『霜』のメカニズム | maccha-yaのブログ

maccha-yaのブログ

ブログの説明を入力します。

今朝も寒かったですね~!(>_<)

西尾は愛知県南の方ですので、あまり雪は降らないのですが

今日は茶畑が真っ白になりました。

それでも昼過ぎには溶けてしまいましたけどね。


さて、今日は『霜』について書いてみます。

霜が降りた茶園はこんな感じになります。




真っ白ですね(>_<)


お茶の木は春が近づくと少しづつ芽が成長を始めるのですが、

その時に茶園に霜が降りると、茶の芽は成長できなくなってしまい、

収穫に大きな被害を与えます。


そのために、茶園にはちょっと変わった秘密兵器が用意されています。

それがこちら。




分かりにくくてゴメンなさい(>_<)

拡大します。




わかりますか?大きな扇風機のようなものが茶園にはたくさん立っています。

これが、霜による被害を防ぐための装置、「防霜ファン』です。

霜注意報が出るような寒い日の夕方から朝にかけて、これが茶園の上で

茶畑に向けて風を送り続けます。

「風なんて送ったら、逆に冷えちゃうんじゃない?」

と思われるかもしれませんね。

でも、これがそうでもないのです。


ご存知の通り、暖かい空気や水は上に、冷たい空気や水は下に移動します。

そのため、地表とファンのある6Mくらいのところでは、5~6度の温度差があるのです。

それを、防霜ファンの風で攪拌し、霜が降りるのを防ぐというわけです。


ただ、この『霜』ですが、「わかったようで実は勘違いしていた」ことが以外に多かった事が

最近の研究で分かってきました。


というわけで、次回は『霜』に関する勘違い、についてです(^-^)ノ