5年

テーマ:
今日は父の命日。


新しく任された仕事もあって
休むのは厳しいかなと思っていたけれど、
ちょうど絶妙の隙間が出来たから
プロジェクト仲間にお願いして、お休みした。



お墓参りに行くために支度をしている最中に兄から電話。

兄も休みが取れたらしく、義姉もたまたま休みで、
母と4人でお墓参りへ。





父にはいつも

「早く迎えに来てね」

と頼んでいるけれど、いつになることやら。





いつか私が死んで、どこかで父に会えたら
父の苦境を救えないままだったことを謝りたい。
もし許してもらえたなら、
のんびり同じ空間でぼーっと空でも眺めながら
ゆっくり一緒に過ごしたいな。





母のことは多分一生許すことは出来ない。

1年前に酔って笑いながら母が話した話を、
私は笑って聞き流すことなんて出来なかった。


それでも血の繋がった子供だというだけで
私が母を養う義務があるなんて、理不尽にもほどがある。

あまりに理不尽だから、しょっちゅう喧嘩。

もう、我慢も遠慮もやめたのだ。
あまりにバカバカしくて。





それでも、唯一の救いは、
父の子供で良かったと、今でも思っていること。






いつも父の仏壇に向かって

「女の趣味、悪すぎだよ。」

と文句を言っている。





今度父に会えたら、父は何というだろうか。

でも、大筋は私の意見に同意してくれるような気がしている。






AD