February 23, 2011

想像から創造へ〜って何やねん

テーマ:想像から創造へ
前の記事にも出てきた言葉
だいたい「想像から創造へ」って何やねん!何が違うねん!
と思った人も多いはず
それに私の文章は長く、まわる~ま~わる~よ~文章ぉ~はぁ~まわるぅ~
ってことでわかりづらいですね、私もそう思う
(余談ですが、卒論もまわりつづけ先生まで気分が悪くなる始末でした)

でも何も難しいことではありません
言葉を色々変えてみましょう


想像から創造

イマジネーションからクリエイティヴへ

受動から能動へ 
(あら、余計に難しい?)

テレビゲームでなくともあらゆる遊び
ゲームで遊ぶだけ(想像
ゲームを作って遊ぶ(創造) 
これはちょっとすごいけど昭和の人は当たり前のようにやっていた

昼間の主婦、料理番組をチェック!
「あら、おいしそう」(想像
「夕食に作る、味見をして自分なりに整える、、、、もうちょっと塩が欲しいわね~」(創造
(^O^)すばらしい


そうなんです、ご飯を作る事だって想像力で思い浮かべて創造力を使ってるんです
それは受け身的な事から能動していると思うのです


習ったパン(編み物でも縫い物でもなんでも)を家で再度する
次ぎにはそのままいくもよし、砂糖の量を変えるもヨシ!
そして自分の味を見つけて行くんです
最初は真似をして探す所から始めるんです

真似る=学び

想像だけをしているならそれは何も生み出しません
テレビゲームにふける、それだけなら何も生み出さないのです
野球を見る、見るだけではなくその楽しさを次の日に生かすとかもできる
野球の用具に詳しくなったりチームに入ったりね
そうするともう立派な趣味人であり創造している

ただたんに見ているでは
誰かが用意した物で遊ぶだけでは中身がスッカラカンになってしまいます
(空虚なんだよー、それは寂しいねー、虚しいねー)

でも難しいことではないのです
ちょっとやってみるだけ

これは芸術や美術の根源でもある表現なんです
表現する人は料理をする、歌を歌う、絵を描く、ダンスをする
カラオケだって本気で歌わなければおもしろくない、ストレス発散なんてもったいない

ちょっとだけ想像力創造力に変えて趣味を持って

寺山修司風に言えば「ゲームを捨てよ、町へ出よう」でしょうか(笑 中身が違うね、すいません)
他人が作った物の中で遊ばされていることに気づかないのは寂しい
だから視野を広げなくてはならない
視野を広げるには何かに熱中してみる、本気の趣味を持ってみるということなんです
今居る世界を外から眺めてみるだけ


京都の美術教室

そうしたらこんな少しでも愛が生まれるかもしれない

。。。にほんブログ村 美術ブログへ  ←応援のぽちっといつもありがとうございます~


受け身ばっかりじゃあかんのよ~


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。