「休日のドライブ」 | 町田福祉園スタッフのブログ

町田福祉園スタッフのブログ

東京都町田市にある
***社会福祉法人みずき福祉会『 町田福祉園 』スタッフたちが綴るブログです***

こんにちは

先日の健診結果をドキドキで待っていたら

見事にコレステロールを指摘され、

オメガ3の摂取を始めた町田福祉園スタッフです(汗)。

 

澄み渡った秋空のもと、

家族でドライブに出かけました。

 

今回のコースは、

山梨県の南東部で道志から都留

 

このエリアは、

八王子に住んでいる私にとっては地理的に、

また、学生時代から公私で身近な存在です。

 

今から20年以上前、

在学中に代表として設立した

「中山間地域研究所」のフィールドが

ここ道志村でした。

 

当時我々は、

過疎地域として少子高齢化が見られる道志村へ、

経営コンサル契約を結び、

地域のモチベーションと

持続発展的な魅力発信力の強化を応援していました。

 

我々は、

地域が本来有する「地力」を発揮するまでの

「土台」的存在であり、

我々の存在が不要となることが、

一つの目標でもありました。

 

そんな懐かしさを味わいつつ、

ドライブを楽しんでいました。

 

このあたりの峠道は、

何度も通っているうちに、

カーブの位置や強弱、

そして、入と出の

最適速度やハンドル角度も

身体が覚えているので、

運転は楽で心地いいです。

 

ただ、

今回は妻や子供も一緒なので、

その辺はほどほどにして…(笑)。

 

そんなこんなで都留に降りてきて、

気づけばランチタイム、

 

休日なので行列覚悟で

「山もとうどん」へ

 

 

しばし並びつつも

店内は調理以外全てセルフで

わりと回転がよく、

 

優しいつゆに包まれた

太くてコシの強いうどんと

シャキシャキゆでキャベツを

堪能しました。

 

 

そして、

満足して店を出て、

駐車場の奥へ目をやると、

なにやら踏切…?

 

 

ん、でも小さいなぁと

近づいていくと、

 

 

歩行者用の踏切でした。

しかも、電車の速度が上がるから

左右確認して渡ってねって…

 

さらに、なんと、

手動式の踏切でした。

 

 

これには

子供だけでなく、

親も人生初で、

意味もなく何度も渡ってしまいました…。

 

 

そして、

帰りは高速が渋滞のため下道でしたが、

国道は信号も少なく、

適度に車がいたので、

自動運転が使えて楽々でした(^^)。

そんな休日のお話でした!