2017-08-05 13:11:25

ただ好きで。。。

テーマ:介護

きのうは横浜で開催された
”全国介護福祉総合フェスティバル”
にて映画「八重子のハミング」の


佐々部清監督や主演の升毅さんを
お招きしたトークショーのお手伝い星

{A6FF7971-FA40-4001-A91A-30743B27CB6C}

また認知症になっても安心して
暮らせる街づくりに取り組んでいる


NPO法人”町田市つながりの開”の
理事長を務めている前田隆行さんと


湖山医療福祉グループ代表の
湖山泰成さんからも認知症ケアなど
幅広い視点からお話いただきましたひらめき電球


”ひだまりハウス”でも紹介した
映画「八重子のハミング」は


若年性認知症の奥様を介護した
陽信孝さんの著書を映画化したもの。


愛する人の変わりゆく姿に戸惑い
葛藤しながらも深い愛情を持って
12年もの間寄り添った夫婦の記録。


初主演だったという升毅さん
原作を読んだ時に涙が止まらず
台詞を口にしようとしても涙が。


撮影に入るまで果たしてこの役が
自分に出来るかなと思っていたそう。


そんな升毅さんへの監督からの
演技へのアドバイスは八重子さんを
”ただ好きで好きでいて下さい”


実際に撮影がスタートすると
目の前の八重子さんのために
”こうしてあげたい”という想いが
湧き出てきて自然に演技できたそう。


”幸せな時間を過ごせました”


こう話していた時の升さんは
とても優しい表情をしてましたニコニコ


そして升さんだけが頼りだったと
八重子役を演じた高橋洋子さんも。


家族の名前は忘れてしまっても
頼れて安心できる存在であることが
お2人の繋いだ手と手から伝わりますクローバー


大手映画会社から地味と言われ
なかなか映画化の話は進まず。。。


監督自らがプロデューサーをし
資金集めまでして完成した作品映画


どうしても映画化したかった
「八重子のハミング」は究極の
大人の恋愛映画だと佐々部監督。


世代によって感じ方は違っていいし
大切な人を想いながら観て欲しいと。


怒りには限界はあっても
人の優しさには限界がない。。。


陽さんのようには出来ないが
優しさを持っていたいと升さん。


認知症でも八重子さんの様に人を
繋げる役割を果たすことが出来ると


認知症の人達に働く機会を作る
デイサービスを運営する前田さん。


介護する人される人ではなく
お互いに必要とされる存在として


支え合える関係を築いていければ
認知症でも安心して暮らせるはずひらめき電球


認知症や介護と向き合う時に
大切なことに気づかせてくれる
映画「八重子のハミング」
まだ観てない方ぜひお勧めですにひひ


上映館はホームページをご覧下さいサーチ

http://yaeko-humming.jp/theater.html
























AD

町亞聖さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース