ご訪問いただき、ありがとうございます。

初めての方は👉こちらの記事 ご一読くださいますと幸いです。

 

■インスタ 👉こちら  

■LIMIA 👉こちら  

■RoomCrip 👉こちら 

*-----------------------------------*

 

はい、どうも。

今日はこちら。

ダイソーの瓶をペイントしたんやけど

この瓶てダイソーじゃなくてセリアにも、

なんならキャンドゥでも売ってたような

気がするんやけど、違ってたかなあ。

 

元の瓶は

こんなんやから、これ確か

セリアとかキャンドゥにもあったよねえ。

 

なんせ100均でよく見かける瓶です。

 

瓶にペイントする時は

缶以上にペンキが乗りにくいから

ペンキが乗りやすいようにするために

下地剤を塗るんやけど

下地剤を塗る前に、脱脂つって、

えっとー、表面の油分を拭き取る作業、

これをねー絶対したほうがいいです。

 

身近にあるもので言うたら

食器洗い用のふつーの中性洗剤。

それで洗うとか、中性洗剤を薄めた

ものをキッチンペーパーにつけて拭くとか。

 

それをするだけで

ペンキが剥がれてこない率が

格段に上がるんやわ。

 

私はいつも、パーツクリーナー

ていうものを使って

表面を拭いてるんやけど、

これは取り扱いに、まあまあ注意が

必要なやつやから

自己責任でお願いせなあかんねやけど

中性洗剤なら取り扱いを気にせず

使えるから、そっちのほうが

いいかもしれん。

 

なんせ、下地剤を塗れば

なんでもかんでもピタっとペンキが

のるわけじゃなくて、むしろ

下地剤を塗るまえの脱脂作業のほうが

重要かもしれん、てくらいやから、

 

今まで瓶や缶にペンキを塗ってきて

『ちゃんと下地剤も塗ったのに

やっぱり剥がれてくるー。なんでー』

ていう方は、今言うた工程をするだけで

確実に違ってくると思うわ。

 

要は、脱脂ちゅーのは油分を拭き取る

作業のことで、下地剤はそりゃあもちろん

すごいんやけど、その下地剤を

塗る前の面に油がついてたんじゃ

結局、下地剤ごとペロリと剥がれて

しまう、てことです。

 

 

ちょっと、もー、のっけからいきなり

皆さんが眠くなるような説明を

連発で書いてしまったやん。

 

今日はせっかく

【女の子をキュンとさせる瓶】を作るんやから

皆さんのテンションを

軌道修正せなあかんな。

 

(女の子て、どこにおるん)

(んもーやだなあ、いるじゃないですか、

これを読んで下さってる

皆さんのことですよ)←

 

 

ほんでー

脱脂とやらをしたあとに

ミッチャクロン(下地剤)を塗ります。

 

そしたら

マステを貼って。

 

こんな感じでいこうかな。

何気に、この高さを決めるのも

結構時間がかかってます。

 

ツートンに塗る時って

どの配色で、どの割合で塗るかだけで

全然違ってくるもんで。

 

ではペンキを塗りまーす。

ニッペのSTYLEのスレートていう色です。

 

瓶の表面は、脱脂+ミッチャクロンを

してあるから、触らんようにして塗って。

 

とりあえず

左から、ミッドナイトブルー・ダルグリーン・スレート

を、下半分に塗りました。

 

で、ペンキが完全に乾かんでも

マステは剥がしてしまって

オッケーです。

 

つか逆に、マステを貼ったまま

長いこと放置して、それからマステを

剥がそうとすると、マステについた

ペンキもガチガチに固まってるせいで

マステを剥がす時にペンキも若干

一緒に剥がれてしまうこともあったりするから

マステはとっとと剥がしてしまって

オッケーやわ。

 

で、次は上半分を塗りたいやんか。

その時は

下半分のペンキが完全に乾き切ってから

マステを貼らなあかんわ。

 

上半分を塗りまーす。

グレー×ピンクは大人女子って

感じがするわ。

 

こっちはネイビー×白でいってみよか。

 

もう一つのグリーンのやつは

上半分を何色にするか

結構迷ったなあ。

 

ほんで

上半分を塗って若干乾いてきたなー

と思ったら、とっととマステを外します。

 

こういう、湾曲したものにペイントすると

境目が、こんなんなったりするのは

よくあることで、こういう時は

 

ふつーに筆で直します。

 

で、全部塗ったから

次はラベルやな。

このラベルのチョイスにも

まあまあ時間、かかったわ。

 

これをふつーにボンドで

貼りまーす。

 

あとは

瓶の上のところが

ちょい凹んでたから

そこに爪楊枝でボンドを塗って、

 

紐を縛っておけば

紐がズリ落ちてくることも

無いやろうと。

 

 

はい、完成です。

やーん、女子ー。

 

以下、写真連発にお付き合い下さい。

 

 

いつもやったら仕上げに

ニスを塗って、ペイントとラベルを

保護するんやけど

これは、ある店舗に展示するために

作ったやつやからSTYLEの質感が

よく伝わるようにするために

あえてニスは塗ってないです。

 

もうちょい写真続きまーす。

オールドローズ×スレート。

 

ミッドナイトブルー×コットン。

 

ダルグリーン×ミスティーグリーン。

 

皆さんは

どの組み合わせが好みですか。

 

まだ続きます。

 

 

 

 

こんなにカラフルやけど

なぜかノスタルジックな空間にも

似合ってくれるっていう。

 

多分、瓶の形とSTYLEの色のラインナップが

いいんやと思うわ。

 

各メーカーによって出してる色の

ラインナップって結構

こだわりみたいなもんがあると

思うんやわ。

 

アメリカンちっくな色合いで揃えてる

メーカーさんとか、オールドテイスト

で揃えてるメーカーさんとか。

 

ニッペが どんな こだわりで

色を揃えてるんかまでは聞いたことは

ないんやけど、STYLEの色のラインナップ

に対する私の個人的な感想としては、

 

どのインテリアのジャンルにも

寄り過ぎてない気がする。

寄り過ぎてないから

つまり、どんな空間にも合いやすい、ていう。

 

 

はい、以上です。

 

今日も最後まで読んで頂きまして

本当にありがとうございました。

 

いつも【いいね】ボタンをクリックして頂いてありがとうございます。

 

👇これを登録すると記事を更新した時に通知が届きます。

フォローしてね

ブログを気に入って下さって登録して頂けますとものすごく有り難いです。

 

お帰りの際には👇こちらと、

にほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ
にほんブログ村

 

👇こちらを


人気ブログランキング

クリックして頂けますと

次の記事もまた頑張ろーてなります。

 

【人気記事】

■セリアのほうきを合皮でおしゃれに・ちゃちゃっとできちゃう

 

■壮絶な介護の末に母が逝きまして

 

■簡単DIY!セリアで作る300円のおうち黒板シェルフ

 

■苦手な蝶番や金具を克服しよう!上手くつける方法とコツ

 

■セリアのパンチングボードで きゃわゆいメモクリップ