今話題のボーク重子さんの講演会が、名古屋でありました。

 

 

ボーク重子さんは、日テレ系の「深イイ話」に出演されても話題を呼びました。

 

 

話題となったのが、「非認知能力」というもの。

福島県出身の重子さん自身、育てられた過程で大変生き辛さを感じ、「自己肯定感」が大変低かったそうです。

アメリカに渡って、結婚されて娘さんを育てました。

その娘さんが、「全米最優秀女子高生」に選ばれました。

今回は、子どもの「非認知能力」を伸ばす為に「家庭で出来る教育法」についてお話されました。

 

 

(画像はインスタよりお借りしました。)

 

私は、最近は女性の講座を意識して受けています。今まで男性の講座が多かったですが、自分にとっては女性の講座が今の私にはしっくりきます。

 

子育てに関する話は、特に今日の話を聴いて「実際に子育て経験をした母親の話は、やはり何者にも変え難いリアリティがある」と実感しました。

 

子育て鑑定をする私には、大変役に立つ講演でした。

 

 

2020年にいよいよ、日本も教育改革が行われます。

 

これからの社会が必要とするのは、「非認知能力」に優れた人であり、それによって「認知能力」も伸ばす事が出来る。

 

既に子育てを終えている私ですが、今日の話はとても理解できました。

 

 

子育ては、「家庭でやる事こそが重要」です。学校や人任せにする様なものではありません。

 

それには、やはり母親がかぎを握っています。鑑定室でまた、お話できたら良いなと思います。