子どもたちの発達にマニュアルがあるのか? | 作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)


テーマ:

こんばんわ。ま~ぶる 佐藤明子です。

 

先週の週末は、発達支援コーチ中級A講座でした。

 

今回は4名の方と一緒に学びました。

 

少人数の濃~い時間の学びを共有出来ました。

 

最近、

 

「この遊びをしたら、どうなるんですか?」とか、

 

「この遊びの次の遊びを教えてください」等と言ったご質問を多く受けます。

 


私の答えは

 

「わかりません」です。


答は私でなく対象となる子ども達が持っているからです。

 


発達には原理があります。

 

・一定の順序
 (首座る→寝返りをする→お座りができるなど。
  首が座らないのに、歩行は獲得できないということ)

 

・連続的だが、速度は一定ではない
 (目安はあるが、個人差が大きい)

 

・基本的な方向がある
 頭尾方向(頭から下)
 近遠方向(体の内から外へ)


原理はある。

 

でも、個人差が大きい。

 

なぜか?

 

遺伝的、文化的環境的要因、後天性の要因も発達に大きく作用するから。

 

こうしたら、こうなる!

 

なんて、マニュアルがないから。

 

こういう遊びの次はこんな遊びに移行するかも。

 

との、予測は立つ。

 

なぜか?

 

私の独自のマニュアルがある?(笑)


独自のマニュアルというのかな?

 

発達のポイントや、遊びのポイントは押さえているから。

 

観察の眼と、発達のマイルストーンを知って、

 

あとは、子供たちと遊ぶだけ。


答は子供が教えてくれる。


なんて言っても、やっぱり、「わからない」と言われる。(笑)


発達にhow-toは無い。


なぜか?

 

あったら、みんな同じ人間になる。

 

コピー人間を作りたいの?

 

色んな子どもがいて、色んな大人がいるから、世の中は楽しくなるんだよ。


発達は面白い。

 

でも、

 

難しい。


発達を今後も学んでいきたい、

 

自分の仕事を自信持ってやっていきたい!


そんな方のために、

 

「新たな講座を作る!」と

 

昨年決意したけど・・・・・。


昨年はできませんでした。


これは、私の「未完了です」

 

3月の発達支援コーチ中級B講座の時に、

 

「新たな講座」についてもお話できたら、楽しいな~と

 

今日、思いました。


発達支援コーチ中級B講座については、

こちらをクリック→クリッククリック

 

そのためには、

 

私の「妥協・未完了・ニーズ」をもう一度見直す必要があるんだけどね・・・・。


怒涛の2月が明日で終了。

 

大好きな春の季節が、少しずつやってきます。

 

今日の夜は、久しぶりに雪が降っています。

 

明日の朝は、どうなることやら。

 

まずは、一日を大切に生きていくことですね。

 

皆様には、どんな春がくるんでしょうね。


明日は、2月最後の日。

 

素敵な日をお過ごしくださいね。

ま~ぶる(株) 作業療法士 佐藤 明子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります