"ウツ会議" | 町亞聖オフィシャルブログ「As I am」Powered by Ameba
2015-09-12 16:30:20

"ウツ会議"

テーマ:医療
ニッポン放送『ひだまりハウス』
あすはうつ病を抱える人を
職場でサポートする人のために
開発された研修用カードゲーム
"ウツ会議"を紹介します。

photo:01


開発したのはご自身もうつ病を
経験している広瀬眞之介さん。


難しい専門用語も多い座学の
メンタルヘルスの研修。。。


特に管理職への効果がないので
もっと自主的に参加者が
学べる方法がないかと相談された
広瀬さんが考案したものですひらめき電球

photo:02


4人から6人のグループに別れ
当事者、上司、人事、医師、
カウンセラー、BARのマスターという
役柄に別れてゲームを進めます。


それぞれ得手不得手があり
例えば医師は'治療や休養'が
得意ですが見守ることや
自信をつけることは苦手など。

photo:03


"症状カード"を積み上げた
当事者のストレスを表現した
ストレスタワーを"対処カード"を
使って取り除いていきます。


このタワーが高いほど患者は
ストレスが沢山あるということに。

photo:04


タワーをゼロにすることが
カードゲームの最終目的で
1枚でも残ったらクリアならずで
全員が負けとなりますダウン


カードゲーム研修"ウツ会議"の
開発のために広瀬さんは
100人ほどの患者や周囲の人に
インタビューしたそうですメモ


"ウツ会議"は周囲の人が
うつ病の人の気持ちを
理解することが目的ですので


症状カードには実際に患者が
体験したリアルな感情が
そのまま書かれています。


ですのでうつ病の当事者の方は
この研修には参加できません。


カードゲームを2回プレイしますが
2時間半から3時間かかります。


ゲームをしながらうつ病の問題を
理解し対処法を知ることができ


さらにチームでプレイすることで
普段は会話しにくい問題について
自然に意見交換が出来るのも特徴星

photo:05


私も実際に体験してみましたが
病気自体の治療は医師や
カウンセラーの力が必要ですが


職場復帰のためには会社の理解と
サポートが絶対に欠かせません。


うつ病の問題は1人では
解決できないということを
"ウツ会議"は教えてくれます。


"ウツ会議"について詳しく
知りたい場合はこちらまで☞
http://mtg.blue


ニッポン放送『ひだまりハウス』
毎週日曜あさ6時25分からOAヒマワリ


また番組ホームページからは
過去の放送を聴くことが出来ますので
ぜひご利用いただければと思いますニコニコ


iPhoneからの投稿

町亞聖さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース