宮城県サービス管理責任者更新研修 | 作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)

こんにちは。

ま~ぶる 佐藤明子です。

お正月休み中に、研修等の資料の整理(片付け)を行いました。

終わってからすぐに振り返れば良いのに、なかなかその時間が取れずに、ズルズル。


今年は、「仕事は溜めない!」をモットーに、行動していきたい、、、、。


さて、今日のお片づけは令和元年12月16日(月)に行った

「宮城県サービス管理責任者更新研修」の資料。


あの日は、

県庁の2階講堂に一日缶詰。

動きを封じられて研修は苦手です。


サービス管理責任者等更新研修なので、

もちろん児童の分野だけでなく、

障がい者、高齢者などなど幅広分野の方のお話を聞け、

それはそれで面白かったです。

そう、私にとって「面白かった」けど、

実践にはつながらない。


他の施設の内情を知り、

それを自分の施設に役に立てて欲しい、ネタを持って帰って欲しいというのが、

この研修会の目的のようですが、

この研修会の構成では、難しいなぁ~。

研修会を企画した方が悪いとか、ファシリテーターの方が下手とかではなく、

プログラム自体が変です。

何を底上げしたいのかのメッセージが読み取れない。


だから、

知らないことを知って面白かったと感想は出るけど、

じゃあ、この研修に出て、

そこから成果(目に見える結果)、

成長(精神面)、

教訓(学び)は何でしょうか?

と言われたら、答えられないのが私です。


国もそろそろ、やっつけ仕事ではなく、

もっと福祉のこと、考えよ~。


次の私の更新研修の時期は、

令和2年度~令和6年の間と、修了書に書いてくださってました。

予定は令和5年頃、更新研修を受ける。

だけど、その時は、

児童発達支援管理責任者の立場は、後輩にゆずっていたい!

と、いうのが本音。


それまでに、

みんなに、メッセージを伝える。


これが、今年のミッションかな。


明日からいよいよお仕事始動開始です。