絶品の塩辛 | ぶらり散歩写真@sapporo

ぶらり散歩写真@sapporo

札幌を中心に、ぶらりしながら写真を撮ってます。
ほどほどにアップします。
散歩のお供のカメラやポータブルオーディオ、飲食店についてのコメントや写真もアップしていきます。


テーマ:

「香凛@琴似」さんで、絶品の塩辛を出しています。

 

 

南茅部「久二 野村水産」の塩辛。

 

真ん中がノーマルな「浜造り」、左がピり辛味噌の「さざ波」、右が沖漬け風にいくらを合わせた「秘造り」。

 

「浜造り」はいかの鮮度がはっきり分かる、シンプルながら旨みたっぷりの塩辛。

これをひと口食べた瞬間に、「おおっ!」となります。

 

「さざ波」は、「なるほど、これもいいね!」止まらなくなります。

 

そして「秘造り」は、飛び上がるレベル!

上等な沖漬けのような「いか」の味と「いくら」が絶妙なハーモーニー。

 

「いか」が最高なのに加えて、この「いくら」も旨い!いい味。

添えられた「おろし」が抜群の相性をみせます。

 

まずは大好きな「初孫 生酛純米大吟醸 香が星(かがぼし)」。

 

「かがぼし」とは山形庄内地方の方言で、「まぶしい」などの意味をもちます。

 

このお酒が、酒造米に山形のオリジナル酒造米である「出羽燦々(でわさんさん)」を100%使っていることに掛けています。

 

自分にとって、長く日本酒のひとつの「基準」になった酒が「初孫」です。

 

「初孫」に出会わなかったら、日本酒好きになっていなかったかもしれません(そんなコトないか。。笑)。

 

その「初孫」に合わせた「塩辛」、絶品でした。

 

もちろん他のお酒も飲みたかったので。。

 

「雁木 純米 ひやおろし」

 

「ひやおろし」らしい旨口が塩辛によく合いました。

 

この塩辛、一般の流通には乗らないため、なかなか入手が難しいようですが、香凛さんでは大将の個人的なコネで直接仕入れられるようです。

 

これで、ますますお酒が進んでしまいますね笑。

でざきんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス