自分の場所 | 作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)

おはようございます。

ま~ぶる佐藤明子です。

 

突然ですが皆様は、おうちで「自分だけのスペース」「やりたいことができる場所」がありますか?

 

私は、リビングのテーブルが、

私の活動?場所でした。

ブログを書いたり、

講座の資料を作ったり、

本を読んだり。

でも、その場所は、みんなの共有の場。

誰かが、

「ご飯を食べる」

「テレビを見る」

「宿題をする」

と、なると私のスペースが無くなる。


ママたちもきっと、同じなんでは?


で。。。


家をちょっとずつ片付けました。


少しずつ、

断捨離を初めて、

ダイニングで物置だったテーブルと椅子を、

リビングの片隅に置いて、

自分だけのスペースを作りました。

まだまだ、周りはゴチャゴチャですか。


でも、

自分のスペース。

あるだけで、安心。

きっと子供たちもそう。

自分のスペースがあると、安心する子が多い。

それは、椅子とテーブルかもしれない。

ちゃぶ台かもしれない。

段ボールハウスかもしれない。

誰にも干渉されず、

自分だけが好きにできるスペース。

自分だけのスペースを確保すると、

思考がクリアーになる。

やりたいことをトコトンできるから、

やる気がでます!

 

まずは、ママ。

ママ自身が、自分の「場所」を作ることをお勧めします。


私は、

ダイニングで使っていた

古びた物置状態のテーブルと椅子を、

自分のスペースにしました。

このテーブルとイス、

どんな風に自分なりにカスタマイズしようかと、

ワクワクしています。


何かを、自分色に変えていく作業。

自分の好きにして良い。

自分の居心地の良い場所を作る、物を置く。


ワクワクしています。


自分の場所があるからこそ、そこが大切だとわかるからこそ、

また頑張ろう!と思える。


ちょっとだけ、

自分の場所。

イメージしてくださいね。


私の、

自分だけの場所。

少しずつ好きなように変えていきます。


その過程はブロブでアップしていきますね。