是枝裕和監督『万引き家族』 やさしさは弱さ、弱さは・・・やさしさ。 | シネマの万華鏡

シネマの万華鏡

ちょっぴり腐女子な映画評。
「ほどよいお下品」「ほどよい悪ノリ」を探し求めて
彷徨っております。
基本的にネタバレしていますのでご注意ください。


テーマ:

 

カンヌ映画祭パルムドール受賞で今季最も話題の邦画に!

カンヌ映画祭で日本人としては21年ぶりのパルムドール受賞ということで、今季最も熱い邦画『万引き家族』。

アメブロでは先行上映で早々に観られた方も多かったみたいですね。皆さんさすが行動派!

 

是枝監督の作品は『幻の光』はじめ好きな作品が多いので、パルムドール云々はともかく、私も楽しみにしていました。

 ただ、『万引き家族』というタイトル、ワケありらしい家族たち、でもってこのキャスティング・・・何となく観る前にある程度内容の予想がついてしまうこともあって、期待感はそこまで盛り上がってなかったというのが正直なところ。

まあ、期待しすぎると必要以上にガッカリする羽目になることが多いし、この「盛り上がりすぎない期待感」は丁度良かった気がします。

 

治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。

(シネマトゥデイより引用)

 

2日間も先行上映があったにも拘わらず、今日の初日は平日の午前とは思えないほど座席が埋まっていました。これもパルムドール効果でしょうか。

 

あったかい家族への憧れ、家族が寄り添っていた昭和へのノスタルジー

 

予告でもある程度ネタバレされているし、本編序盤でも明かされているので書きますが、この映画に登場する家族・柴田家は、本当の家族ではありません。或る意味、傷ついた人々のアジール

「父親」と「息子」がペアで万引き、そこに新しく家族になった5歳のゆりも加わる。

冒頭から「親」が幼い子供に犯罪の片棒を担がせるという異様な光景にぎょっとさせられますが、ただ、それ以外の場面では本当に普通の、いや普通以上にぬくもりのある「家族」の姿がここにはあります。

 

昭和の家族ドラマみたいな柴田家の居間がいい。

樹木希林演じる「婆ちゃん」の小さな家に、ひしめくように暮らす6人。

生活用品がごちゃっと積み上げられた中に、食卓を兼ねた小さなこたつ。全員は座れないから、安藤サクラ演じる「母親」の信代は台所で食事。

「息子」祥太の勉強部屋は押入れ。

そして夜は、全員が居間と隣りの仏間に布団を敷いて寝ます。

高度成長期の前の昭和を彷彿とさせるような、貧しいけれどあったかい家族の光景。

見ていて何故か無性になつかしくて、そこに加わりたいとさえ思ってしまいます。

 

亜紀(松岡茉優)が婆ちゃんの膝に頭を乗せて、「婆ちゃんの膝あったか~い」と甘えるシーンなんか、本当に羨ましくて。

亜紀は本来なら、こんな狭苦しい家で髪がごわごわになる某シャンプーなんか使わなくてもいい身分のはずなのに、何故ここにいるのか・・・その理由がこのワンシーンですっと納得できます。

 

婆ちゃんの年金頼み、さらに万引きも大切な生活手段になっている底辺家族。

それもこの家族の偽らざる一面ですが、一方で、今どきの父親不在の核家族からは失われてしまった温かさも、この家族の持つ一面なんです。

 

今回の主役は、子供ではなく大人。

貧困、大人の事情の犠牲になる子供、というテーマは、是枝監督が『誰も知らない』でも描いているもの。

このテーマの追求は、監督の1つのライフワークでもあるんでしょうか。

子供目線だった『誰も知らない』に対して、今回は子供よりも大人が主人公。リリー・フランキー演じる治と安藤サクラ演じる信代の夫婦にスポットを当てています。

 

何故この2人が軸なのか? それは、彼らが「疑似家族」を作った張本人だから。

一見、彼らは虐待されている子供を見かねて、親代わりになっているように見えます。

それも間違いじゃない。犯罪なんか犯さないモラルのある人が情のある人間とは限らないし、その逆も真実。この二人、とても温かいいい夫婦なんです・・・社会規範にルーズなことを除いては。

 

ただ、それだけではないことが終盤明らかになっていきます。

あの、家族がまだあったかかった昭和の時代を思い出させる、柴田家の居間。貧しさを差し引いても或る種の理想の家族像なんですが、あれ、この夫婦の理想、子供の頃からこがれていた家族の姿だったんだなと。

彼らの本当の名前は、「治」とか「信代」とか、そんな昭和みたいな名前じゃなくてもっと現代的な名前。彼らの昭和臭い偽名や、昭和のファミリードラマみたいな一家団欒に、現実には手が届かなかった彼らの家族幻想が映し出されているようで。

あっけらかんと生きているように見える彼らの意外な弱さを垣間見せられた瞬間に、一番心を揺さぶられた気がします。

 

婆ちゃんの二面性もひやりとする毒があって、いい。樹木希林じゃないと出せないアクです。

そして信代夫婦が婆ちゃんをちゃんと埋葬しなかった理由・・・私は真っ先に「年金を止めないためだ」と思いましたが、そもそも年金詐取事件がこの作品のアイデアの原点だったんですね。

 

この家族の大人たちの姿には、子供を虐待する親や、弱い者から利潤を搾り取る社会構造への反発があります。

一方で、彼ら自身が糾弾されるべき要素もたくさんある

その両方を持った人たちを、どう見ればいいのか? 生んだだけで子供を愛さない親と彼らと、一体どちらが罪を犯しているのか?

そこへ行きつく話だということは最初から見えていて、だからもうひとつテンションが上がらなかった(モラルを問う作品ってあまり好きじゃないんです)のですが、公権力ではなく子供の眼で彼らを裁いた着地は、斜めに構えて見ていた私にもすっと受け容れられるものでした。

 

衝撃的な家族のカタチ、個性派俳優陣の名演が目玉

前作の『三度目の殺人』に比べて、目に焼き付くようなシーン・心に残るセリフは意外に少なかったかも。

細野晴臣が担当した音楽も、抑えめだったこともあって細野晴臣らしさはあまり感じませんでした。もっとも、細野晴臣=YMOという私のイメージが古いだけという可能性は大ですが滝汗

 

今回はなんといってもこの衝撃的な家族の形、それ自体が見せ場だった気がします。

そして、家族を演じる俳優陣。

リリーフランキーと安藤サクラが醸し出す場末感、情の深さと狡さとを同居させて違和感のない、煮崩れた佇まいがいい。

安藤サクラの舅・柄本明登場も嬉しい驚き。

柄本明演じる駄菓子屋の店主、ついこの間観た『フロリダ・プロジェクト』のウィレム・デフォーに存在感が重なりました。こういう人が、蔭ながら子供を育てているんだなと。

樹木希林はもう、言うに及ばずですね。

 

「息子」祥太役の城桧吏はいかにも子役タレントらしい端正な顔立ちで、ワケありの子供には見えないな・・・という違和感がずっとつきまとっていたんですが、最後まで観てみると、それも作品の伏線になっていたんですね。

祥太が万引きの前にする、野球のサインみたいなしぐさ、あれ、なんだか相方へのサインというだけでなく、免罪のおまじないのようにも見えました。

人一倍賢い彼は、あの年にして気づいてしまったんですね・・・そんな魔法は通じない、盗みは盗みだということに。

 

男性陣は『勝手にふるえてろ』の松岡茉優を楽しみにしている人も多そう。

池松壮亮が「4番さん」という不思議な役名でちょっとだけ出演しているんですが、この意味、観てみるとなるほど、と笑えます。

 

偽りの家族を作った、やさしくてダメな大人たちの物語。私には本作はそんな物語にも映りました。

ゆりはまだ幼くて、きっとこの家族を忘れてしまうかもしれませんが、でも少なくとも祥太にとっては、最後に彼の本当の幸せを願った治と信代は、生涯「心の家族」であり続けるんじゃないでしょうか? 一度も言葉にはしなかったけれど・・・

子供は愛情に敏感だから、治夫婦の中にあったひとかけらの真実を感じ取っていたと思いたい。あの家族のこと、忘れないでいてほしいな。

ZELDAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス