一次選考中!

テーマ:

昨日は、Halloween!


そして、

macosmic Recordのシンガーオーディションの、
一次募集、〆切日でした!

 

 

日付が変わるぎりぎりまで、怒涛の駆け込みご応募が寄せられ、
最終的に、36名の方からのご応募を頂きました。

 

ご応募くださったみなさま、ありがとうございます!

 

 

 

お一人お一人に、受付完了メールを差し上げておりますが、

もしも、届いていない方がいらっしゃったら、
迷惑メールボックスをご確認頂いた上で、ご連絡を頂けますと幸いです。

 

 

 

 

今回のオーディションでは、

応募要項の④、
「あなたの人生のドラマと、それを通して伝えたいメッセージ」


が、結構なハードルだったのではないかと思います。

 

 

 

でも、④を書くことを通して、

これまで生きてきた自分に丸ごとOKを出せた…とか、

自分を知るよいきっかけをもらえた…とか、
書きながら、自分の中にある答えや、純粋な思いを見つけられた…とか、
自分がどれほど卑屈になって生きてきたのかわかって笑えた…とか、

自分にはこんなにエネルギーがあるんだと再確認できた…とか、

 

そんなふうにおっしゃってくださった方が多く、
やっぱり、書いて頂いてよかったなぁと思っています!
 

 

 

一通一通、思いのこもったメールを拝見しながら、

こころが震えました。

 

 

 

生きてるってすごい!!!!

としか言いようのないような…


どうしたって「生きよう」とする力、
 

自分という生命を全力で生きよう、生かそう・活かそうとする力、

人間として生きることの、光も闇もひっくるめて、
それでもなお、生命が放つ力強さや光、

そして、なによりも、

「歌うことが好き」という純粋なよろこびや、

「表現すること」への情熱、真摯さ、、、
 

 

 

とても、繊細な部分であることは、重々承知のうえで、
それでも、今回は、④を書いて頂いたわけですが、

信頼をもって、大切な大切な人生の物語を、
深く、強く、分かち合ってくださった方々に、

ただただ感謝ですきらきら

 

 

 

その信頼は、きっと、

傷つくことのない、自分自身への信頼であり、
共に歩もうとする、わたしへの信頼であり、
そして、あなたの歌を、歌い届ける誰かへの信頼であり、
人生や、すべてなる生命への信頼なのだと思います。

 

 

まっさらに、
隠すことなく、恥じることなく、
どんな自分もそのままに、誇りをもって、
表現の場に立つこと、
 

内に秘めた情熱が、溢れ出すことは、
なんと美しいことなのだろうと、

 

出会ってくださって、美しく力強い輝きを、魅せてくださって、
ありがとうと、心から思う今です。

 

 

 

 

わたしは、
深いところでは、いつも、
 

どんな自分も、どんな人も、どんなものも、どんな状態も、
絶対的に大丈夫だとわかっているし、

どんなプロセスにあっても、
いつも完全さの中にあることを知っています。

 


清濁併せ呑んで、
人は、そのままで、本当に美しいと思っているし、

同時に、
今どうあろうが、それぞれの方の内なる光がみえます。


 


選ばれる・選ばれないってことで、
誰かの美しさや素晴らしさが、
失われたり損なわれたりすることなんてないから、

 

今、わたしが、共に歌を生み出したい人を、
とことん見極めて選べます!

 

 

 

告知文に書いたように、

歌の上手下手も、年齢も、容姿も、一切問わない。

 

けれど、「フルサイズ」で表現することへの、あつい情熱と、
自分が表現したいことを、はっきりと持っている人がいい。

「生きているよろこび」を、

 

本気で、表現して、
本気で、一緒に遊べる人!

 

 

 

 

わたしは、

共に、創り出すよろこびのために、
それぞれが、しっかりと、独りで立つことを望んでいる。

 

 

違う角度、違う立場からでも、
同じものをみて、

それを大切にして、
響き合い、表現し、共に創っていける人を。

 


わたしが、その誰かと共に、
表し、創り出し、ひろげたい世界という
わたしの中の「YES」を選ぶのです!

 

 

 

 

あらゆる音が、すばらしく、
かつ、無限に「可能性」として存在している、

 

その中で、
ひとつひとつ、音を決めて、選んで、表していくから、
音楽が、世界が、創られ、生み出される…

 

 

作曲する時のように、
その方を通して表現される響きを、真摯に聴いて、

今の、わたしの中にある響きに、誠実に、
共に生み出していく響きを、まっすぐに、選ばせていただきます。