暮らしと自然を繋ぐ豊かさ。イチョウの木のまな板 | 愛知県/開運占い師☆浅井妙子の運が良くなる鑑定室~オフィスcocone(心音)     

愛知県/開運占い師☆浅井妙子の運が良くなる鑑定室~オフィスcocone(心音)     

愛知県名古屋市の東に位置する日進市の自宅にて、占い鑑定をしています。既婚。現在は夫と娘の三人家族です。独身の時保育士を経験しています。子育てに関する「子育て鑑定」と「方位鑑定」を得意としています。

日々の暮らしの記録や旅行記も綴っています。

 

姪っ子の結婚式が近づく中、何かお祝いの品を贈りたいと思っていました。

 

人に品を贈るって私はとても考えてしまいます。

 

自分に置き換えた時、どんな品を贈られると嬉しいのか。

 

不思議ですが、そんな時に限って嬉しい情報が入って来ました。(9月7日の中日新聞掲載)

 

岐阜市の木工工房「ウッドペッカー」 右矢印 イチョウの木でまな板を作る全国でも数少ない木工業者。

 

 

「これだ!!」

 

 

 

 

 

 

早速、北海道に贈りました。

 

姪っ子は料理が好きだし、何でも上手に作ります。

 

料理が好きな人はもうそれだけで、日々の暮らしに楽しさがあると思います。

 

そして、私も買ってしまいました。

 

今は、樹脂製が主流のまな板。でも、昔懐かしい木のまな板が、若い人も巻き込んで人気を取り戻しつつあるといいます。

 

 

また、木製のまな板は、削り直せば長く使い続けられることも強み。

 

出来れば、姪っ子にも長く使って欲しいと願う。そして、旦那様を食で喜ばして欲しいと思います。

 

 

これ、ビックリする程軽いし、包丁のあたりが柔らかい。

 

「エコの大切さが叫ばれる時代でもあるからこそ、昔の習慣を残したい。」

 

日本の職人さんは素晴らしいですね。