町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。

 

 

 

 

 

花粉の季節がやってきました。

僕はそこまで重症ではないんですけど、やはり嫌ですね。

頑張りましょう。笑

 

 

 

 

 

 

 

任意整理をすると借金は減額されますか?

 

 

 

任意整理をしても必ず減額されるとは限りません。

 

任意整理をする場合、債権者に対して「取引履歴」を請求します。 

この取引履歴とは、借り入れ当初からの借入金額や借入日、返済額などの履歴が記載された書面のことです。
この取引履歴を取り寄せて、利息制限法に基づいて引き直し計算をします。

 

少し前までは、消費者金融も利息制限法の利率をオーバーした利率でお金を貸していたので、当該引き直し計算によってかなりの減額が見込めました。

これによって“借金の返しすぎ”が生じて、逆に消費者金融に返しすぎたお金を請求する「過払い金請求」が多く発生しました。(「過払い金」という言葉が流行したきっかけとなりました。)

 

しかし、最近では、利息制限法に基づいた利率でお金を貸しているので、過払い金が生じることも少なくなり、引き直し計算をしても減額されないことが多くなっています。

過払い金が生じている、もしくは借金が減額される1つの目安としては「2010年(平成22年)よりも前に借金をしていたかどうか」です。

これによって借金が減額されるかどうか、過払い金が発生するかどうかがほぼ分かれます。

 

もちろん、これに該当しないからと言って減額されないとは限らないですし、債権者との交渉次第では少額ではありますが減額できることもあります。

まずは弊所にご相談頂き、ご自身の借金が減額されるかどうか、過払い金が発生しているかどうか、調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

その他任意整理のことや、過払い金のことでご不明な点はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、お電話またはメールにてお気軽にご相談ください。

 

 

電話受付 
042-850-9737
平日:8:30~21:00
土日:10:00~20:00
 
24時間メール受付
無料相談メールフォームからご相談ください。

 

 

弊所HP↓
町田・相模原・川崎・八王子・多摩地域を中心に活動する「司法書士・行政書士 町田リーガル・ホーム」~家族信託(民事信託)、認知症対策、遺産相続・遺言、生前整理、終活、各種登記、会社設立、離婚・財産分与、借金問題(債務整理)、成年後見、VISA、許認可など~

 

 

民事信託・家族信託のミヤシタ相談所↓
民事信託(家族信託)は遺言書に代わる新たな相続対策、成年後見を補完する財産管理を実現する制度です。
特に高齢者の認知症対策・相続対策・資産凍結回避・二次相続以降の資産承継などで活用できます。
 信託Q&Aなども定期的にアップ中です。

 

 


~~~日々の暮らしに「安心」と「活力」を~~~
〒194-0013
東京都町田市原町田二丁目2番1-403号
司法書士・行政書士 町田リーガル・ホーム
TEL : 042-850-9737 FAX : 042-850-9738
Mail : miyashita@machida-legal.com
HP  : https://www.machida-legal.com

 

民事信託・家族信託のミヤシタ相談所
https://machida-shintaku.com

町田・相模原の司法書士ミヤの開業ブログ~生き生きと生きる~

https://blog.goo.ne.jp/machida-rh

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~