再会

テーマ:

今月は強化月間みたいな感じになっているくらい、
しばらく会っていなかった友達や同級生と再会している。


ひとり目は、小学3年から4年間同じクラスで仲良しだった、良子(仮名)。

今でも仲良しの同級生グループのひとりだけど、
良子は結婚組で私は独身組なので、会える機会は少ない。
ちょうどその日は私が有休をとった平日で、メールをしたら即快諾の返信があり、
急きょランチをすることに。
旦那さんの家族のことや、私の仕事のことなど、
時間を気にせずたくさん話ができて、あっという間に時間は過ぎた。


ふたり目は、親友の聡子(仮名)。

私の家のことで一騒動あって、色々と話を聞いてもらった。
聡子には何でも話せるから、
ドロドロした感情など、なんでもぶちまけてすっきりした。
新宿の、ふたりがお気に入りの和食のお店で
おいしいものを食べながら語ることができて、よかった。


三人目、高校の同級生だった由美(仮名)。

クラスは一緒になったことはないけど、
仲良くしていた子の中学の同級生つながりで仲良くなった。
高校生の頃はもう、ここに書くのは憚られるようなことをたくさんしたけど、
その頃の必死な気持ちとか、男にうつつを抜かしていた自分とか、
いろんなことがフラッシュバックした。
もともと楽しい人だったけど、10年以上ぶりに再会したら、
ものっすごいパワーアップしていて、マシンガントーク炸裂。
一緒に行った友達も私も、自分のことを話す暇すらなかったせいか、
帰ってからどっと疲れが出た。


四人目、同じく高校の同級生、圭(仮名)。

唯一メンズのこの人は、かつて高校生だった頃に何度か寝たことのある関係。
由美から最近の様子とメアドを聞いたのでメールを送ったら、
あっさり飲みに行くことに。
同じバツイチだと聞いたし、これはお持ち帰りコースかも、と思っていたら案の定。
ホテルに着いた頃にはふたりとも結構な感じに出来上がっていたので、
部屋に入った瞬間からキスやら、服を脱がせるやら、落ち着かない。
結局、もつれるようにお風呂に入って、我慢ができずにお風呂の中で1回。
出てからはもう何回したか最早覚えていないけど、まさに貪りあった状態。
体型が崩れつつあることを気にしている私に、
「全然変わってないじゃん。」
「まっこ、相変わらずエロい。やばい。」
のお言葉をいただき、気分よくセックスに没頭できた。
しばらく禁欲生活を送っていたのだけれど、
久しぶりにするセックスは気持ちがよくて、楽しかった。
私の現在の
「彼氏はいらない。でもセックスはしたい。セフレでOK。既婚者NG。
 だからといって、ぞんざいな扱いをされるのは嫌。
 私の他に彼女がいてもいいんだけど、
 それを彼女にも私にもバレないように上手に嘘をついてくれないと嫌。
 私と居る時は、私をお姫様のように扱ってくれる男じゃないと嫌。」
の考えに甚く共鳴してくれて、
その発想だとか考えることだとかが、実はお仲間であることも判明。
多分私たちみたいな考えの人間は、世間一般の物差しからすると
完全にマイノリティなアウトローなんだと思う。
だから、そう思っていることは基本的に言わないけど、
正直、仲間が見つかったのは驚きと同時に、不思議と嬉しい気持ちも湧いた。
圭とは続きそうな予感。

AD