森林環境ボランティア参加

テーマ:

8日、6時起床




明るくなりはじめた 家の窓から 横浜ランドマークタワーが映える




マリン歯科スタッフのひとりごと





リョッピーと 三井物産 が主催する




   森林環境プログラム




マリン歯科スタッフのひとりごと


 





に参加するため 東京駅から三井物産本店に向かう





隣の将門塚にまず寄り、




弱きの味方の生きざまにこれからのマッキーの人生を重ね合わせる




マリン歯科スタッフのひとりごと





8時15分電車に参加者39人を乗せ 快晴晴れの中 出発




日本の国土に対する森林率70%は世界で




フィンランドスウェーデンについで3位




三井物産の社有林は




全国74ヵ所の 国土0.1%保有




東京23区の7割くらいの面積らしいびっくり





一社の保有林としては、王子製紙日本製紙についで国内3位 4位は住友林業という





そこで、千葉県君津市にある




マリン歯科スタッフのひとりごと





亀山 三井物産の森




で 間伐体験ボランティア森林トレッキングをするのだ




マリン歯科スタッフのひとりごと





亀山山林には9時50分到着




森入口で トレッキングと間伐グループに分かれ、




マリン歯科スタッフのひとりごと





マッキー夫婦はまず間伐だ





ヘルメットを被り、ノコギリを腰に下げ、




マリン歯科スタッフのひとりごと





10時 であいの広場で説明を受ける




マリン歯科スタッフのひとりごと







林業は海外からの安価な木材等の参入に対して、




運搬費等を考えると割が合わず衰退している





しかし、水害防止の保水や山を荒らさないようにするには、




森の手入れ管理は必要





そのひとつの間伐は




マリン歯科スタッフのひとりごと





52年前の初め1haに4000本のヒノキや杉を植えたものを




現在1000本に間引き 将来400本にしていくもの




だったら、初めから少なくと言われるが




最初 こみ合うように植えて




↑へ↑へとまっすぐ成長させて木材として使用しやすくする、




ひ弱なクリスマスツリーを間引き たくましいものだけにするために間伐し、




それにより日光が入りやすくなり、




マリン歯科スタッフのひとりごと





低木の生育につなげて 健康的森林にするのだ




マリン歯科スタッフのひとりごと


  今回の間伐で 少し隙間ができ、日光が射すのが


  上の写真と 比べてね 同地点からのものだよ




3班に分かれ、6人で ひ弱なヒノキを選び 





藤田さんのご指導のもと 切り倒す




マリン歯科スタッフのひとりごと





風クリスマスツリーがしなるし 寒っ!!




倒したい方向 つまり 引っ掛かりの少ない方を 見極めてスタート 




マリン歯科スタッフのひとりごと





かわるがわる、まず 受け口を切るも




マリン歯科スタッフのひとりごと



なかなかの フー重労働




マリン歯科スタッフのひとりごと





倒したい方向にロープを張る




マリン歯科スタッフのひとりごと





続いて 反対側に 追い口を切り込んで、






皆でロープを引き クリスマスツリーを倒した




マリン歯科スタッフのひとりごと





ドーンと重い音が印象的




切り株からはいい香り




マリン歯科スタッフのひとりごと





今まで頑張ってくれてありがとうと切り株に感謝を込めハグ




マリン歯科スタッフのひとりごと





その後、18mのクリスマスツリーを2m間隔で切り 正午終了




マリン歯科スタッフのひとりごと





であいの広場に戻り




おにぎり弁当をナイフとフォーク 自然の中で うまいが さむぅ 




マリン歯科スタッフのひとりごと





午後は、再び




であいの広場で 1時説明されトレッキングスタート




まず、低木の 馬酔木という毒をもつ木が 間伐した森に生育する




マリン歯科スタッフのひとりごと





自然の賢明さで 毒をもち動物に食べられない低木が生え、




環境を整えるようにするらしい




スゴイねビックリマーク





間伐した所を過ぎ、フクロウはマント羽音をたてないようになっている、




耳は高さが顔の対角線にあるんだとの話しがある




マリン歯科スタッフのひとりごと





少し急なを上って行き、




森の国会という 斜面に丸太を段に横たえ 説明を聞く空間で




森の大切さの話しを聞き、目を閉じ 音を感じたり、晴れを感じたりする




マリン歯科スタッフのひとりごと





更に進むと視界が開け 笹川湖を眼下にできたが富士山までは見えなかった




マリン歯科スタッフのひとりごと





ここでは、一見同じ葉にみえるがモミ、ツガ、カヤ葉先の形の違いの話し




更に進むと折り返し地点の大ツガの丘245mに着き




マリン歯科スタッフのひとりごと





スタートして約100mったことになる




戻りはワイルドコース




急な坂や滑るやすい所は三井物産フォレストの方達が先回りを繰り返し




マリン歯科スタッフのひとりごと


  左手は 坂を下る様子を見るスタッフ




注意してくれ、その気配りに感動した





途中でも 鹿の角は毎年落ちてはえかわる




カモシカは牛の仲間という話しがあった




マリン歯科スタッフのひとりごと





最後に、二日間で作り上げたというウッドデッキで




マリン歯科スタッフのひとりごと





総括があり、色虹の名の多くは生物からのもので




例えば、うぐいす色




マリン歯科スタッフのひとりごと





自然の動植物は生活と切り離せないし




拾った落ち葉もこんなにきれいと示し




マリン歯科スタッフのひとりごと





共存していく努力が必要と締めくくった




入口に戻り電車まで歩き 電車ですぐの片倉ダム記念館で 3時から懇親会




マリン歯科スタッフのひとりごと





軽食とビール等が用意され1時間歓談





隣りには フォレストの むっちゃ まじめな 斎藤さん




4時電車出発し、




さあ 絆ジャパン笠原代表とスリランカ学校支援の話しをするために




早く帰らねばと思っていたら  風でアクアラインが通行止




なんと、東京駅に着いたのは予定より2時間遅れの8時半前だった




しかし、三井物産の取り組み、共感してくれる方を大切にしようという社風が伝わった




また、この企画の応募数多く 約5倍の抽選で当たったのだ




またまた ついてるんだよね




マリン歯科スタッフのひとりごと





参加者の中には、4年越しの念願がやって叶ったという方々もおられた




そして、9時横浜に電車着き




笠原代表待つ 鳥居ママストーンショップ ナディアに急いだ





あきらめかけた、4人でスリランカ支援等について話し合うことができたのだ




マリン歯科スタッフのひとりごと






1時間だったが めちゃくちゃ嬉しかった




待っていただいた お二人にあーとー感謝だ




なんて素晴らしい一日




マリン歯科スタッフのひとりごと


   今回頂いたお土産




マリン歯の留守を守ってくれた岡崎先生、マリンスタッフありがとう




マリン歯科スタッフのひとりごと





本当に 素晴らしい体験を与えて頂いた三井物産関係者、自然のすべてにありがとう




   マッキー三世

AD