辞める手放す? | 作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)

おはようございます。 ま~ぶる佐藤明子です。

自分が決めたことを変える時、

あなたは、できる方法を考えますか?

それとも、できない、言い訳を考えますか?

 

先日私は「保育士試験」にチャレンジしました。

今回は2回目のチャレンジです。

保育士試験は1次試験で9教科合格をしなくてはいけません。

1回目のチャレンジの時4教科合格しました。

その時は、

今の自分の実力を知りたくて、ほぼ準備無しでのチャレンジ。

結果はまずまず。


今回2回目。

今回は仕事の合間に参考書を見ました。

で、5教科中3教科合格。


勉強しながら、今回の試験に落ちたら次は辞めようと思いました。

試験勉強に当てる時間を、

違うことに当てたい。


保育士試験対策の勉強ではなく、

「発達」の勉強をしたい。

あきらめるのではなく、

手放すんだ。

これは、しかたがないことなんだ、、、なんて、

沢山自分に言い訳をしておりました。

 

でもね。

一度自分で決めたことを、

色々理由をつけて手放したとしたら、

私の人生、

今後も色々言い訳して、

逃げてしまう。

そして、途中ですごく後悔するような気がする。

 


試験勉強しなくなったら、時間が増えるのか?

と、言えばそうではなく、

きっと違うことをはじめて、

やっぱり忙し~い、って言っているだろうな。


私は、自分の3人の子ども達に対して

いつまでも「かっこいい母さん」でいたい。

あなたたちが、受験勉強、実習、テスト勉強をして未来につながるように、

母さんも未来につながる勉強をする。


だから、一度決めたことは、最後までやり抜こうと思う。


あと2教科。

「社会福祉」と「教育原理」


この2つの学び直すと、何が見えてくるかも。


応援して下さった皆様。

ありがとうございます。

来年4月にまたチャレンジします。


来年は年女です。

めでたい年になるように、また学び続けます。


それまで、温かく見守って頂けると嬉しいです。