明日はこれまた重要な仕事を控えているというのに、

集中力散漫で、準備が一向にはかどりません。

そんなわけで、一気にブログ更新。たまには。


今日、勝からメールが来たので、1ヶ月前美容室に行った時の話から。



・・・



女の子は、失恋したら髪を切ると言うけど、それはある意味正しいと思う。



くらーい気分をスカッと晴れやかに、気分転換がしたい。


 →どんな気分転換がよいだろう?


 →そうだ、髪の毛を切ろう。

 


というのが、いつもの私の思考パターン。単細胞なだけである。 _| ̄|○



しかし、今回ばかりは、美容室へ行くのは躊躇われた。

何故なら、何度か夜を一緒に過ごした勝が、

私のいきつけの美容室で美容師をやっているからだ。

しかも、かなり後味の悪い別れ方 をして以来、一度も連絡を取っていなかった。


1時間くらい悩んだ結果、やはり行く事にした。

私が悪いことをしたわけではないのだから、と腹を括り。


予約の電話でゆりえ姐さんを指名して、いざ出陣。


勝が、いないはずがないとはわかっていたけど、

元気に仕事している姿を見て、軽くヘコんだ。

そして、「いらっしゃいませ~」と私の顔を見たとたんに表情が暗くなったのを、見逃さなかった。

さらにヘコんだ。


ゆりえ姐は人気者で指名が多く、私の元を離れることもしばしば。

そんな時は別のスタッフがやってくれるのだが、さすがに勝は来なかった。

今までなら、必ず来てやってくれていたのに。


カラーが終わりシャンプーの後、カットでゆりえ姐が戻ってきた。


「ぱぁーっと気分転換したいので、バッサバサ切っちゃってください。

 遠慮はいらないです。思い切ってがっつりと。」

 

と頼んだら、驚いていた。

 

「まっこちゃん、ずっとキレイなロングだったのに、切っちゃうの?

 ねぇ、本当にいいの?本当に?」

 

としつこいくらいに聞かれ、しつこく

 

「いいです、いっちゃってください。」

 

と答えた。

半分、やけくそだった。

ゆりえ姐が私にすすめたのは、ウルフカットだった。




ゆりえ姐がカットしている最中、私に耳打ちした。


「勝くん、まっこちゃんにふられたって言っていたけど、本当なの?

 この間ちょっとしたことで喧嘩してから、連絡が来ないって寂しがってたよ。」


びっくりした。

勝にとっては「ちょっとしたことで喧嘩」程度のことだったのか?

ということを知り、ショックだった。

やっぱり、勝とは切れて正解かもしれないと、思った。

ゆりえ姐には、笑って誤魔化してしまった。




そして、完成したウルフカット。

自分を鏡で見て。


・・・に、似合ってない。 _| ̄|○


ゆりえ姐が上手に髪型をまとめてくれたときはよかったけど、

翌日以降、自分で上手に出来ず単なるボサボサな髪型だった。

ところが、自分の気持ちとは逆に周囲の反応はとてもよかった。


「ロングも似合うけど、ウルフも新鮮でいいよ!」

「若返ったなー」


などなど。


最初は気に入らなかったが、今はこの髪形が好きだ。

ぐっさんも、今の髪型も似合っていると言ってくれた。



・・・



以上が、約1ヶ月前の話。




今日の昼間、おねぇが会社から呼び出しを食らってバタバタと支度している最中に、

勝からメールが届いた。


「久しぶり。ウルフの調子はどう?上手に出来るようになった?

 ところで、会って話したいことがある。今週の火曜日あいてる?」


まさかメールが来るとは思ってもみなかったので、驚いた。

携帯の画面を見つめたまま固まっている私を見て、おねぇが一言。


「ろくでもないメールは、相手にしないことよ。」


なるほど。そうしよう。

私も今さら話すことなんてないし。

どんな話なのか、気にならないわけではないが。


AD

出張やら生理やら体調不良やら天候不良やらでしばらく行けなかったジム。

久々に運動したら疲れた~。


●脂肪燃焼系エアロ  60分

●筋トレ          45分

●腹筋           60回


今日は久々だったので、軽め。

明日もおねぇが来る前に行ってこようっと。


もうすぐノースリーブのシーズンなのに、二の腕はまだまだ逞しいままである。


_| ̄|○



AD

最近知った、トイレにまつわる衝撃的事実について。

いや、ある意味問題提議。



・・・


その1


再生紙のトイレットペーパーは、溶けにくいから気をつけたほうがよい。らしい。

(汲み取りなどを専門にやっている業者に勤めている友達から聞いた話)



・・・



その2


温水便座の利用方法について。

※食事中は読まないほうがいいかも。


先日、友達グループとお酒の席でこの話になり、

しまいには隣にいたおっさんグループまで話に加わって、大いに盛り上がった。


私は、自分で使う時は、トイレットペーパーで拭いてから、使っていた。

ところが、異論を唱える人多数。


「えっ、フツーは拭かないでそのままジャーっと流すよね?」


・・・なんですって!?

私は、相当引いていたと自分で思う。


そこから、熱い議論が始まった。


結構でかい声で話していたのと、あまり広くないお店だったこともあり、

隣テーブルの仕事帰りの少し疲れたおじさんたちが途中から話に加わってきた。


集計結果発表。計8名。


温水便座を使う時、


拭いてから流す・・・・・・・・・・・・・・・3名

拭かずに直接流す・・・・・・・・・・・・・5名


正しい使い方は、どっちなんだろう??

その場にいた誰も知らなかった。

というより、自分の使い方が正しいと信じて疑わない人ばかりだった。


結構ショックを隠しきれない私。 _| ̄|○


模様替え

テーマ:

引っ越してきて、もうすぐ2ヶ月。

住み始めてみると、いろんなことがわかってくる。

特に私の場合、完全なひとりぐらしは人生初なので、

毎日新しい発見があって、とにかく楽しい。


好みにもよるのかもしれないが、私がひとり暮らしを始めて感じたことは、

物は少ないほうが住みやすい、ということだ。


欲張って持ってきた本やCDは、端に追いやられてしまっている。

本当によく見たり聴いたりするもの以外は処分することにした。


ホームセンターへ行って必要なものを買い揃え、部屋の模様替えを兼ねて片付けた。

随分とスッキリしたと思う。


今週末には、またおねぇがやってくる。

いつもは仕事でバタバタ来て、バタバタのうちに帰って、なのだが、

今回は結構ゆっくり出来るらしい。

友達から美顔器をもらった話をしたら、しきりにやりたいと言っていた。

今週末は、女?同志で体の隅々までピカピカにしようと思う。

そしてまた私の下手くそな料理でも食べさせよう。



・・・



この間ぐっさんが来た時に、

以前持っていて要らなくなったPS2とPSのソフトを貰ってもらった。


その中に、10年位前に私や私の職場の人たちがみんなハマっていたソフトがあり、

ぐっさんは今日初めてそのソフトをやると電話で言ったので、


「それ、本当に怖いんだよぉ。ホラー系大丈夫なの?」


と半分脅しで言ってみたが、


「全然平気。俺は怖がる器官はもってないらしい。」


とまともに取り合わない。

じゃあ、やってみて一通り終わったらまた電話してね、と言って、一度電話を切った。


数十分後、電話。


「これ、どこでセーブするの?いくら進めても、セーブするところが見つからん。

 ・・・うわーーーーーーー!!!」


・・・???突然ぐっさんが叫んだ。


ま「大丈夫?どうしたの?」


ぐ「わやや。このソフト怖いかも知れん。」


ぐっさん、充分怖がってるじゃん。笑

強がるところが、またかわいいと思ってしまう私であった。


ちなみに、そのソフトは、これです。


メーカー: チュンソフト
タイトル: PlayStation the Best サウンドノベルエヴォリューション2 かまいたちの夜