はてなバトン

テーマ:

遅くなりましたが、冬子さん 、「はてなバトン」ありがとうございます。



・・・



1.回す人5人を最初に書いておく。


※強制ではないことを、先に申し上げておきます。


007さん(現在休止中ですが)
milkyさん
moon-angelさん
ARKさん
hogadama-teayopさん



2.お名前は?


雨風呂では「まっこ」ですが、
本当の名前は、よくある○○子です。
友達やぐっさんからは、
本名の「○○子」や、子をとって「○○」と呼ばれています。



3.おいくつ?


35。昭和46年生まれのイノシシ、A型、おとめ座。
あ、来年年女です。



4.職業は?


プロジェクトリーダーだったり、先生だったり、事務員だったり。
いろいろやってます。



5.趣味は?


音楽。
趣味というより、人生の一部。ないと生きていけません。



6.好きな異性のタイプは?


器の大きい人。
私より背が高い人。ちなみに私は150.3cm。0.3cmのびました。
細身よりマッチョ。
私が女であることを意識させてくれる人。
動物を可愛がれる人。
すべての言動の根底に、愛がある人。

いっぽん筋が通った人。(これは男女問わず)



7.特技は?


これといってなし。
犬とはすぐ仲良くなれます。
あとは、酒を飲む量が人並み以上ってくらいでしょうか。



8.資格、何か持っていますか?


あまり胸張ってかけるような資格はないです。
若い頃は、資格がなくてもしっかり仕事が出来るのが美学だと思っていたので。



9.好きな食べ物と嫌いな食べ物は?


好き:魚介類全般(生でも何でも)、肉は断然鶏肉、野菜なら玉ねぎ、アボカド、トマト
嫌い:しいたけ、納豆、なめこ、たけのこ、グリンピース、にんじん(生のみOK)



10.あなたが愛する人(ぐっさん)への一言


いつもきわどいところで拾って救ってくれて、感謝してます。ありがとう。



11.回す5名を指名すると同時に、その人の他己紹介を


007さん 「coffeebeat」
『何でも、この007がいつでも引き受けるぜ!』

私が雨風呂を始めて、いちばん最初に好きになったブログを書いていたお方。
時にはお兄さん、そしてある時は恋人(迷惑かも。笑)のような存在。
今は事情があってお休み中のようですが、復活を強く望んでいるファンのひとりです。


milkyさん 「とろける日記」
『相方のエバラとラブラブな彼と山あり谷あり、でも楽しい毎日を送っています☆』

私の雨風呂初期の頃から仲良くさせていただいているブロガーさん。
私はどうしても語彙力がないため、言葉を尽くしてしまうのに対し、
milkyさんの簡潔、そしてコミカルな文章っぷりは、読んでいて惚れ惚れするほどです。


moon-angelさん 「リシングル(Re-single)って…~世の中、バツ一ってけっこうおるんやね~」
『しっかり前を向いて、歩いています。でも、時には常軌を逸してしまうこともありますよね。』

お互いに離婚問題に直面していた頃に知り合ったブロガーさん。
今では、お互いにリシングルになりましたが。笑
冷静かつ洞察力の優れた文章が、とても好きです。


ARKさん 「LIFE IS R&R」
『ロックンロール!』

音楽繋がりなブロガーさん。私も音楽好きなので、共感できることが多いです。
私は音楽で食っていくことにあっさり挫折しましたので、
ARKさんは本当にすごいなぁといつも思っているし、年齢以上に大人な人ってところがまたすごいです。


hogadama-teayop(てよ)さん 「ほがだま2006。~笑い勝ちするぞの後半戦~」
『韓流ブームが去ろうとも、いつでも韓国はよいところです。』

私がちょうど離婚でお休みしていた頃からのお付き合いでしょうか。
韓国のことにとても詳しく、たぶんてよさんに聞くのがいちばん早いと勝手に思っています。
そして、たまに毒を吐きつつ、でも愛がある感じが好きです。



AD

復活

テーマ:

タバコ。



3年前に肺炎で入院して以来、1本も吸っていなかった。


たまに、吸っている友達から一口もらったりしたけど、

ちっともおいしいなんて思わなくて、復活することはなかった。



今じゃ、1日2箱ペースで吸っていて、

最近吸い始めたことを知っている会社のヤニ仲間男の子たちには


「まっこさん、タバコの吸い方板につきすぎですよ。

 前に吸ってたのバレバレですから。」


なんて言われる始末。


_| ̄|○ワルカッタネ



でも、会社を一歩出ると、不思議と吸いたくならない。


やはり私のストレスの大きな原因のひとつは、会社なのであった。


いちばんのストレスだと思っていた離婚の時ですら、

タバコを吸いたいなんて思わなかったのに。



身体には最高に悪い嗜好かもしれないが、

今の私にとって、会社にいる時のイライラを静める道具としては最適だ。

そして、頭の中を整理するにも、一服しているといい感じ。



既に『ヘヴィスモーカー』と呼ばれてしまっているけど、

会社にいる時と、酒を飲む時以外は、タバコは吸わないようにしよう。


最近、食欲が減って体重が落ちたのも、タバコのせいなのかな。



・・・



この間の金曜日、10月に入って初めて、電車で自宅に帰ってこれた。


ずっと、終電なくなるくらいまで仕事して、タクシーで帰ってきていた。
平均睡眠時間、3~4時間。


睡眠時間が少ないと、いろんなところに支障をきたす。


眠くなる。

集中できない。

簡単なこともすぐに終わらせられない。

だらける。

男に甘えたくなる。

セックスしたくなる。


など。



気がつけば、私の知らないところで他のプロジェクトにも私の名前が加えられていた。


私の身体はひとつしかないのに、どうせいっちゅーんじゃい。


と、オヤジみたいな台詞で愚痴る私であった。

_| ̄|○



・・・



この間、客の接待で佐藤くん(仮名)も同席していた。


その夜、ちょうど雨が降り始めて、

帰りは傘を持っている人間が持っていない人を駅まで送った。

私の傘には、佐藤くんが入った。


傘の中で佐藤くんがちょっかいを出すから、スイッチが入ってしまった。


知らないビルの階段に強引に引っ張っていって


「ね、キスして。」


とせがんだら、


「酔っぱらい。まっこって本当にスケベだよな。」


と、佐藤くんは笑いながらキスをした。


彼のずるいところは、私がどんなキスが好きか知っているくせに、なかなかしないところだ。

あともう少しのところで、いつも逃げた。


「ずるい。今日はじらされるの嫌なの。ね、お願い。」


冷静だった佐藤くんも、私のその台詞でやっとスイッチが入ったらしい。


それから私たちは、道行く人たちを気にしながら、

公然わいせつに近い行為を延々と繰り返した。



後日、佐藤くんが仕事中に私のケータイに電話をかけてきた。


「俺も相当酔っ払ってたけど、まっこもだよね。

 なんか、あの日してたことを後から振り返ったら、恥ずかしくってさ。」


「やっぱり?私も。アルコールの力ってすごいよね。笑」


「ほんとだよなー。笑」


ふたりで笑いながら、電話を切った。



会社の中では、佐藤くんがとても貴重な心のオアシスとなっている。

しかし、彼とは終わりが決まっている間柄だ。


私と佐藤くんが仲が良いのを気に入らない社長は、

佐藤くんがメンバーに加わっているプロジェクトが一段落したら、

彼をクビにすると宣言している。


こういうのが、パワハラと言うのか、それともモラハラか?


私には、

『社長の俺と寝るのはよし、でも俺の気に入らない男と寝るのはダメ』

という言い分が、そもそも理解できない。


佐藤くんを本当にくびにするのであれば、

それは同時に私も辞めることだと思っている。


個人経営の小さい会社では、ワンマンなのは仕方がないとよく言うけれど、

うちの会社はそれでもかなりの業績を上げて、

今では潰しにかかるところも出てきているくらい、

それなりに注目を浴びるくらいの企業になってきた。

その会社の社長が、こんなんでいいのかしら?と個人的には思うけれど、

きっとそれでも会社は続いていくのだろうと思う。


もともとロイヤルティなんてものを微塵も持っていなかった私には、今更どうでもいいことだ。

自分がやるべき仕事をこなし、結果を出すのみ。



AD

あーあ

テーマ:

そうならないように、ずっと避けてきたのだけど。




来年、海外出張決定。




どなたか、インドは行ったことありますか?


何かご存知でしたら、教えてください。




滞在期間は1ヶ月を予定しています。


ハイデラバードです。



AD

男って

テーマ:

本当に、女とは違う生き物だよなぁと、よく思う。

特に、性的なことが絡むと本当に違う。


社長は、私に


「絶対にお前を満足させる自信があるから、一度でいいからやらせろよ。」


としつこいくらいに言ってくるし、


佐藤くん(仮名)は、仕事帰りにわざわざ電話をよこして


「まっこの乱れてる姿がまた見たいなぁ。」


とさらっと言う。


男って、どうしてセックスの部分で主張する人が多いのだろうか。

私の周りだけなのか?


若い頃はそういう言動に嫌気がさしていたけど、

ここ近年は、そんなことを言ってしまえる男がいじらしいとさえ思えてしまうし、

軽くあしらうことも、そこから発展させていくことも、容易にできる。


これが、年を取ったということか。


orz



愛っていったい

テーマ:

最近、毎日終電を逃してタクシー帰りで、

しかも仕事でもかなり酷いことがおきていてしょんぼりしている私を気遣って、

ぐっさんがわざわざ名古屋から来てくれた。


土曜日の夜にこっちへ来て、今日新幹線で帰っていった。


愛用していた第3世代のiPodが壊れたかもしれない、とぼやいたら、

先月発売したばかりのiPod nanoを買ってくれた。


ぐっさんは、私の解毒剤みたいな人だ。



今、会社を辞めて名古屋へ移り住むかどうか、悩んでいる。