僕とシッポと神楽坂 第8話<最終話②> | インドネシアでも感謝カンゲキ雨嵐☆

インドネシアでも感謝カンゲキ雨嵐☆

海外でもARASHIを応援しながら日々を奮闘中~
初めての海外生活でのアレコレを記しています☆


テーマ:

前記事の続きですクローバー

 

☆宜しければこちら<最終回①>を先にご覧下さい

 

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

コオ先生が何度か自宅へ訪問しても

何事も受け入れようとしなかった井坂だったが

ある日、ふと目を離した時に

飼い犬のタロウが、玄関から外へ出て事故に遭ってしまう…

 

 

タロウを坂の上動物病院へ連れて来た井坂は

「タロウは悪くないのに」と言い自分を責める
その話を静かに聞き、井坂の手を取り
「気持ちは受け取りました」と伝え、手術を始めるコオ先生
この場面も最後…(悲)

 

 

 

 

手術中、井坂の前にダイキチがやってくる

ダイキチとタロウの姿と重ね、井坂は一緒に過ごした時間を思い出す

この場面のダイキチ君が可愛かったな~

画像でもわかる通り

ダイキチ君、しっかり顔を見てピタッと井坂の前でお座りをしていた

どうやって演技させてるんだろう…気になる

 

 

 

タロウの手術中

目を見開いて真剣な演技をしている相葉さん

 

 

 

 

 

手術が終わり、涙を流してタロウを撫でる井坂へ

「思い出は忘れてしまっても、これから作っていけばいい。

 もしタロウが天国に行ってしまっても

 それまでの時間は素敵な宝物になると思います。」

と優しく語り掛けるコオ先生

その話を、自分の記憶をなくしてしまった夫と重ねるトキワだった

 

 

 

手術のあと、夫と大地と大分へ行くことを伝えるトキワ

「そうですか…ここからは少し遠いですね」と返すコオ先生

トキワは「楽しかった!ここで働いた日々は宝物です」と言い涙を浮かべる

「トキワさん、笑って!トキワさんは笑顔の方がいい」というセリフが続いたが

この場面の相葉さんは顔つきが別人のように感じられた

そう、コオ先生そのものだった!

 

 

 

 

 

トキワを途中まで送り、握手をして別れ後ろ姿を見送るコオ先生

もうね、切なくて…トキワは振り向かずに歩いて行ってしまうんだけど

その姿を見送るコオ先生の表情が、涙を必死に堪えてたの

泣いていいんだよ~って思いながら、自分が泣いてました

ギュッと握る相葉さんの手はしっかり見つめつつ☆

 

 

 

 

病院へ戻ると、診察室のあちこちにトキワが書いたメモが!

 

その中にコオ先生に向けたメッセージもあり…

 

 

 

 

それを見て、堪えていた感情が溢れるコオ先生

溢れる、と言っても、誰も居ないのに

静かに涙を流し机に突っ伏すだけという

どこまでも強いというか、抱えてしまうというか…

 

 

 

 

ある日の朝

診察室にはトキワメモが必要な所に貼ってある

トキワの坂の上動物病院への想いは忘れない!と

表現しているように感じられた

 

 

堀川くんも居ない病院で

大地から近況報告のハガキが届き、笑顔を浮かべるコオ先生

いつも通り、温かく患者を迎えるシーンで最終話は幕を閉じた

 

 

~エンディング~

 

徳丸先生とコオ先生の後ろ姿

前から撮った画像が番組公式ページに出ていたけど

2人とも良い笑顔だったなぁ♡

 

 

ドラマ感想レポで触れられなかった『今日の一言』

毎回気になって、しっかりチェックしてました(笑)

物語の展開を表す言葉が書かれていて…最後はこの言葉!

そうだね、何がしあわせって、誰でもない自分で決めることだと思う

 

 

 

DVD&Blu-rayの発売決定発表のあと

最後の最後の画像は、この『虹』でした虹

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

ついに、本当に終わってしまったショボーン

 

ドラマに合わせたかのように(泣)

自宅のネット環境が不安定となりあせる

これまでの相葉さん主演ドラマとは

色んな意味で異なる環境での視聴…

でも、感想をこうして記事にすることで

自分の心にしっかりと刻むことが出来た気がしている

 

後半は、長くなってしまって読みづらい部分もあったかと思います…

ご覧いただいた皆様、本当にありがとうございましたニコニコ

 

追って総括的な記事、書けるといいなと思ってますグリーンハーツ

なので、割とサラッとまとめて今回はおしまいっ!!(笑)

pinga☆さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス