それぞれのタイミング | 作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)


テーマ:

おはようございます。ま~ぶる 佐藤明子です。

 

弊社多機能型事業所「ま~ぶる・び~と」がお借りしているビルに、

 

毎年つばめが巣を作り子育てをしています。

 

今回はいつもの巣で子育てが終わった後、

 

新たな場所に巣を作り子育てをしたつばめの夫婦がいました。

 

いつもの時期より遅い子育て。

 

つばめにもそれぞれの事情があるのかしら?なんて、子ども達と見守っていました。

 


5羽のつばめがすくすくと大きくなりました。

 


ついに、飛ぶ練習の日。

 

次々とつばめの子達は巣から飛び出してきました。

 

ちょっとフラフラしているけど(笑)

 

 

 


1羽足りない。


巣を覗いて見ると、まだいました。

 

いつまでも、飛べない1羽。


他の兄弟達は毎日、毎日飛ぶ練習をしているのに、いつまでも、巣からでられない。


つばめの両親が一生懸命呼んでいる声が聞こえるけど、やっぱり1羽だけ飛ぶことができない。

 

新しいことをするのには、

 

「それぞれのタイミング」があるのです。


凸凹ちゃん達もそう。


他の子ができても、その子のタイミングではない時、1歩が出せない時がある。

 

みんなができるのに、どうして?と思っても、今はタイミングではない。

 

でも、今タイミングでないだけで、ちょぃとした時にタイミングがくるかもしれない。

 

それは、誰にもわからない。

 

だから、働きかけ、声がけをやめてはいけない。あきらめたらそこで、終わってしまう。

 


夏から秋にかけては、

 

来年小学校就学のお子さんを持つ保護者さん達がすごく悩み、考える時期です。

 

どこの学校・学級が自分の子供に合っているのか。

 

子ども達が決められないから、保護者さん達が悩み決めていく。

 

自分の子供ことを一番に考え、

 

沢山悩んだ保護者さんの決断はどんな決断でも、きっと子供たちは伸びていく。

 

ただ、

 

「考えるのがつかれたから、これ以上自分が苦しみたくないから」

 

といってあきらめて学校を決断するのだけは、辞めて下さい。


あとから、ものすごく後悔します。

 

こども達はそれぞれ可能性の塊です。

 

ただ、力を発揮し始めるタイミングが子どもによってそれぞれ、違うのです。

 

飛べなかった1羽のつばめは、いつの間にか飛び立ち、空の巣が残りました。

 

必ず飛べる。飛べる日が来る。


それぞれのタイミング。


大切にしていきたいと、思います。

 

ま~ぶる(株) 作業療法士 佐藤 明子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります