1 | 2 次ページ >> ▼ /
August 29, 2011

美術教室のお知らせ

テーマ:教室のお知らせ等
定期的にお知らせしないとわからない教室
なんで知ってる方も多いけれど、改めて

うちの教室は美術教室とDIY教室の2つから成っています

建築デザイン事務所に併設されています

で、今日は美術教室のシステムをご紹介


       美術教室

毎週レッスンと、単発レッスン(月1の人や、月2の人などなど)があります

休み
    毎週 水、木曜日(変更有り)  土日祝やっております!

開始時間
 朝6時~18時開始です。最終予約が18時開始。

レッスン時間
 料金
   
   朝活(朝6時~8時開始の方)
                  1時間~1時間半  1500円
                  2時間  2000円

    通常レッスン(9時~18時開始の方)

                  2時間         2000円
                  2時間以上     応相談


    お子さま(12歳まで小学生)  1時間~1時間半 1500円

    保護者の方と2人なら 3000円になりますが、時間は1時間半までです(お子さま時間です)

ご注意

    ただし
    絵の具使用や画用紙をこちらでご用意する方、粘土使用する方など追加料金を頂戴しています 
    絵の具は画用紙サイズで100~500円追加で頂戴しています
    絵の具や粘土、スケッチブックなど持参される方は追加料金をいただいていません

    また、「絵の具遊び(模造紙に絵の具を投げたり塗ったり!)は追加で500円頂戴しています

        写生等は料金変更あります
        写生の詳しくはこちらをポチ


ご予約

    例 生徒さんが「土曜日の午前中に来たい」とおしゃったら
           教室「土曜日午前でしたら何時が空いています」とか
              「先約でいっぱいなので変更お願いします」となります
       なので、こちら側からの提示ではなく生徒さんが先に何時来たいか、お知らせください


     ただし、予約は早い人から埋まっていきますので

     当たり前ですが毎週決まって来てくださってる方が優先になります



普段の教室

     デッサンを一通りしたい方や、いろんな方法で絵を描いてみたい方
     うちの教室、バラバラなんです、本当に(笑)
     デッサンを希望されていても、今週はコラージュするとか、絵の具希望とか、、、、、
     そしてしたいことをみつけたら
     次ぎから次ぎへ行くのではなく、じっくり取り組んでものにしていただきたい
     
     だから、クラス分けはしていません
     隣でデッサンをして、こちらの方は粘土だったり
     小学生と、大人の方が列んで絵を描いていたり、、、、、
    
     そして3名までの少人数制

     


こんな感じでおわかりでしょうか?


だから何クラスとかは存在しません、一人一人のクラスです

皆さまが私に合わすのではなく、私が皆さまに合わすわけではありません
少しだけお互いが融通を利かせて、ぴったり合う所が教室と思っています
もちろん、こちらが課題を決めた方がいい人もいれば、課題を持って来る人も居て
そのときその時なんです
お話ししながら次ぎこうしましょう~とか決めていきます
全て個人です


というわけで、うちの教室はこんな感じで日々過ごしております


それではご予約おまちしております!

ご予約はホームページのメールからお願いしまっす ^^


     
    
京都の美術教室




ブログランキング・にほんブログ村へ ← 応援のポチよかったらよろしくおねがいしま~す
AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
August 23, 2011

「へうげもの」

テーマ:美術のこと
今、NHKでアニメ「へうげもの」がやっています
知ってます?^^

ちょっとおもしろいので時間があれば是非観てほしいなぁ~


この文字クリックで「へうげもの」のページへ行きます


いちいち観に行ってらん無いワァ~という方にちらっと話しますと
陶器、織部焼きの名前の由来になった古田織部さんの話
実在の人物の話です

ちなみにアニメの織部さんはこんな人

京都の美術教室

今の所まだ名前は「古田左介」さん
彼は数奇者と呼ばれ、茶の湯や茶碗、、、、、、

いわゆる今の時代で言えば骨董に命を捧げた物欲の鬼です^^
美術商、コレクター、美術家
この美術品を使って敵方との話し合いにいったりするんです
いわゆる政治の道具に美術品を使っちゃうんですね~
袖の下ってやつですか
「おぬしも悪よのう~」

多かれ着色はあっても、実在の人物の話ですから面白いと思います
背景がちゃんとあるんです

アニメでも背景がちゃんとしてる話は面白いですね
映画でも実在の人物の話がやっぱりおもしろかったりします

私は焼き物や骨董はあまり詳しくはありませんが
骨董市にいったりしてね
密かに値段当てたりするんです
当たってたりしたら「見る目あるんちゃう~」とか密かに密かにほくそ笑んだりしてます(笑)
あとは自分がいいと思うものが高かったりして、ほくそ笑んでます

骨董市行って怪しく笑う者いたらわたしですので、声をかけてくださいね

とにかく、美術関係がこうしてアニメになったりすることは少ないので
かる~く入るにはいいかと思います
逆に詳しい人も違う意味でおもしろく思えるかもしれません


「へうげもの」ちょっと話が進んじゃってますが
でも途中からでもわかると思いますよ

それでは!



あ、最後にNHKの回し者ではございません


ブログランキング・にほんブログ村へ ← 応援のポチよかったらよろしくおねがいしま~す
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
August 19, 2011

こんなこともあるみたい

テーマ:動物たちのことちょっと
【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ  クリックで環境省のページにいきます

こんな活動も世の中にあったりして
原発の問題の活動もあったりして

絵を描くのが私の仕事だけど
グループ活動嫌いだけど
ちょっとだけこっちの方面からのアクション起こしてもいいかなと思ったりして。




うちのにゃんずたち
みーんな捨てられてた子達
上の子は多頭飼から崩壊した家庭の子
下の2匹は段ボールで公園へ捨てられた子
餌をやるなという看板を立てる前に
動物を捨てるな
何があっても、国がどう言おうと置いていくな
命に大小は無いという教育を
願うばかり

京都の美術教室  伸びきってます

京都の美術教室  立って水を飲む気にもなれず

京都の美術教室   しまいには白目を剥いて寝るはめに

(写真はクリックで拡大)

明日からは京都も涼しくなるみたいですね
この夏も
クーラー無しで乗り切れた
そのかわり、水は沢山飲んだ
喉が渇く前に飲んだ
生徒さんたち
クーラー無しで迷惑をかけましたが、もう大丈夫そうですね
汗をかくことを覚えると、熱中症は少なくなるとか
たくさん汗をかいてたくさん水を飲んで自分の体は自分で守るしかないのですから
これからどうなるかわからないのですから
体を強くして心を強くして自分で生きていきましょう

でも飼われていて捨てられた動物は生きるすべを知らないのですから
アライグマだって凶暴にさせたのは私たち
イノシシを里に下りさせたのは私たち
野良猫を増やしてるのは私たち人間なんだと思います

ブログランキング・にほんブログ村へ ← 応援のポチよろしくおねがいしま~す

AD
コメント(4)  |  リブログ(0)
August 14, 2011

お盆だって絵絵絵!

テーマ:日記のようなもの


京都の美術教室



お盆だし、毎週来てくれはる方々がお休みで
お盆やし、静かやね~と思っていたら
久しぶりの単発レッスンの生徒さんたちが集まりました
久しぶりにお逢いできてうれしかったです

うちでは珍しく、3人重なり
だったら
みんな同じテーマで描いてみます?(笑)

今日は黒皮南京(ちりめんかぼちゃ)が手に入ったので、それをもとに~
デザインしちゃいましょう~

先に言っておきますが、これはまったくの私のアイデアではなく
草間彌生ちゃんの作品「水玉カボチャ」からヒントを得たもの

私も最初に水玉カボチャを描いてみました
観てる分には大好きな彌生ちゃんの作品
でもね
描いてみるとね

描いた瞬間から「気持ち悪っ!」って(笑)

もう、昆虫にしか見えない (((゜д゜;)))

なので、彌生ちゃんそのままの水玉カボチャは辞めましょうね~と生徒さんにお伝えしました

上が製作中の風景
いろーんなかぼちゃ
最後はみなさん、とってもかわいい、すてきな、おもしろく、個性あふれるものができました!

楽しんでいただけましたかね?

3人入ると私入れて4人、狭くて暑い教室だったけど、大丈夫でしたか?
また気が向いたら遊びに来てくださいね!

ありがとうございました


ブログランキング・にほんブログ村へ ← 応援のポチよろしくおねがいしま~す
にほんブログ村
コメント(2)  |  リブログ(0)
August 11, 2011

縦割りのすすめ?

テーマ:教育
最近、夏休みということもあって大人と子どもが入り交じったレッスンがよく開催されます

前々から、大人教室と子ども教室に分けることに違和感を覚えていた私は確信しました

やっぱり分けたらあかん!

と思う(←気、弱っ)


そこでは子どもは大人の絵の描き方を観て学ぶ
真似てみる
難しそうなら、どうやって描くのと聞いたりする

大人は子どもの迷いなき筆さばきに感心する
迷いがある子どもに関して共感を覚えたりする

ほかにもここにはかかないけれど沢山の事柄が起こっています

こうして人は学んでいくのではないのでしょうか?
本気で描いてる人がいたら、子どもが話しかけないように教える、何故駄目なのか
何が良くて何が駄目なのか
こうしたことって本当に大事な気がします

でも、これが可能なのは
うちの教室が少人数制だからだと思います
子どもの人数は2人以上増えないですから、集団の奇々怪々とした雄叫びは起こりません(笑)
だから可能なような気もします

またここで子どもが居るから描けないのであれば、それは大人、そちら側の問題で
集中すれば聞こえなくなります
(何度も言いますがうちは少人数制だからできるのです、これが大勢の子どもだったら私だってまいります)

だってここは美術教室
美術とはいったい何なのか?
という問いを立てたなら、大人子どもの混ざった教室の方が描くべき物がでてくると思います

でも、それでも、一応、「この日は子どもさんが居ますが大丈夫ですか?だめなら他の日を選択してください」と
お声はかけます
もちろん、「駄目なんで別の日に」と言っていただくことはかまいません
いろんな大人が居ていいのです
いろんな教室があってもいいのじゃないかと思うんです

しかし最初から大人のとか、子どものとかを分けてしまうと
大人は大人だけの、子どもはこどもだけの絵しか描けない様になるのではないかと思っています

なぜ、こんなことを書いたのかと言えば
子どもたちの絵の具遊び、よくこのブログで載せるのですが
あれは是非大人にやってもらいたいのですよ

みなさん、簡単に絵手紙とか描ける様になりたいとおっしゃいますが、
絵の具の混ぜ方、絵の具の色合わせを体感しないでは本当の絵は描けません
裸足で絵の具とぐっちゃぐちゃになって
そこから絵がはじまるのではないのでしょうか?

そこを子どもたちから学んでいただきたいと思うのです

子どもたちは、何も好き勝手にできる教室ではないことを学びます
絵だから自由だけれど、制限もあって、その制限があるからこそ絵が描けることを学んでほしいと思うのです
ぐっちゃぐちゃに描いた後に、考えて絵を描くことを子どもたちに学んでほしいと思うのです
先生の真似なんかしちゃだめだ
お手本の真似を習得したら捨ててしまえ!

自分の絵を描いてほしい

以上



。。。にほんブログ村 美術ブログへ  ←応援のぽちっといつもありがとうございます~




コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。