年休取って、ゴルフの試合に出て、そしてケガ汗

リーマン的には、あかんがな・・・

 

試合直後、朝霞PG最寄駅近くの整体に行きました。

そこの先生もゴルフをするって聞いていたし、ぎっくり腰の軽い症状だけど、

悪化させたくないの一心で。

 

丁度、先生が空いててラッキーラブラブ

よかったよ。

1時間ほど、見てもらい、日常的な痛みが引くまでは、ゴルフは無理だね」って。

当たり前か。。。

 

が、家まで帰ったものの、痛みも、腰の重さも増す一方でした。

 

で、翌日。

普通に出勤日あせる

 

ベッドから、起き上がるのに一苦労チーン

早めに家を出て、会社にはたどり着いたものの、座っていられません。

立ち上がるのも、一苦労ならば、歩くのも響くゲッソリ

 

あっかん・・・

恐る恐る部長に

「あのー、ちょっとぎっくり腰みたいで、病院いきたいので、休みます」

出社1時間でアウトゲロー

部長「お前、まさか、昨日、振ったのか?」

maca「はい・・・」

部長「お前、1年棒ふり禁止な」

maca「そんなことしたら、メンタルやられちゃいます」

なんて、冗談な会話も辛いので、部長の話もそこそこに(←失礼)退散。

 

病院へ。

 

会社近くの大学病院。

もう、能楽のような歩き方。

周りも哀れみの目。

 

診察→レントゲン→診察コース。

 

若いちょいイケメン先生から、

「骨はきれいです。ま、年相応に間隔は狭くなっているけど」

(そこは、余計な一言だと思う)

「典型的なぎっくり腰です。痛み止め欲しい? 湿布もだよね。」

「あー、コルセット、どうする?」

 

それそれそれ、コルセットが欲しかった。

看護師さんが

「Mでいいかな?」と、私に聞いてきたところ

先生が

「Lに決まってるでしょ」

 

決まってる・・・そう、決まってるゲロー


看護師さんも苦笑い汗

そっと「どうする?」って聞いてくれました。


maca「え、Lでお願いします…」


 先生より、

「安静時に痛みがなくなってきたら、できるだけ動いてください。もちろん、痛くない範囲で」

「1週間も2週間も痛みが続くようなら、もう一度きてください」

 

終了。3時間コース。


コルセットをして、家で過ごす。

とても楽ちんデレデレ

ビバ コルセットちゅー


次の日。

ささっとは動けないけど、何とか行ける。

それに今日は外で会議もある。

コルセット着用で出勤ウインク

イケるもんです。

トイレが、面倒だけどあせる


そろそろ、積極的に動きます!