August 12, 2017

イングリッシュ キャンプレポート 第2弾

テーマ:子ども・親子 イベント紹介
こんにちは!

幼児期から英語耳と英語脳を育てる子ども英会話教室:上新庄  教室長 Kou です。

今日も暑いですねー。

 熱中症にはくれぐれも注意して、この夏を乗り切りましょう! 

マック英会話教室では、昨日は新人スタッフ ひとみ先生、マット先生の歓迎会でした。

ネイティヴスタッフが大半を占め、普段とは少し趣向が違う興味深い宴となりました。


スタッフから、みな良識があり 楽しく、こんな教室珍しいのでは?と言われ、鵜呑みにして とてもテンションが上がっているところです^_^。


さてさて、昨日に続き キャンプレポートです。

出発前   みんないい笑顔です!

{5D75036F-CA91-4358-8CB5-4CAFEA900501}


リリー先生と、ちさ。普段、担当している リリー先生にとってはちさちゃんの参加がとても嬉しかったようです!!

本当に頭の回転がとっても速いちさ、、ちょっとした ボケに 間髪いれず つっこんできたのは、ちさが初めてです(笑)。 

ちさ自身の個性、魅力がこれからも もっともっと 磨かれていくと思っています。

巻き込み力を発揮して これからも突き進んでね!


{38BCAC99-6802-4423-95F7-7199B0153519}


マックの ハイモチベーター まゆ

まゆの、英語に向き合う誠実な態度と前向きな姿勢はきっと 他の子どもたち、後輩たちの手本になります。

ぜひ、これから後に続く みんなに まゆの歩んだ道をみせてあげてください。

もう6年生!というのが 信じられないくらいです。

1年生で初めてマックにきた時に、伝えたことを 本当にスポンジのように吸収していったことを 昨日のように覚えています。


{C2F041F9-236A-4FC8-B6E3-923E234B7DB0}


{41F1F900-D9E4-4C7B-A091-B77D8341B4DA}


マックでも指折りの積極さ、また超前向きなゆり。

 まゆという素晴らしいお手本もありますが、ゆり自身の魅力、そして個性は きっとこれから輝くと確信しています。

ゆりがいてくれることで、マックの安心感が増します。

年上のお兄さん、お姉ちゃんの中でも 臆せず、気にせず 飛び込んでるね。

ゆりの背中をみて 後に続く子どもたちも多いと思うよ。

そんな あなたの姿勢を尊敬もするし、私はもちろん、先生たちも 素晴らしく思ってます。 

そのままのゆりでいてね。


{2CE50D0D-95F5-47A5-9F6C-275225961E56}



{B0AA152A-3FD8-4596-8276-BDB4B5B84361}


ゆうすけ!(右から2番目)
ゆうすけのコミュニケーション力には感服!

え、同じ小学校ですか?幼馴染ですか? と思うくらい
初対面の 仲間たちと馴染んでたね。

帰りのバスで別れる時に、ゆーすけーと、何度も何度も連呼されてたことがとても印象深いです。

そのオープンさ、そして 分け隔てないアプローチは、ゆーすけの魅力でもあると思うし、世界へ挑む時の武器になるのでは、と思ってます。

ゆーすけの将来が楽しみでなりません。

{785AB736-94A6-4F2A-A437-AAEE37A760C8}


{61FD8472-1D84-4AC2-A275-AB57BEC9DD91}



歌って踊りました!

{CB6E47D4-E9EC-4823-82A4-675E8CF3A621}


キャンプファイヤー!!

{95CE73D8-1B74-4024-A704-95D65B8D1216}


ツイスト ブレッド!美味しそうー


{CE50FDA9-D5A2-442B-88B0-FF2FE63A66E8}



キャンプからの戻ってきた時の一コマ。

{7F2CD1FE-AFBC-4C96-8AA2-D5721C09E12B}


今回も8教室の合同キャンプでした!

教室は違えど、同じ目的(英会話、英語を学んでいる
みんな、将来 留学を目指すみんな) を持った 子どもたちで集まるのには大きな意義があったと思います。

また、普段は習っていない先生、また ネイティヴとの出会いも 新鮮だったのでは!?

良いことばかりではなく、うまくいかなかったこと、寂しかったこと、イライラしたこと、緊張したこと、怒られたこと、泣いた生徒もいたでしょう。

そういうこと 全て含めて経験であり、財産です。

フォロー、サポートしてくれる大人もいれば、時にはそうした大人がいない場合もあります。

君たちは、大人のサポートがあろうがなかろうが、自身で乗り越えていかなくちゃいけない。

キャンプでは サポートが手厚いと自負していますが、手厚いことが、イコール 良いことか?というと、そうも言い切れないところもあると 自覚しています。

どういうことか?

それは、子どもたちが伸びていく、そして自発的かつ 主体性をもって自己解決力を高めていくには ある程度は見守っていく必要、そして 大人側、保護者側の忍耐も必要だからです。 

そこには、子どもたちの能力、そして 私たち1人1人が
彼ら 彼女らを信じる力が必要なんだろうと思います。

これからも、スタッフにとっても、子ども達にとっても、こうした成長の場、機会を作っていけたら、と思います。   

私自身も、身を引き締めながらやっていきます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大阪市東淀川区の上新庄にある地域密着No.1
マック英会話教室のホームページはこちら




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

英検に強い!東淀川区上新庄のMac英会話教室:嘉悦弘一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

コメント投稿