【内定者が語る!Vol.11】遠藤くん編 | 株式会社マクロミル・新卒採用ブログ

株式会社マクロミル・新卒採用ブログ

株式会社マクロミルの新卒採用チーム&2013年度内定者のメンバーがお届けするブログです!


テーマ:
みなさん、メリークリスマス★

2013年入社予定の内定者・遠藤です。
「えんしの」と呼ばれています。
名前だけでも、覚えてってください。

$株式会社マクロミル・新卒採用ブログ

※趣味は一眼レフで写真を撮ることです。

【はじめに】

世間はクリスマス一色ですが、就職活動生のみなさんは、
サンタさんに何かお願いしましたか?

第一志望の内定?
完璧に仕上がったES?
面接の時に緊張しない度胸?

こんなのが頭に浮かんだ人、気持ち分かります。
どれも、自分で手にしなければいけないものですよね。

この時期が、自分を見つめる時期としてはかなりツラい時期だと思います。
だからこそ、サンタさんにねだるのではなく、周囲の人の助けを借りながら、
自分自身で道を切り開いて行ってください。

さて、11回目を飾ります「内定者が語る!」。
これから一緒に働くことになる、優秀な内定者の仲間たちが、
「マクロミルに決めた理由」をつづっています。
みんなそれぞれ個性的で、早く一緒に働きたいです。

僕は僕なりに、マクロミルに出会ってから気持ちを固めるまでの
「○○だから」を、3つ紹介したいと思います。

【気になる会社だったから】

就職活動を始めたころ、実はWEBエンジニアを志望していました。
WEBサービスに興味があって、それを実際に創る側の人間になりたかった、
という、漠然としたIT業界へのあこがれがありました。
なので、初心者からでも仕事ができるITサービス企業を考えていました。

$株式会社マクロミル・新卒採用ブログ

※ちなみにカフェでMacBookを広げることを「ドヤリング」というそうです。

それでも、技術がないという不安はずっとあったので、
IT業界のビジネス職ってどんなものだろう、と調べてみました。
そのとき、実はイメージしやすかった会社がマクロミルだったのです。

マクロミルの存在は、「インターネットでアンケートに答えるサイト」として
知っていて、実際にモニターサイトにも登録していたことがあります。
「このうらっかわって、どう動いているのかな」とも気になっていました。
最初は、マーケティングリサーチの会社というよりも、ITの会社という
イメージでマクロミルを見ていました。

そして就職活動を迎え、「エンジニア以外も見てみようか」と思った矢先に、
マクロミルのセミナーに出て、「あ、マーケティングがアリ!」と思ったのです。

【世の中の役に立ちたいから】

そのセミナーのなかで印象的だったことばは、
「マーケティングは、企業と消費者をつなげることで、社会に貢献すること」
というものでした。

社会に貢献する。
これが僕の心に一番響いたところだったと思います。

大学時代は本当にいろんなことをやってきました。
教育とコミュニケーションをメインテーマに、
学校教育、まちづくり、震災復興など、フィールドにどんどん出て行きました。

$株式会社マクロミル・新卒採用ブログ

※大学の近くで、クリスマスイルミネーションを取り付けるプロジェクト。
 今年のイベントが終わってから、高校生スタッフたちと一緒に(僕は右端)。

ぜんっぜん、マーケティングと関係ないっぽいですよね。

でも、根底にあるものは、社会と関わって・社会を良くしたい、ということ。
高校・中学校・小学校・幼稚園、どこまでさかのぼって思い出してみても、
人とコミュニケーションをとることだったり、世の中のことを考えたり、
そういうことが好きな24年間でした。

だから、大学時代にやったことがマーケティングと関係が薄いにも関わらず、
「社会に貢献すること」という言葉に心が惹かれました。

今僕は、「40歳までに公立中学校の教員になる」と宣言しています。
この夢を追いかけていくことに、背中を押してくれたのもまた、決め手でした。

【窓から見える空がキレイだったから】

「はぁ?」
と思った方もいると思いますが、実際に見てみてください。

$株式会社マクロミル・新卒採用ブログ

※マクロミルのエントランスで撮ってみました。

マクロミルのあるイーストワンタワーはビルで囲まれている建物ではなく、
オフィルスのある10階や11階から空を眺めることができます。
面接のたびに訪れるエントランスやミーティングルームから見える品川の空。
待ち時間などはずっと外を眺めていました。

実は一時期、マクロミルという選択肢を迷ったときがありました。
そのときに、オフィスを見せてほしいと言い、実際に見学させてもらいました。
やっぱり窓から見える景色は開放的でした。
この景色を見ながら働けたらいいなぁ、と思うようになり、
そして最終的にマクロミルで働く決心をつけました。

他の内定者のみんなも言っている通り、最後は気持ち・フィーリングの面で
マクロミルで働きたい、と思うようになりました。

かっこいいと思える社員の方がいる
自分の夢を叶えられる環境だと思える
自分のやってみたい仕事がある


うまく説明出来ないけれど、上記の理由と同じように、
気持ちが動かされた一つの理由が、オフィスから見える景色でした。
そういう、気持ちがぴったりくる部分、
そこに正直になることも必要だと思うのです。

【さいごに】

偶然に出会い、一見これまでやってきたことと関係ないように見えながらも、
惹かれるところがあって、そして気持ちの面で「働きたい」と思えた。
僕はこうして、マクロミルの内定者として、今の時間を過ごしています。

就職活動生のみなさんにとっても、
きっかけは思いもよらぬところにあって、
でも自分の根底にはちゃんと理由や動機があって、
だからこそ最後は気持ちの面で、
自分の道を選んでいくことができると思います。

考えて考えて考え抜くことももちろん必要です。
でも季節はクリスマスです。
すこしだけ肩の力を抜いてみると、違ったものが見えてくるかもしれません。

それが、サンタさんからのプレゼントだったりして(笑)アップ

マクロミル新卒採用チームさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス