ご訪問いただき、ありがとうございます。

■インスタ 👉こちら  

■LIMIA 👉こちら  

■RoomCrip 👉こちら 

■取材やお仕事のご依頼は👉こちら からお願い致します。

*-----------------------------------*

 

こんにちはー。

 

 

今日は薄い板を使って

表紙と裏表紙が木のノートを

作りますよー。

 

 

用意するのはこちら。

厚さ2.5mmの板を2枚と

ダイソーのA5サイズのルーズリーフ。

あとはこれまたダイソーの

カードリング。

 

 

まず

ちょっと見にくいかもしれんけど

板の上にさっきのルーズリーフを

1枚乗せてあります。

 

で、ルーズリーフの大きい穴あるやん、

2か所。そこの中心に鉛筆で印をつけて。

 

 

ほんで

そこに4mmの穴を

電動ドリルドライバーで開けまーす。

 

(愛用してるDCMの電動工具。)

 

 

 

で、次は

1枚ずつニッペWOOD LOVEシリーズの

水性オイルステイン・ウォルナットを

スポンジにつけて塗って。

 

 

あ、表も裏も。

 

 

 

そしてそして

ペンキを塗りまーす。

ニッペSTYLE・ムーンイエロー。

 

(使ったペンキはニッペのSTYLE。)

 

 

この時に大事なワンポイントがあって。

 

ペンキには水性と油性があるんやけど

皆さんが使ってるペンキって

大抵、水性やと思います。

 

あ、100均のペンキも大抵水性です。

 

でね、水性ってことは字のごとく

水分が入ってるってことなんやわ。

(塗料の達人の皆さん、静観して頂けますと幸いです)

 

 

で、木が反ったり曲がったりするのって

ほぼ水分と乾燥が原因なんやわ。

 

今、薄い板にペンキを塗ったやんか。

 

てことはペンキを塗るってことは

薄い板に水分を含ませる

ってことになるわけで。

 

そうなるとどうなるかって言うたら

ほぼ反るん。かなりな確率で反るん。

 

板の面積が広いほど

板が薄いほど、確実に反るんやわ。

 

今は、板の厚みこそ薄いけど

割と小さめなサイズの板やから

そこまで大袈裟には

反らんかもしれんけど

ゆーても多分、反ると思います。

 

 

てことで、薄い板にペンキを塗りたい時は

どうしたらいいんかって言うたら

これは、表を塗ったあと、すぐに

裏面も塗ってる写真です。

 

せやからまだ表が乾いてないから

ビニール手袋もペンキで

ベタベタやわ。

 

えっとー、つまり片面だけに

ペンキを塗る=水分を含ませる

っていうことをして

しばらく時間が経つと反るから、

 

そうならんようにするために

同時に裏面も塗ってしまうん。

 

同時に水分を含ませた状態に

することによって、ほぼ反らないです。

 

 

あ、分厚い板は

こんなことを考えずに

片面だけにペンキを塗って

全然オッケーなんやけど

薄い板っちゅーのは

水分に一発でヤラれてしまうから。

 

最近の写真で言えば

これは厚みが13mmの合板なんやけど

そのまま塗っても全然オッケーで。

 

あと、これとかも

1×4材(厚みは19mm)なんやけど

これもそのままペンキを塗ってオッケー。

 

反るとか考えんで大丈夫です。

 

 

じゃあ、どの厚みから

反ることを意識せなあかんか言うたら

んとー、こればっかりは

その時の湿度とか板の面積に

関係してくるから、境目のラインを

はっきり言えんところが

申し訳ないんやけど、

 

なんせ、薄い板にペンキを塗る時は

両面を一気に塗ったほうがいい

ていうことを覚えておくと

いいんじゃないかなと。

 

 

で、一気に塗るってことは

まだ片面が乾いてないうちに

ベタベタと触ってしまうせいで

どうしてもこんな感じになってしまうん。

 

なら、このあとどうすればいいか。

 

 

こうやね。

触った跡を消すために

もっ回、両面を塗ります。

 

って、この写真を撮りながら

『最初からこうやって塗れば良かったやん』

て思いました。

 

さーせん。←

 

 

てことで、このあと9個

同じものを作ったんやけど

それは板を立てて塗りました。

 

もー、こーゆうとこやわ。←

 

 

 

ほんでー

パソコンで作って印刷したラベルに

ニッペ水性ウレタンニス

つや消しクリアを塗りまーす。

 

これを塗っておけば

濡れ手で触っても

印字が滲むこともないし

この上に醤油が垂れたとしても

拭けます。

 

 

 

なんかさー、日常生活において

なぜか醤油がつくっていう場面

多くないですか。

 

マヨネーズではないん。

醤油なん。

 

で、『もー』ってなるん。

 

共感、少ないかなあ。

 

ま、いーわ。←

 

 

で、でー

マステを貼ってまたSTYLE

塗ります。この色は銀ねず。

 

 

STYLEは乾くのが早いから

ペンキを塗ったあとすぐにマステを

剥がしてしまってオッケー。

 

 

ほんで

さらに細いラインを入れてみようか。

この色はスレート。

 

 

塗ったらまた

マステを剥がして。

 

 

 

で、最後に

ニスが乾いたラベルを

ボンドで貼れば、完ー成ー。

 

 

 

さー、あと9セット作るよー。

しれっと出てきたこの写真に

至るまでが、ほんまキツかったー。

 

ベニヤ板をカットするのって

ほんまに面倒なんやわ。

 

さらにサンダーもかけなあかんし。

 

 

けど、どんな色でいこうか、

そこを悩むのは果てしなく楽しいから

作業風景こそ

大概ひどいもんやけど、

 

 

仕上がってくると

かなりテンションは上がります。

 

 

そんなわけで全部で10冊、作りました。

 

 

こちら。

これ、写真では伝わりにくいと

思うけど、なんやったら

ただのノートにしか見えんかもしれんけど、

 

めちゃめちゃかわいいです、

木ってことろが。

なんやろ、温かいっていうか

手に持った感じもフワっとしてるし

 

 

 

置いてあるだけで画になるし。

 

 

で、これは今インスタ

ニッペさんと私のコラボ企画

ニッペ塗料を使った作品コンテスト

っていうのをやってまして。

 

今日のノートは

その賞品の中の一つなんやけど

これは当初は無しの予定やってん。

 

無しの予定っていうのは

こういうのが当たるコースがあって

最初ニッペさんと打ち合わせした段階では

STYLEのラベルを私がデザイン

させて頂いたオリジナルボトルと、

あと刷毛と。

 

そのセットでいく予定やってんけど

 

私としてはそれだけではどうも

弱いような気がして。

 

 

コンテストに応募して頂く以上は

やっぱ『欲しい!』って強烈に

思って頂かんことには

応募なんて面倒くさいことは

してもらえんやん。

 

 

今回のコンテストが実現する

までには、そりゃあもうドラマ並の

必死な舞台裏がニッペさんにはあって。

 

書けんことしかないから

伝わらんのが もどかしいんやけど、

 

なんせニッペさんみたいな

大きい企業さんが新しいことに

動き出す時というのは

いろんな難しい局面があって

そう簡単にはいかんかったりするもので。

 

 

そういう舞台裏があって

タイアップさせて頂く以上、

 

私にできることは『欲しい!』って

強烈に思って頂けるような、

少しでもたくさんの方に応募して

頂けるような作品やアイデアを

提供することしかないから、

 

『オリジナルボトルのペンキと

刷毛と、あともう一つ。

どんなものを足すかは

私に任せて頂けませんか』

 

てニッペさんに提案して

作らせて頂いたものなんやわ。

 

 

ゆーても、そんなハッタリをかまして

大口を叩いておきながら

その時はまだ作品の内容なんて

全く頭に浮かんでなくて。

 

 

『どーしよ、あたし無理ー』

つって5日間ほど布団に

潜り込みたい気分を払拭して

 

どうにか『欲しい』と思ってもらいたい、

どうにかニッペ塗料を使ってもらいたい、

どうにかニッペさんに応えたい

 

ていう一心で作ったのが

今日のノートです。

 

 

実際、今までインスタは見る専用で

自分で投稿したことなかった方が

コンテストのために頑張って

投稿して下さったり、

 

あとは、ここ(ブログ)でコンテスト

のことを知って億劫やった

インスタをなんとか始めて

で、必死に応募して下さったり。

 

そういう方もたくさんおられて

ほんまに有難いなあと、

それ以上の言葉が出て来んのが

申し訳ないんですが

ほんまに有難いなあと思ってます。

 

 

インスタの中では色んな企業さんが

あっちでもこっちでもコンテストをやってて

その賞品てバルミューダのレンジやったり

アマゾンの商品券3万円分やったり。

 

そんなコンテストが山ほどある中で

今回のコンテストは

ニッペさんの塗料は良いとしても

たかだか私の作品がつくぐらいのもので。

 

アマゾン商品券3万円には

よお勝てん。

 

それでもほんまに有難いことに

たくさんの方が応募して下さっていて

応募の投稿が上がるたびに

万感の思いです、大袈裟やなくて。

 

 

 

コンテスト終了まで

あと1週間ほどになったので

そろそろ作品を本社に

発送せなあかんから、

 

その前に

1冊ずつ、1ページ目に

簡単なメッセージを書かせて頂きました。

 

 

 

当選された方で

このページがいらんかったら

ソッコーで破いて捨てといて下さい。

 

 

あとは

1冊ずつ簡単なラッピングもしました。

 

 

 

 

 

 

 

ラスト1週間。

 

・ニッペさんのインスタは👉こちら

・私のインスタは👉こちら

・コンテストは👉こちら
 

引き続き、何卒なにとぞ宜しくお願い致します!礼

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きまして

本当にありがとうございました。

 

 

いつも【いいね】をクリックして頂き、

ありがとうございます!

----------------------------------

👇これを登録すると記事を更新した時に通知が届きます。

フォローしてね

ブログを気に入って下さって登録して頂けますと

ものすごく有り難いですえーん

----------------------------------

👇インスタではブログには載せてない情報も見れます。

こちらもフォローして頂けますと ものすごく嬉しいですアップ

ブログの感想なども お気軽にインスタのコメント欄に入れて下さいねニコ

----------------------------------

【人気記事】

■ウッドデッキにおしゃれな物干し竿を簡単DIY

■大学受験・卒業・そして県外で一人暮らしする長女を送り出すまでの親心の話

■バッグの中身を100円グッズですっきり小分け収納!しまむらのトートバッグも安くてオススメ

■ニトリのカラボ3つをビンテージなチェストに劇的リメイク

■材料費500円・電動工具不要!1×4材1本で作るカフェラック

----------------------------------

お帰りの際には👇こちらと、

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

👇こちらを


人気ブログランキング

クリックして頂けますと次の記事もまた頑張ろーてなります。