江戸と江戸城(江戸城と江戸城下町の構築)その2 | まっちー(machida-ito)のブログ

まっちー(machida-ito)のブログ

糸・紐・リボン・テープ・・・・などなど

細くて長いものなら何でも取り揃える「町田絲店」の

7代目社長の「つぶやき」的なウェブログです。

ゆる~くご覧ください。

ありがとうございますニヤリ

 

道灌の築いた江戸城は道灌亡き後新たに江戸に進出してきた後北条氏の支配となります。

 

大永四年(1524年)扇谷上杉朝興を破った北条氏綱の支配するところとなったわけであります。

 

その江戸城の本丸には北条氏の重臣であります富永政直、二の丸には遠山宗忠・直景、おして太田道灌の孫にあたる太田資高も城内に屋敷を構えていたといわれています。

 

 

北条氏は氏綱のあと、氏康・氏政・氏直と着実に関東における支配を固めていきました。

 

しかし、西から平定を成しとげてきた豊臣秀吉との一戦も間近になってきました。その舞台は北条氏の本城小田原城で江戸城はまだ北条氏の支城のひとつにすぎなかったのであります。

 

 

代表 まっちー音譜

 

株式会社 町田絲店 代表取締役

 

 

町田絲店の紹介動画です↓



 

ペタしてね

 

よろしければ↓↓クリックお願いします!

 

人気ブログランキングへ