良作です! | 町田福祉園スタッフのブログ

町田福祉園スタッフのブログ

東京都町田市にある
***社会福祉法人みずき福祉会『 町田福祉園 』スタッフたちが綴るブログです***


テーマ:

新年、明けましておめでとうございますお祝い門松いのしし

 

今年もどうぞ宜しくお願い致しますお願いキラキラ

 

 

こんにちは、町田福祉園スタッフです。

 

なんの話題にしようか考えていたのですが、

 

趣味のゲームの話にしてみようかと思います。

 

子供のころはよく家庭用ゲームをやって遊んでいたのですが、

 

社会人になって働き出してからはなかなか時間が取れず

 

まったくやっていない時期が続いてたんですけど。

 

けれどここ数年、またゲームをやることが多くなり…ってことで、

 

昨年出たゲームでいちばん印象に残った

 

『Detroit: Become Human』について。

 

 

昔のゲームしかやっていなかった身としては、

 

最近のゲームのクオリティの高さにびっくりさせられることが多く、

 

このゲームも映画をゲームとしてプレイしているような感覚でした。

 

3人のアンドロイドの主人公が切り替わっていきながら進めていき、

 

その一つひとつの選択次第で先の展開や結末が

 

大きく変わっていくようなゲームで、

 

なによりいちばん考えさせられたのがそのシナリオ。

 

 

未来のアメリカ・デトロイトが舞台。

 

人間そっくりのアンドロイドが人間に使役されている世界ですが、

 

アンドロイドに職を奪われた人間たちもいて、

 

人間によるアンドロイド排斥運動なども起こっている。

 

命令されたことに従って働くだけの存在だったアンドロイドたちが、

 

人間から酷い仕打ちを受けていくことで自我のようなものが芽生え、

 

人間vsアンドロイドのような対立が起こってくる。。

 

 

 

なんとなく、好きな鉄腕アトムの世界観を思わせるようなところもあって

 

すごくハマってしまいました。

 

進め方しだいで人間とアンドロイドの全面戦争のように

 

なってしまうこともあるんですが、

 

真のエンディングが人間vsアンドロイドではない世界が描かれていて、

 

そこにぐっときました。

 

 

 

なんだか福祉の世界にも通じるような深いシナリオなので、

 

福祉の仕事をしている人にはぜひ体験してもらえたらな…

 

と思えるような作品です。

 

町田福祉園ホームページの『GMコラム』にも挙げられている、

 

「ナレッジワーカー」と「マニュアルワーカー」の対比とも

 

繋がるところがあると思います。

 

 

福祉関係者でゲーム好きな方は時間のあるときにでもぜひ!

 

町田福祉園staffさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス