中国西安の街並み(西安・法門寺)2 | まっちー(machida-ito)のブログ

まっちー(machida-ito)のブログ

糸・紐・リボン・テープ・・・・などなど

細くて長いものなら何でも取り揃える「町田絲店」の

7代目社長の「つぶやき」的なウェブログです。

ゆる~くご覧ください。

ありがとうございますニヤリ

 

前回に引き続き、西安の「法門寺」についてです。

 

 

改めてご紹介すると・・・

法門寺は正確には西安の西、宝鶏市に所在する仏教寺院です。

 

ガイドブックなどで法門寺の写真を見てみてください。

 

金色のクワガタの角のような建造物が印象的です。

 

 

 

本当に広くてダイナミックな回廊があります。

 

その壁も素晴らしい絵が施されています。

 

 

 

途中には、所狭しとお土産屋さんが並んでいます。

 

 

 

縮尺がわからなくなる仏像!

 

 

 

先の見えない参道?

 

 

 

本殿?

 

しかし、法門寺の特徴は建物の異様さ(笑)だけではありません。

 

創建は後漢期(西暦150年前後)と古く、当時は阿育王寺と呼ばれていました。釈迦の遺骨(仏舎利)を世界各地に送り、釈迦の教えを広めることに寄与した阿育(アショカ)王の名にちなんだもので、このお寺もそのひとつであるという言い伝えがあります。

 

 

 

きれいに整備された寺内

 

 

 

紆余曲折を経て、1987年、仏塔の再建を行う際に発見された地下宮殿から、4つの仏舎利を始めとした貴重な品々が見つかり、宗教界、考古学界を騒がせ、古来よりの言い伝えをおよそ2000年の後に証明しました。

 

 

 

仏舎利、そして仏教そのものがシルクロードを通って中国に伝わってきたことを思えば、この金ピカの寺院もシルクロードの産物なのだと言えないこともありません。

 

 

 

内部の装飾も一つの手抜きなく、きれいにしています。

 

 

 

上に中堂のようなものが鎮座していますね。

 

相当高いところです。

 

 

 

上に登って見える景色

 

 

 

神々しい・・・仏像??

 

 

 

 

 

ここまで広くて大きい寺院は見たことありません。

 

さすが、中国、法門寺

 

是非、訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

代表 まっちー音譜

 

株式会社 町田絲店 代表取締役

 

 

町田絲店の紹介動画です↓



 

ペタしてね

 

よろしければ↓↓クリックお願いします!

 

人気ブログランキングへ