いろいろデビュー | 町田福祉園スタッフのブログ

町田福祉園スタッフのブログ

東京都町田市にある
***社会福祉法人みずき福祉会『 町田福祉園 』スタッフたちが綴るブログです***


テーマ:

こんにちは。町田福祉園スタッフです。

ソメイヨシノの次は、八重桜が見ごろを迎えようとしています。

さまざまな花々が咲き誇る春ガーベラチューリップピンク薔薇

みなさんはどんな春を迎えていますか?

町田福祉園は、現場デビューした新人スタッフの、

あちこちで奮闘している姿が見られ

「春だなあ」としみじみ思いますクローバークローバークローバー

先輩から教わりながら、利用者さんと向き合う姿には

「ひたむき」という言葉がいちばんふさわしいと思いますキラキラキラキラ

 

私には高校生の娘がおりますが、

娘と年齢がどんどん近くなる新人スタッフを見ると

近年では「親」の気持ちで見守ってしまいます笑

 

「緊張しているのかな?」

「不安なのかな?」

「何か聞きたいことがあるのかな?」

ついつい思ってしまいます。

 

娘からはありがたい助言が出ます。

「ママは面倒見がよいけれど、しつこいから気をつけるように!!」

↑それな!!

「顔が怖いから気をつけるように!!」

↑それはしかたないだろう・・・。

 

私がこの春、デビューしようとこころがけていることは

「おせっかいおばさんにならないこと」です笑。

 

娘は、つい先日「高校バスケ公式戦デビュー」を果たしました。

ずっとやっていたテニスではなく、高校からバスケ部に入部しました。

彼女がこの1年間で大きく成長したなと思うこと。

それは「チームのために」と努力するようになったことです。

 

練習風景より。いちばん小さい・・・。

 

身長148㎝の娘が、メンバーチェンジで出たとき、観客席の他校の生徒から

「ちっちゃ!!」と言われたときは、私は思わず苦笑でした。

娘がコートを走っているときに「16番、足はやっ」と言われたときは、ガッツポーズでした大笑。

スリーポイントシュートは残念ながら外してしまいましたが、経験者ばかり、背も高い選手の中で

「よくここまで追いついたな」と、親バカの涙でした笑。

 

さて、地味ですが、私の夫もこの春、ひとつデビューしました。

それは「同窓会デビュー」

ずっとそうゆう類のものに誘われても出なかったのです。

しかし何故か、この春、中学の同窓会に出席する気になり

二次会まで出てきた夫は、どことなく、楽しげな中学生男子のような顔をして帰ってきました。

・・・いつも、そんな楽しい顔していると、いいんですけどねえ苦笑

 

平成最後の春、令和とともにやってくる新緑の季節。

みなさんも、小さなデビューしてみると、少し気分が変わるかも!?

町田福祉園staffさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ