歯科健診の通知が来ていました。

 

一度は、予約したもののどうしても行く気になれず、先に延ばしました。

 

✽「年を取る」とは、こういうこと

 

何故、歯医者に足が向かないのか。

 

それは、「口をずっと開けていること」が苦痛になって来たからです。

 

食事も咽喉の飲み込みが悪くなって来ました。



昔に母親が、よく咽喉を鳴らしていた意味が理解出来る様になりました。

 

これ、誤解しないで欲しい。

 

「年を取る」ことは、嫌なこと、辛いこと、悪いことと言う人が多い。

 

私はもうすぐ、「還暦」ですがそれを嫌だとも思わない。かと言って、バンザイ!って気持ちでもない。

 

よく、世間で使われる言葉だけど「今の年齢を受け入れる。」ということ。

 

 

✽「歯の色」が、黄色くなってきましたね。これは、個人差がありますよ。


(手入れはしているので、黄ばみではない。)

 

 

 

 

歯痕などの状態は、もの凄く良好で虫歯は勿論ありませんが、いよいよきました。

 

「歯の色が、本来、持っている色になって来たね。これは、個人差があって元々の歯の色に近づいていくよ。

黄ばみではないからね。」とドクターがおっしゃいました。


 

今、ちまたでは「ホワイトニング」ブームです。

 

芸能人のあの白さは、私から見れば異常で浮いています。

 

なんでも、表面を削ってセラミックを貼り付けているとの事です。歯に相当な負担です。

 

勿論、お金も相当いります。

 

私のドクターは、「ちゃんと手入れをしていれば、色は自然で良いと私は思いますがどうですか?」とおっしゃいました。


 

私は、大変良いドクターの元に通って来たなと思いました。


 

正直、歯の色が白くない=年齢を感じさせるという観念はありました。

 

 

 

 

でも、よくよく考えれば「ネイルにしても、髪の毛にしても、ある程度の年齢になったら自然を受け入れていかないとかえって年齢不相応だし第一、きれいじゃない!!」

 

「歯の色も、自分のあるがままを受け入れて行こう。」と思いましたね。

 

先生が、「浅井さんの歯は、手入れがしてあるので全然オッケーですよ。

このままで行きましょう。」とおっしゃった言葉に自信が持てたし、強く納得出来ました。


 

「年を取ることを受け入れて、自然に生きていく。」ことはとても楽で豊かな気持ちになります。

 

世間の外面だけを飾り立てることに振り回されない様にしたいものですね。


 

これからも、いやいやながらも歯科健診には行こうと思いました。