このブログに何度か登場している、あーちゃんのお友達Kさん。
あーちゃんの大学の時からのお友達。

あーちゃんが入所してからの新しいメアドを知っているのは、なーにゃんとワフウフ、それにKさんともうひとりの親しいお友達Nさんだけ。

Kさんはあーちゃんが認知症になってからもずっと気にかけてくれていて、定期的にあーちゃんをお誘いしてくれる。
今まではなーにゃんと約束をして、なーにゃんとKさんの娘さんの4人で会っていた。

しかし先日、
Kさんを含めた大学時代の仲良し4人で会おうという話を…
あーちゃんと直接やり取りして約束してしまった。
Kさんがあーちゃんのホームの最寄の電車の駅まで迎えに来てくださるということまで約束してあった。
…でもさ、あーちゃんひとりでホームから出られないんだけど。
そして、最寄の電車の駅までもひとりで行けないんだけど。
改札口も絶対分からないけど。


あーちゃんは普段、
ってよく言うのに、
Kさんとの約束をした時にその事には気づかないんだよねえ。
しかも、勝手に約束したけどそれをあっという間に忘れてしまったのか、約束の時間や場所を書いたメモは部屋に置いてはあったけど娘たちへは何も言わない。
Kさんがなーにゃんに「約束をしました」とメールをくれて初めて分かったのだ…。


認知症が分かってからも気にかけてくださって誘ってくださって、本当にありがたいと思っている。
ただ、やはりKさんと会う時はあーちゃんもすごく頑張ってシャンとしようとしているし、普段を見ていないKさんにはあーちゃんが何をどこまで出来るのか出来ないのかはよく分からないのだと思う。
Kさんと居る時はなーにゃんが一緒にいてさりげなくフォローしているから余計に。

大学時代の友人4人で会う時になーにゃんがついていくわけにはいかないけれど、
なーにゃんは当日ホームへあーちゃんを迎えに行ってあーちゃんの身支度を整えて、
Kさんとの待ち合わせに連れて行き、
帰りはKさんが送り届けてくれる場所まであーちゃんを迎えに行かなくてはならない。
それはいいとしても、(いや、なーにゃんは大変だよ…)
連れて行った後の時間はKさんにあーちゃんをフォローしてもらう事になってしまうんだけど…大丈夫だろうか。
あーちゃんはもうSuicaと敬老パスの違いも、使い方も分からない状態なんだけど…。
(紙の敬老パスを自動改札機に通そうとしたりもするし…)
トイレから戻ってこられなくなったり、同じ話をひたすら繰り返して友人たちにドン引きされないだろうか。
そして会っている時間の間、あーちゃんの状態は持つだろうか…タイムリミットは4時間なんだけど…。あまり疲れるとあーちゃんは一見して分かるくらいの認知症モードに入ってしまう。
もう、顔つきがね…。
Kさん以外のお友達はあーちゃんの認知症を知らないんだよね。

大丈夫かなあ…
大丈夫じゃない気がするなあ…心配。


変わらず親しくしてくださるのはありがたいけど、ご迷惑をおかけすることになっても申し訳ないし…お友達付き合いというのも難しいね。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村