想像するチカラ。 | .
2015年12月15日(火) 19時19分11秒

想像するチカラ。

テーマ:ブログ

確か前にも書いたと思うんですが、近所にあるコンビニに毎日コーラとコーヒー、タバコを買いに行きます。


毎日行くので新人の子がいるとすぐ分かる。


また昨日も新入りの子がレジに立っていた。


案の定、胸元には”研修中”のプレートが。


新人さんは手際が不慣れなのもあるのでこちらがある程度のフォローをしてあげると少なからず時間の短縮が出来る。


コーヒーとコーラと弁当をレジに置くなり、弁当を温めて下さいと頼む。


弁当を温めている間にレジを打ち、袋に商品を詰める作業、お金のやりとりをすまし、少しでも時間を無駄にしない為だ。


新人「はい!」


レンジに弁当を入れて、袋にコーラとコーヒーを入れ始める。


僕「あと、LARK3ミリのショートをひとつ、あ、えっと確か48番ですかね」


僕の位置からは番号が見えないが確か48番だったはずだ。


新人「はい、お待ちください!」


いいぞ、新人よ。


実にスムーズだ。


しかし、探しているが48番がなかなか見つからない様子だ。


何かトラブルでも?


そう、何かトラブルがあった場合、未然に防いだり、ケアしてあげるのも上司の仕事。


僕「あ、えっとたぶんその段ボールで隠れてるとこじゃないですか?」


案の定、たまたま段ボールの荷物で48番が隠れてしまっていたのだ。


新人「あ、本当ですね、すいません!ありました!」


そうだ、新人よ。


一歩社会に出たら”当たり前”なんてないんだ。


実践の中ではマニュアルだけでは解決しないハプニングがそこらじゅうに散らばっているのだよ。


仕事とは想像すること。


想像することはミスを減らす。


常に想像をして仕事をするんだ新人よ。


タバコをレジに打ち、袋に入れる。


うむ、多少トラブルがあったものの、実にスムーズな流れ。


その間、およそ50秒程。


僕の弁当も丁度よく温まっているはずだ。


そろそろ”チン”という心地よい音色を奏でる頃かな、とレンジを見る。


「残り53秒」


残り53秒!?


僕が買った弁当はいつも買うカレードリアだぞ?


いつもの店員は1分くらいで温めているはずだ。


既に1分以上を経過してまだ50秒以上残っているって。


なす術もなく立ちつくす僕。


”チン”


という音と同時にレンジのドアをあけ、新人が何の迷いもなくカレードリアに手を掛ける。


新人「あっっつちぃぃ!!!」


声にならない声で、言葉にならない言葉で新人が悲鳴を上げる。


うん、そりゃそうなるわな。


かるく蓋も溶けてるし。


一度でレンジの場所から僕のいるレジの場所まで移動させられない為、レジの中にある台に一度移動させる。


新人は足をバタバタさせながら、「ふーふー」と肩で息をしている。


満を持して、そこから僕の場所まで一気に運ぶ。


やっとの想いでレジ袋に入れて僕に手渡し、こう呟いた。


新人「お熱いのでお気をつけて」


うん、ありがとう。






MACARONIC 青木貴志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス