「日本三大弁財天」の一つである江の島を訪ねる | 愛知県/開運占い師☆浅井妙子の運が良くなる鑑定室~オフィスcocone(心音)     

愛知県/開運占い師☆浅井妙子の運が良くなる鑑定室~オフィスcocone(心音)     

愛知県名古屋市の東に位置する日進市の自宅にて、占い鑑定をしています。既婚。現在は夫と娘の三人家族です。独身の時保育士を経験しています。子育てに関する「子育て鑑定」と「方位鑑定」を得意としています。

日々の暮らしの記録や旅行記も綴っています。


テーマ:

 

HP/メニュー/料金/ 予約と問い合わせ

 

 

 

 

富士山は、季節によって様々な姿があると共にとても繊細な山という様に私の目には映ります。

「此花咲夜姫」がいらっしゃるので、実は女性的である。

 

立春を過ぎて直ぐに見る富士山は空気がとても澄んでいてはっきりしています。

 

今回の様に新緑の頃には靄がかかる事が多く、正直期待はしてなかったけれども靄の中にクッキリと浮かぶ富士山の姿を一日中眺めることが出来ました。

 

在り来りな言葉で言いますが運が良かったと思います。「令和」初の富士山と参拝の旅。想い出の一ページとなりました。

 

 


❖世にいわれる「日本三大弁財天」とは、安芸の宮島、近江の竹生島、江の島の弁財天のことです。
 

 

別に意識していた訳でもないのですが、寒川神社のある厚木インターから道路が伸び江の島まで30分位で行けると聞き「よし!!今日だ!」と。結果、今回の旅で三大弁財天を全て参拝することが出来ました。

 

御朱印が欲しい訳でもなく、金運を付けたいがためにでもなくて、ただ吉方位旅行を楽しんで続けた先に。

 

 

 

 

 

 

 

江の島神社に辿り着くまでに、何百段もの階段を登りました。

 

専用のエレベーターが設置されてたけど、自分の足で神様の元には行くべきだと思いますね。

 

かなり厳しかったですが、だからこそ、日頃からの運動が大切だと教えられました。

 

 

 

1964年の東京オリンピックではここ江の島はカヌー会場に選ばれました。

 

2020年の東京オリンピックにはセーリング会場に選ばれています。その景色を一足先に味わうことができました。素晴らしい景色でした。

 

 

 

 

今年は、女性の神様を特に意識するのが良いそうです。

 

参拝のマナーを守りながら、心の求めるままに日々を送りたいと再確認した1日でした。

 

 

□令和元年(2019年)5月の開運日

1日 天皇陛下承継の儀

6日 節入り 立夏(りっか)

21日 小満(しょうまん)

27日 九星隠遁始め


🍀二十四節気を味わいましょう。
 

浅井妙子(オフィス 心音) さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント