みんなと同じことをさせて欲しいという保護者の願い | 作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)

こんばんわ。

現場×発達支援 作業療法士 佐藤明子です。

 

保育所等訪問支援で訪問した保育園の先生からの相談です。

 

特別支援が必要な4歳児の子どもの保護者さんから、

みんなと同じことを、同じようにさせて欲しいと言われます。

どうしたらいいのでしょうか?

 

とのご質問を頂ました。

 

 

難しい質問ですね。

どんな場面を想像できるでしょうか?

 

ルールのある遊び

運動遊び

制作活動

グループでの話合い

お当番活動

行事への参加

 

どの活動も年齢が上がると、複雑になってきます。

知的の遅れがあり、運動発達にも遅れがあるお子さんにとって、

みんなと同じように、同じことをさせるということが、どんな意味を持つのか。

親の想いなのか、本人の願いなのか、

そしてそのことは本当に本人への発達支援なのか。

 

今年度の保育所等訪問支援でお伺いする保育所・保育園の先生方から、

 

「みんなと同じことをさせて欲しい」という保護者の想いにどうこたえたら良いのかと

質問されることが多々あります。

みなさんなら、どう答えますか?

 

続きは、また明日